アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:こんちゃおさん

ハンジ・ゾエ

ハンジゾエ

進撃の巨人

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

調査兵団分隊長。身長170cm。体重60kg。誕生日は9月5日。任務中はゴーグルを、平時では眼鏡をかけている。冷静で優れた観察眼の持ち主で、主に計略方面で活躍する。優しく気さくな物腰で、気配りも欠かさない利発な性格。かつては仲間を殺された憎しみを糧に巨人と戦っていたが、ある時、切り落とした3m級の巨人の頭を蹴飛ばした時に見た目に比べ異常に軽かったことに気付き、見えている物と本質は別なのではないかと思い至る。それ以来、今までとは違う視点とやり方で巨人と戦う道を選んだ。このため自分が担当する巨人の生体調査任務については並外れた意欲で臨み、しばしば常軌を逸することがある。変人ではあるが、本質は調査兵団の誇り高い戦士であり、兵団が多くの犠牲を出して究明しようとしていた謎の一端をウォール教が隠していたことを知った時には、その場の誰よりも激怒し、ニック司祭を殺そうとした。巨人の話を始めると不眠不休で延々と話し続けるため、調査兵団の間では巨人の実験についてハンジに質問しないという暗黙の了解がある。エレンはそれを知らずに夜通し話をきくはめになった。イルゼが遭遇した巨人については、なにかしらの推測をしている様子。巨人の捕獲は過去に5回行っているが、リヴァイの発言からすると過去に捕獲した巨人はハンジが研究でいじくり回して殺してしまったようである。少しずつ研究成果はあがっていたようだが、ハンジが得た巨人の知識は巨人になれるエレンにとっては知っていることばかりであった。ウォール・ローゼが突破され巨人達に侵入された時は、ニック司祭やエレン達と共にエルミハ区に移動し、女型の巨人の皮膚の破片と壁の材質が同じであったことをエレン達に教える。巨人化したエレンが硬化能力を発揮することで壁の穴を塞げるのではと仮説を立てて、それを実行するため部隊を編成し、壁を見渡せる場所としてウトガルド城跡へ向かう。しかし、ウトガルド城跡はすでに崩壊し、巨人化したユミルに群がっている巨人達を一掃し、ユミルと104期メンバーを救出する。ウォール・ローゼに登りクリスタからユミルの事情を聴いた後、再び壁の修復作戦に移るもハンネスから穴が無いと報告される。仕方なくトロスト区へ戻り待機しようとしたが、突如「鎧の巨人」と「超大型巨人」が正体を現す。アニの身辺調査の結果からライナーとベルトルトに疑惑を持っていたため、すぐに攻撃を開始するが超大型巨人の超高熱の蒸気と風圧を受けて重傷を負う。エルヴィン達が到着した際、彼らの行動を推測して巨大樹の森へ向かうことを提案し、そのまま戦線を離脱する。『週マガ』に掲載された特別編「リヴァイ兵士長」にも、1コマだけではあるが登場している。アニメでは出番が増え、第1話ではエルヴィンと共にキースの指揮に従い戦っている。第9話では上記の特別編、「リヴァイ兵士長」にあたるエピソードが挿入されると共に、原作では描かれなかった戦闘シーンが追加されており、単身で巨人を仕留める実力を見せた。また、かなり楽天的な性格に描かれており、普段から巨人に思いを馳せて興奮気味で、巨人との戦闘でもテンションは変わらない。壁外調査においては奇行種との遭遇を望む発言をするなど、巨人好きの変人、といった一面が強調されている。なお、作者は読者からのハンジの性別に関する質問に対し「性別は明言しない方がよさそうだ」と答えているが、単行本5巻の嘘予告ではスカートを履いた姿が描かれている。

出典:wikipedia

誕生日:9月5日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ハンジ・ゾエとは?(進撃の巨人)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

誕生日

9月5日
奇才!?天才!?調査兵団一の情熱家「ハンジ・ゾエ」の魅力とは?『進撃の巨人』
【画像】ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)
 登場人物の魅力と、その伏線まみれの衝撃の展開から目が離せない『進撃の巨人』。「リヴァイ兵長」「エルヴィン団長」と肩を並べ、調査兵団の幹部として活躍するのが、今回ご紹介する「ハンジ・ゾエ」分隊長です。作者が「怒ると1番恐い」と名言するほど、なにかと情熱的なハンジさんです。
変態?変人?巨人への情熱
 ハンジさんといえば?「変態!!」と、進撃ファンなら口を揃えて言うでしょう。特に登場して間もない頃は、その変態っぷりを伝える描写が数多くありました。巨人の生け捕りを強く主張したり、巨人化した「エレン」に異常な興味を示したり、巨人の生態実験の結果について一晩中語り続けたり。特に2体の巨人を捕獲して調査をおこなっている時など大変です。近づきすぎて頭を食いちぎられそうになっても喜んでしまうハンジさん。部下の「モブリット」はハラハラしっぱなし。ここで、かの有名な突っ込みが生まれます。

「分隊長!生き急ぎすぎです!」

 巨人に名前を付け、可愛がる素振りを見せるハンジですが、決して巨人が好きな訳ではありません。「我々は巨人について無知である」という事実と、「敵を知ることが人類の勝利へつながる」という信念に基づいて行動しています。過去には他の兵士同様、憎しみを糧に戦っていたと語るハンジさん。しかしある日、切断した巨人の頭が、その質量に対してありえないほど軽いことに気付き、巨人の生態に疑問を持ったのです。「今までにないアプローチをしたい」と、研究者の視点を持ち、さらに兵士として人類の勝利への情熱を併せ持つハンジさん。マッド・サイエンティストなどと呼ばれたりもますが、誰より人類を想い、巨人に勝つための鍵を握る、すごい人なのです。
優秀な参謀!
 調査兵団において分隊長を務めるハンジさん。5年以上もリヴァイらと共に調査兵団の一線で活躍し、その戦闘能力も非常に高いと思われます。しかし、ハンジさんの何よりの武器はその頭脳。兵団での作戦立案や指揮、兵器の開発、情報収集や分析など、ハンジさんの活躍の場は多岐に渡ります。また、その論理的な思考の持ち主ゆえか、真実が隠される事にとても怒りを感じるようです。知的好奇心が旺盛なのでしょう。あらゆる情報や知識を現状に活かすことにとても優れています。敵がどこに潜んでいるか分からない、裏切り者がいるかもしれない、という『進撃の巨人』の世界において、ハンジさんの推理力は、調査兵団の貴重な武器なのです。
心を汲むことの出来る優しさの持ち主!
 人の目など気にせず、自由に生きているかのように見えるハンジさんですが、実は周りに気を配れる心優しいお方です。不器用な「リヴァイ」が言葉足らずな時にはきちんと通訳をしてあげますし、政府に操られる新聞社の人との交渉では、見事に相手の心理を読み、感情に訴えることで目的を達成します。

 ウォール教の司祭・ニックが、壁に関する重要な秘密を知っていたと判明した時、ハンジは激高しました。真実を話さないならここ(壁の上)から落とす、と迫ります。しかし「ニック」にも譲れない正義がありました。自らの命よりもその信念が大事だと、決して口を割らないニックに、ハンジも一度は引き下がります。彼のその姿勢に、何か共感するところがあったのでしょうか。その後「ニック」は敵襲にあってしまい、それが判明したとき、ハンジは怒り悲しみ、責任を感じる事になります・・・。

 ニック以外にも、ときどき敵に対して非情になりきれない姿を見せるハンジさん(戦闘は除く)。強い正義感の持ち主で、エルヴィンから次期調査兵団長に任命されるほどの実力の持ち主ですが、いつかその優しさが彼女の心を壊してしまわないか心配です・・・。きっと感情を理性と論理でおさえているのでしょう。

 巨人への執着や狂気すら感じる好奇心で、一見するとただの変な人「ハンジ・ゾエ」。しかし本当は、誰よりも正義感にあふれ、人類の勝利を願い、自ら率先して行動することの出来る、優しく賢い人なのです。今後、巨人の謎を解明する為に、ハンジさんは活躍しまくってくれるはず。楽しみで仕方ありません。
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

記者(おのえ【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


ハンジ・ゾエについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>進撃の巨人のキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!