アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:殺死魔怒悪堕唖邪苦さん

猿飛ヒルゼン

サルトビヒルゼン

NARUTOシリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

三代目火影。教授(プロフェッサー)。歴代の火影の中で最強と言われる。初代火影・柱間と二代目火影・扉間の弟子。木ノ葉丸の祖父であり、猿飛アスマの父親。九尾の人柱力としての宿命を背負うナルトの未来を誰よりも案じていた人物。69歳(没年)。身長163cm。体重50kg。木ノ葉に存在する全ての術を使いこなすことが出来たとされ、「忍の神」と謳われた天才忍者。指導能力も抜群であり、彼の発案したカリキュラムは今でも採用されている。下忍時代の伝説の三忍(綱手、自来也、大蛇丸)の指導を担当した。かつては、自らの部下である自来也を四代目火影に推薦しようとしていたらしい。里を愛し、里の者達を護る立派な忍だが、少々ムッツリスケベでどこか惚けており、ナルトの【お色気の術】に敗れ去ったこともある。第一部以前に、波風ミナトを四代目火影に指名し隠居するが、彼の死後に復帰している。ミナトの忘れ形見であるナルトを、里を守った英雄として育てたいと考え、また人柱力であるナルトが他里の忍に狙われないためにも、里の大人達に九尾封印の事実を他言しないように厳命、さらにナルトがミナトの子であることも秘匿し、独りで生きることになった彼を見守り続けていた。中忍選抜試験に乗じて木ノ葉隠れの里へ侵攻した大蛇丸と対峙。穢土転生体として蘇ったかつての師・柱間と扉間相手に苦戦するも、自身の命を犠牲にした禁術【屍鬼封尽】で2人の魂を死神の中に封印、続けて大蛇丸も道連れにしようとするが、草薙の剣で胸を貫かれたダメージと老いのせいで力が不足し、印を結ぶのに必要な腕の機能だけの封印に留まった。そして術の代償で死神に魂を喰われてゆく中、これからの世界を生きていく里の人々に「火の意志」が受け継がれてゆくことを感じつつ、息を引き取った。それから約3年後、第四次忍界大戦時において、他の先代火影たちと共に大蛇丸によって死神から解放・蘇生され、サスケにイタチの真実を語った。そして、サスケが戦場へ行く決意をしたことで、サスケたちと共に戦場へ向かう。うちはイタチの真実を知る数少ない人物で、うちは一族の隔離と殲滅について最後まで反対していた。結果的には手遅れに終わってしまったが、うちは一族との和解も考えていた。それ故かイタチからも大きな信頼を得ており、サスケを上役から守るよう彼に頼まれていた。ダンゾウとは彼の対抗心もあってかなにかと対立することが多かったが、ご意見番など周りの者からは木ノ葉の光と闇として互いに支えあってきた相棒と目されていた。しかし、自分が甘かったせいでダンゾウに里の闇を背負わせたと負い目を感じており、結果としてダンゾウがサスケに復讐として手をかけられたことを聞かされ、うまく里をまとめられなかったと後悔していた。忍術では高位の火遁・土遁を扱う他に、口寄せ契約を結ぶ猿猴王・猿魔が変化した棒「金剛如意」による体術で戦う。ただし木ノ葉崩しの際には老齢のため3人までしか影分身ができないなど、その実力は全盛期よりも遥かに劣っていた。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

殺死魔怒悪堕唖邪苦さん
0 pt
殺死魔怒悪堕唖邪苦さん
0 pt
殺死魔怒悪堕唖邪苦さん
0 pt
殺死魔怒悪堕唖邪苦さん
0 pt
殺死魔怒悪堕唖邪苦さん
0 pt
よっし~さん
0 pt
msさん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【猿飛ヒルゼン】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


猿飛ヒルゼンについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>NARUTOシリーズのキャラクター 一覧
167回
166回
165回
164回
163回
162回
161回
160回
159回
158回
157回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!