アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:ぴんくらびっとさん

松実玄

マツミクロ

咲-Saki-シリー...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

2年生。先鋒を務める。阿知賀のドラゴンロードと二つ名される。阿知賀こども麻雀クラブのNo.1で高鴨穏乃らと仲良しだった。女性の大きな胸が好きなようで、しばしば「おもち」と呼んでいる。初登場時は年齢に見合わない大きさな和の胸元を見て興奮し、赤土晴絵にたしなめられていた。中等部2年の頃から麻雀活動をしていなかったようだが、こども麻雀クラブが開かれていた教室を掃除して友人たちがいつか戻ってくるのを信じて待っていた。穏乃たちが高等部に入るのを期に部員5名を確保し麻雀部を結成、共に全国へ挑む。手牌にドラが集まる能力を持ち、表ドラに限らず赤ドラ・槓ドラも集まるため、ノミ手を作るだけで十分高得点を期待できる高火力型のプレイヤー。一方で一度ドラを切ってしまうとしばらくドラが手に来なくなってしまうという制約がある。そのため例えドラが安全牌であっても切れない・リーチがかけられない・手牌が窮屈になりやすく他家へ振込みやすくなってしまうといった弱点がある。インターハイ1回戦までは高火力を生かして阿知賀のポイントゲッターとして活躍するが、2回戦では園城寺怜と同卓して大量失点し、チームを最下位にしたことを悔やみ号泣していたところを姉の松実宥に慰められた。準決勝では怜に加え宮永照・花田煌と同卓し、怜のサポートを借りて照からの直撃を奪い焼き鳥を回避した。実家が旅館「松実館」を経営していて、昔は鷺森灼とよくそこで麻雀を打っていた。母親は中1の頃には既に死亡しており、その母からは生前に「ドラを大事にするように」と言われていた。対局時にはお嬢様切り(捨牌の模様の上下を対面から見やすい向きに揃える切り方)を行っている。

出典:wikipedia

誕生日:3月15日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
松実玄とは?(咲-Saki-シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

人懐っこい性格でおっぱいが大好き。胸のことを「おもち」と呼んでいる。阿知賀こども麻雀クラブのメンバーでクラブが閉鎖してからも掃除し続け誰かが帰ってくるのを待ち続けた。ドラ麻雀を得意とする。

誕生日

3月15日

性別

あだ名

クロ

通り名

阿知賀のドラゴンロード

特技

手牌にドラが集まる

声優

花澤香菜

星座

魚座

身長

152 cm

髪の色

髪型

一束だけ束ねている

学校・会社

阿知賀女子学院

部活・委員会

麻雀部

職業

高校生

役職

先鋒

学年

高校2年生

母親

松実露子

兄弟・姉妹

松実宥
泣いて笑ってドヤ顔決める!阿智賀のドラゴンロード「松実玄」とは?『咲-Saki-』
【画像】松実玄(咲-Saki-シリーズ)
 笑いあり涙あり麻雀ありの美少女アニメときたらもちろん『咲-Saki-』ですよね。麻雀に魅せられたうら若き乙女達が、麻雀インターハイを舞台に火花を散らし友情に花を咲かす。洗練されたストーリーは麻雀を知らない人でも感情移入しやすいのではないでしょうか。今回はスピンオフ作品の『咲-Saki-阿知賀編episode of side-A』から主要人物、「松実玄(まつみくろ)」をピックアップ。綺麗な赤味がかった長い黒髪と健康的な笑顔が印象的な玄。破壊力抜群の能力とは裏腹に、のほほーんとした不思議な魅力の秘密を紐解いてみましょう。
大好きお姉ちゃん
 玄といったらまず外す事が出来ないのが、「宥姉」こと姉の「松実宥(まつみゆう)」です。玄は同じく阿智賀女学院麻雀部に所属する宥姉の事が大好き。泣いていても「お姉ちゃぁーん」笑っていても「お姉ちゃん!」寝ても覚めても「お姉ちゃん」。宥姉ちょっとそのポジション変わって下さい(切実)。

 麻雀部復活のエピソードでは、メンバー集めの際に真っ先にこの宥姉を推薦しました。人目もはばからずに姉妹でイチャイチャする姿は、正直それだけでお腹いっぱいですね。早くに母と死別した松実姉妹は、お互いを支え合う事でその人間性を作っていった様に思います。幼い頃、数人の男の子に虐められる宥姉を助けるエピソードがあるのですが、決して気が強い性格ではない玄は、とにかく姉を助けたい一心で勇気を振り絞ったはず。そういった優しさや芯の強さが後輩や同級生、ひいては視聴者に愛される理由の一つなのでしょうね。
泣き虫玄ちゃんのすんごい“能力”
 とても可愛らしい女子高生の玄ですが、麻雀の強さはまったく可愛くありません。自然とドラが集まってきて、他家はドラをツモれないというのだからえげつない。バンバン高打点をたたき出します。なんでも亡き母に「ドラを大事にしなさい」と言われ、手役よりドラを大事にしていたらいつの間にかドラが集まる様になったのだとか。うーん、素直ないい子です。

 ですがこの能力、無敵という訳には行きません。ドラを切るとまったくドラが来なくなってしまうので、かならずドラを手配に残します。すると手が制限され読まれやすくなってしまいます。強豪校との戦いではそこを逆手に取られて良い様にやられてしまいます。そこで顔を出すのが“泣き顔玄ちゃん”なのです。
泣き虫玄ちゃんのすんごい“魅力”
 誤解を恐れず言いましょう。泣き顔こそが玄の真骨頂です!泣き虫が故に存在する泣き顔のパターンの多さは、アニメ史においても比肩するキャラはそうは居ないはず。赤土先生のお別れ会の微笑みをたたえ涙ぐむ姿から、最強高校生にフルボッコにされ、がくがく震えながら頬を濡らす姿まで、全てがいい、外れ無き泣き顔達!!とくにインターハイでの泣き顔は素晴らしいです。あれだけの絶望の表情をアニメで見る事が出来るとは・・・。強敵による容赦のない蹂躙に手も足も出ない玄をみて、言い知れぬ高揚を感じたのはきっと私だけではないでしょう。

 しかし、彼女の泣き顔によって引き出されてしまった嗜虐心は、結局の所、玄の満面の笑みによって「玄は可愛いなあ」という思いに昇華されるのです。どれだけ泣いても最後には笑顔。台風一過の青空の様に、玄の満面の笑みは泣き顔に引き立てられているんですね。なんだかんだ玄には笑顔が一番似合ってます!

 子供麻雀教室が無くなってから麻雀部復活までの約二年間、一人で仲間をずっと待ち続けた玄。今、昔の仲間と新しい仲間と力を合わせ、インターハイ決勝の舞台に駒を進めました。ドラを捨て、一度ドラと決別することで玄自らの心もまた成長した様ですね。『咲-Saki-』本編ではおそらく決勝戦で、本編の主役清澄高校の面々と阿智賀女学院が激突するはずです。

 化け物クラスの能力者が火花を散らす決勝の卓で、玄がどんな活躍(泣き顔)をしてくれるか楽しみにしています!
(C)小林 立/スクウェアエニックス・清澄高校麻雀部

記者(つよろく【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



松実玄についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>咲-Saki-シリーズのキャラクター 一覧
187回
186回
185回
184回
183回
182回
181回
180回
179回
178回
177回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!