アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:ゴウさん

渚カヲル

ナギサカヲル

新世紀エヴァンゲリオ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

セカンドインパクトの際にダイブされたヒトの遺伝情報を基にアダムより生み出されたヒトとアダムのハイブリッド。後にその肉体にはゼーレが回収したアダムの魂を宿され、フィフスチルドレンとして特務機関NERVに送り込まれた。データ上の生年月日はセカンドインパクトと同じ日で、その他の個人データは全て不明。常に微笑みを浮かべ、アッシュグレイの髪と赤い瞳、極端に白い肌を持つ美少年。プラグスーツの色は黒色。綾波レイの正体を知る人物であり、彼女の自爆などの影響で傷心の碇シンジに近づき魅了する。シンジに対しては好意を示し、人類全体に対する態度には人ならぬ者としての達観も見られる。レイに対しては外見上の共通点に加えて繋がりを示唆した。その正体は第17使徒タブリス(新劇場版では第一の使徒アダムスの生き残り)である。自身は人間態として生まれたゆえに攻撃能力を持たないが、強力なA.T.フィールドを展開し、空中を自在に浮遊できる。アダムの魂を持つがゆえ、魂さえ無ければアダムより作られたEVAならば同化し、自在に操ることができる。自身の魂はアダムのものであるが、肉体の出生に関しては不明である(製作スタッフ曰く「特に設定はない」とのこと)。EVA弐号機を遠隔操作してNERV本部のターミナルドグマへ侵入し、アダムと接触を試みるも、そこにあるのがリリスであることを察知すると接触を中止。自ら望んでEVA初号機によって握殺され、その頭部はターミナルドグマ内のL.C.Lへと落ちていった。人類の補完が行われている最中、レイとともにシンジと対話を行い、最終的に補完を拒絶したシンジを見送った。死生観や自殺願望を抱えていた様子。作品世界の核心を知る存在である彼の謎めいた言葉の数々は、その後の展開を示唆するものが多い。モデルは庵野秀明の友人であるアニメ監督の幾原邦彦(ただし外見上なのか性格上のモデルなのかは不明)。キャラクターデザインの貞本義行はシンジを意識しながら耽美的にデザインしたと語っており、最後の使徒という設定のもと、使徒と接触した全ての人間の特徴を入れるのがコンセプトだという。たとえば首の細さはシンジ、赤い眼はレイ、口の不敵な感じはアスカが元になっている。「渚カヲル」のネーミングは脚本を務めた薩川昭夫による。由来は、映画監督の大島渚からで、「渚」は綾波レイの「波」と対になっている。または姓は偏と旁を分けると「シ者」、すなわち使者(→使徒)であり死者、名前は「オワリ」を五十音順で1字後にずらしたものから「カヲル」、姓と合わせると「シ者オワリ」→「渚カヲル」となる言葉遊び。つまりは「最後の使徒」であり「最後のシ者」であるとの隠喩である。これは弐拾四話のタイトルにも掛かっている。タブリスの由来はユダヤ・キリスト教伝承の「自由意志」を司る天使タブリスから。この名前は本編中では明らかにされず、後に劇場版パンフレットなどで示された。貞本自身は「子供っぽいキャラクター」としてデザインした経緯があったため(漫画版の項で後述)、石田彰のキャスティングが好評を博したことを認めながらも「もっとかわいい声をイメージしていた」とイメージの相違に言及していた。だが2008年には「結果的には、石田さんの声にもってかれるというか、そのアンバランスさがカヲルの魅力になった」と語った。

出典:wikipedia

誕生日:9月13日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
渚カヲルとは?(新世紀エヴァンゲリオン)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

惣流・アスカ・ラングレーの代わりのフィフスチルドレンとしてNERVに送り込まれた少年。常に微笑みを浮かべ柔和な印象を与えるが、ミステリアスで哲学的な発言が多い。

年齢

15 歳

誕生日

9月13日

性別

声優

石田彰

星座

乙女座

髪の色

アッシュグレイ

髪型

短髪

学校・会社

特務機関NERV
僕は君に会うために生まれてきたのかもしれない「渚カヲル」の魅力『新世紀エヴァンゲリオン』
【画像】渚カヲル(新世紀エヴァンゲリオン)
 『新世紀エヴァンゲリオン』の登場人物で人気投票をおこなえば、必ずと言っていいほど上位に食い込む「渚カヲル」。特に女性からは絶大な人気があります。しかも、その出番はTV版では第弐拾四話のみであるにも関わらず、一番人気をかっさらっていくのです。今回は、少ない出番で強く印象に残る「渚カヲル」の魅力についてご紹介いたします。
自らの運命から開放されるために
 彼には使命がありました。エヴァ「第5の適格者」であるばかりでなく、第1使徒アダムの魂を持つ第17使徒であり、ネルフの奥深く眠るアダムの肉体と接触することでサードインパクトを引き起こす為、ゼーレの命により送り込まれたのです。しかし、彼にとって“生”と“死”は等価値で自由に選択出来るものであり、彼はシンジの手で葬られる事を望みます。

 ベートーヴェンの「第9」が流れる中、初号機がカヲルを握ったまま、約40秒の間、映像が完全に停まるという前代未聞のシーンは、カヲルを殺すまでのシンジの葛藤を示しています。そして、歌詞が「幾万の人々よ、跪くか?(Ihr sturzt nieder, Millionen?)」に差し掛かったところで、シンジは決断するのです。
シンジのATフィールドを安々と突破!?
 自ら望んだ事ではないとはいえ、初号機で友人の「鈴原トウジ」を傷つけてしまった傷心のシンジ・・・。そこに現れた謎めいた少年が「渚カヲル」でした。初対面でファーストネームで呼び合う事を提案し、ネルフでは半ば強引に一緒にお風呂に入ります。そこで彼はそっとシンジの手を握ったりも・・・。そして「好きってことさ」といきなりの告白・・・。シンジは彼と目が合うだけで頬を赤らめる始末。シンジの心の障壁、ATフィールドはマトリエルのものよりも脆く崩れ去るのです・・・。
もう一人のシンジ
 この回の日本語サブタイトルは「最後のシ者」です。有名なネタバレですが、「渚」という漢字はさんずいの「シ」と「者」に分解できます。また、「カヲル」は五十音で1つずつ後ろにずらすと「オワリ」となります。つまり、彼の名前は「シシャ オワリ」、つまり「最後の使徒」という事を意味します(だから「カオル」でなく「カヲル」なのです)。全てを達観し、全てを許容するカヲルの姿は、「自由意志の天使タブリス」にふさわしいものですが、何も分からず、分かろうともせずに拒絶するシンジを裏返した姿でもあります。ともあれ、このアニメが記憶される限り、「渚カヲル」の人気も衰える事はなさそうです。
(C)GAINAX・カラー/Project Eva.

記者(ルーデル【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


渚カヲルについての雑談場(1件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:名無しさん 2015/01/02 00:44 ID:A56F099D ▽コメント返信
投票しそびれたけど、カヲル君入ってました・・・(*´ω`)
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>新世紀エヴァンゲリオンのキャラクター 一覧
194回
193回
192回
191回
190回
189回
188回
187回
186回
185回
184回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!