アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:kiyoさん

桜野くりむ

サクラノクリム

生徒会の一存シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

生徒会長であり3年生でA組所属。前年は生徒会副会長。血液型はA型。4月2日生まれ。身長は原作では140cmだが、アニメ版だと142cm、漫画版では145cmと表記されている。 花粉症持ち。知弦には名前の「くりむ」からクリムゾン(真紅)を連想して「アカちゃん」(知弦にとっては別の意味もある。紅葉知弦の項を参照)、鍵からは「会長」、深夏と真冬からは「会長さん」と呼ばれる。ピンク色のショートボブにアホ毛が生えており、ワンポイントとしてワインレッドの色をしたリボンを左側の髪の毛に結んでいる。身長も胸もないため見事な幼児体型であり、その容姿からロリ扱いされ、更には小学生と間違われることも。胸が小さいため「ぺったんこ」と言う言葉に弱い。成績も芳しくなく運動もできず(好きではあるらしい)、典型的な真面目人間でありながら、高校3年生にして何から何までお子様スケールのダメ人間。しかし、何事にも必要以上に一生懸命に取り組む。よく他の生徒会メンバーを振り回しているが、その分子ども扱いされてイジられることも多い。子ども扱いされると怒るが、知弦に対しては甘える態度を見せる。怪談が大の苦手。怪談が学校の流行となった際は、防ごうとしたこともある。また人気投票の生徒会選挙で生徒会長に当選していることからもわかるとおり、外見と中身に反して異常なほどのカリスマ性の持ち主。鍵の言うことは聞かない生徒たちも、彼女の一喝で一斉に閉口するほどである。その一方で口を開けば空気の読めない発言や自分を棚に上げる発言、中身の伴わない正論を繰り返し人をムカつかせる才能をも合わせ持つ。自分が見聞きした名言などにすぐ感化され、本作のエピソードの多くは、彼女が名言を高らかにホワイトボードに掲示して宣言することから始まる。稀に行う仕事についてもいい加減なため、結局、鍵が後始末をすることになる。家族関係は良好で、父親は会社の社長で金持ちの部類に入る。鍵はそのことからくりむのカリスマ性はこれに関係しているのではないかと推測している。父親が社長ということもあって本人の金銭感覚は少し狂っていて、父親の肩たたきやポストの新聞取りなどを社会の荒波だと勘違いするほどである。極度の甘党。アニメの中での好物はウサマロ(くりむは「幸せ味」と呼んでいる)だが、原作では甘いもの全般が好きである。バニラキャラメル味のチュッパチャプス、メロンパン、レモン飴などにつられたことがある。相手に合わせて携帯の着信音を変えている(例とすると鍵は「耳元で蚊が飛んでいるような音声」、杏子は「暴走族のバイク音」など)。鍵との出会いは生徒会メンバーのなかで最も早く、1年前の春に学校の廊下で生徒会の書類を運んでいる時に邂逅した。鍵がエロゲ・ギャルゲマニアになったのは、そのときのくりむの発言がきっかけである(ただし、くりむは相手が鍵とは気付いていなかった)。幼稚園から小学校に上がる時、親の都合でこちらの土地に引っ越してきた。その時、くりむの父親は会社を新しく創設していたが、地元の人と一騒動あったらしく、その影響で大人達が子供に「桜野さんのところの子に近づくな」と警告をしたために、学校では受け入れては貰えなかった。大人達の問題が解決した頃には、くりむはクラスメイトに何も言えない状況に追い詰められており、またクラスメイトも彼女を省くという空気になっていたため、他人と関わるのに恐怖心を抱いてしまった。だが一番彼女が恐れていたのは、両親に好かれてきた自分を全部否定してしまうことだった。そして中学三年生の頃に栗花落杏子という一人の親友ができ、彼女との約束を守るため、くりむは変わりだした。

出典:wikipedia

誕生日:4月2日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
桜野くりむとは?(生徒会の一存シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

誕生日

4月2日
見た目は子供!頭脳も子供!?生徒会長「桜野くりむ」の魅力とは?『生徒会の一存』
【画像】桜野くりむ(生徒会の一存シリーズ)
子供っぽいけどカリスマ性も
 見た目は子供で頭脳も子供な「桜野くりむ」。勉強が大嫌いで成績も良くなく、成績優秀な生徒会の中ではいつも落ちこぼれ扱いをされていました。こう並べるとまるで良い所が無いようにもみえますが、実は異様なカリスマ性を持ち合わせ、“人気投票上位が生徒会に入る事が出来る”という碧陽学園で、2年の時に2位となり生徒会副会長に。そして3年の時はついに1位となり、見事に生徒会長へと就任しました。

 彼女は生徒会長になってもほとんど仕事をしません。が、「紅葉知弦」をはじめとする他の生徒会役員が彼女をカバーし、生徒会は問題なく運営されていきます。これは「桜野くりむ」の持つ異様なカリスマ性・・・というより、「自分がなんとかしないと」という保護本能や母性本能がくすぐられるからでしょう。
会議から生まれた至高の名言
 生徒会でおこなわれる会議は、「桜野くりむ」がホワイトボードに今日のテーマを書き、それを元に進行していきます。しかし、大抵ろくでもないテーマが書かれており、会議という名の雑談で終わってしまう事がほとんどです・・・。

 しかし、アニメの第1話で至高の名言が生まれました。それは、「メディアの違いを理解せよ!」です。これは、「原作とアニメの内容が違っていても、紙と映像ではメディアが違うのだから」と言っており、言い訳に近い内容になります。他の原作付きアニメでも同じような事がいえるため、この「メディアの違いを理解せよ!」は、ネットでアニメが批判される時などに時折出てくる名言となりました。
次第に杉崎に惹かれていき・・・
 副会長の「杉崎鍵」は、初対面の「桜野くりむ」含め、生徒会役員全員に告白しました。彼女は、自分以外にも告白した杉崎を目の敵にするようになりますが、杉崎の一生懸命な態度、そして一途な心(この場合一途というか四途ですが)に次第に惹かれていきます。杉崎より1学年上の「桜野くりむ」。先に卒業し、大学に進学しますが、卒業してからも杉崎と会う約束をするなど、最終的に「杉崎鍵」に好意をもつようになります。

 過去の失敗に落ち込んでいた杉崎に立ち直るきっかけを作ったのが「桜野くりむ」でした。そのおかげで立ち直った杉崎が生徒会に入り、結局彼の“ハーレム思想”に巻き込まれてしまったので、桜野くりむ的には助けなかった方が良かったのかもしれません・・・。まぁ、杉崎と仲良くなった彼女が幸せそうなので、きっとそれはそれで良かったのでしょう。
(C)2009 葵せきな・狗神煌/富士見書房/碧陽学園生徒会

記者(しゅるま【公式】さん)

関連画像

mistさん
0 pt
よっしーままさん
0 pt
ぼぶさん
0 pt
リコ広さん
0 pt
ちのなっぱさん
0 pt
プラナリアさん
0 pt
sakさん
0 pt
ひいこさん
0 pt
meguさん
0 pt
こうちゃんパパさん
0 pt
ケルカンさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



桜野くりむについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>生徒会の一存シリーズのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!