アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:ping2さん

うちはサスケ

ウチハサスケ

NARUTOシリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

うずまきナルトのかつての親友、ライバル、そして宿敵である。一族特有の瞳術【写輪眼】を受け継ぐ【うちは一族】の末裔。名前は三代目火影・猿飛ヒルゼンの父親の名から付けられた。幼い頃、実兄うちはイタチの手で一族を皆殺しにされた。自らの全てを奪った兄を葬る事を使命として、自分の命をも賭す覚悟をしていた。里を抜ける以前(第一部)は木ノ葉隠れの里の下忍で、カカシ率いる【第七班】所属であった。当初は仲間とのなれ合いを嫌い、悪態をつきながらもナルトや春野サクラと心を通わせ、仲間意識を育んでいく。第二部からは復讐の念の増長のため、彼の人格自体に深い影を落とし、非情になる。例として仲間(重吾や水月)さえ、イタチ殺害の目的のために結成された『蛇』の秩序を乱すようなら容赦なく始末することも厭わない。第七班との戦闘では、ナルト達を殺そうとする素振りを見せた。復讐のために生きてきたサスケにとって、その行動のすべての動力源であったイタチの死を皮切りに、すべてはイタチがサスケのため、木ノ葉のためにした行動(一族を殲滅させたことやそれを命じた木ノ葉上層部の真実など)であると、うちはマダラを名乗る仮面の男から告げられる。しかしイタチの心はサスケには届かず、深い悲しみと憎悪を増長させることとなる。結果、一族を追い込んだ木ノ葉上層部は勿論、木ノ葉の人間全てを抹殺することを決意する。暁への参戦以降は、冷酷なサスケに陶酔していた香燐でさえ恐怖するほどの禍々しいチャクラを放っている。暁への加担、雲隠れのキラービーの襲撃と捕獲、更にはダンゾウの抹殺のみを目的とした鉄の国の五影会談への強襲などを起こす。更に仲間であっても復讐の邪魔になるようなら笑いながら葬ろうとした。木ノ葉のかつての同期生や第7班(ナルトを除く)のメンバーも止むを得ないとの考えに至り、木ノ葉の手で始末することを決意。また、サスケと直接対峙したナルトも、自らの手で決着をつけ助け出す事をカカシやサクラの前で宣言する。万華鏡写輪眼が開眼してからは、その使用による反動で、視力が徐々に低下していたが、後にイタチの目が代わりに移植されることになった。また、五大国それぞれの抜け忍などとの戦闘から五大国全てに因縁があり、その戦歴は五影にも知れ渡っている。

出典:wikipedia

誕生日:7月23日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

びわ子さん
0 pt
ススムさん
0 pt
よねすけさん
0 pt
emmieさん
0 pt
tuneupさん
1 pt
marikoさん
1 pt
turuttiさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



うちはサスケについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>NARUTOシリーズのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!