アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:メイさん

杉崎鍵

スギサキケン

生徒会の一存シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

本作の主人公兼語り部(生徒会の日常を綴る筆者)。血液型は典型的なA型。私立碧陽学園生徒会副会長を務める2年生でB組所属。容姿はそれなりに良い。生徒会の会話では基本的にツッコミ役であるが、自身もボケをかましてメンバーからツッコまれることも少なくない。彼のボケは狙ってやっているように見せかけて、天然という部分が9割であり、深夏と自分がそれぞれのブレーキ役となっているために互いが存分にボケられている。入学当時の成績は底辺レベル(アニメ版では最下位)だったが、美少女揃いの生徒会に入るため一年の間の猛勉強の果てに年度末でトップの成績を取り、成績優秀者が希望すれば生徒会入りできる「優良枠」 で現在の役職に就いた。くりむからは「杉崎」、深夏からは「鍵」、真冬からは「杉崎先輩」、知弦には「鍵」という名前から「キー君」と呼ばれている。自他ともに認めるエロゲ(アニメ版では全年齢対象版)・ギャルゲマスターで自らインドア派と認めている。さらに、自分以外は美少女だらけの生徒会を「俺のハーレム」と公言してはばからない(他の役員は誰もそのことを認めていない)が、それを主張することで特定の個人と特に仲を深めることを防いでる節が見られている。ただしゲームでは肝心のシーンは恥ずかしくて飛ばしてしまうため、その手の語彙は実は貧困である。生徒会唯一の男子であることや度々放つセクハラ発言のせいもあって、他の生徒会メンバーからぞんざいな扱いを受けることもあるが、根は善人なので、「この学校で、あいつのことホントに嫌いな人間なんて一人もいない」(くりむ談)らしい。また、深夏には「あたしよりも人の中心」と評されている)。深夏がいないと寂しいらしく、そこをからかわれたこともある。自身に向けられる好意は絶対に見逃さないと言い張っているが、くりむが林檎に遠回しではあるが「鍵のお嫁さん」を諦めさせられなくてがっかりしていたのを理解できなかったり、巡が自分に告白しているのを悪意からだと思っていたり、深夏が寄せる好意を身(命)の危険と勘違いするなど、大切な所ではかなりの鈍感である。そのため、生徒会メンバー全員からある種の好意を寄せられているのにも関わらず、ハーレムの完成には一歩及ばずにいる。また、普段は自分の欲望に素直になりすぎて周りから気持ち悪い子扱いされているが、相手に親切心、または恩人などという形で接すればイケメン成分数割増し状態になる。クラスメイトの巡には「天然フラグ製造機」「ナチュラルナンパ野郎」と評されている。巡に対しては苦手意識を抱いているが、「一番尊敬している」と評している。基本的にフェミニスト精神を心がけているが、男子にもそれなりに気配りが上手い。義妹の林檎を溺愛しているシスコンだが、気の弱い義妹に対してはドS。中学二年生の頃は、その年齢ゆえに中二病にかかっていたらしい。一人暮らしで生活費の足しにするために様々なバイトをしており、生徒会の雑務も一人でこなしているため、見た目とは裏腹にかなり多忙な日々を送っている。生活能力は不明だが、少なくとも中学時代までは家事はほとんどできなかった。漫画版では生徒会の面々が提案する個性的すぎるパンを、アレンジを加えて実際に料理するという腕前を見せた (いずれのパンも大好評だった)。そのほかの能力面においては、深夏曰く、「エロという点では群を抜いてダメ人間だけど、それを除けば割と完璧人間」らしい。中でも事務的能力は非常に高く、時間がかかる仕事を一人で短時間で終わらせ生徒会メンバーが仰天したほど。鍵には中学時代に幼馴染の松原飛鳥と義妹の杉崎林檎という何よりも大切な2人がいたが、「精神的な二股状態」になってしまい、どっち付かずの気持ちのまま2人との破局を迎えてしまう。その後学校を休みがちになり同級生多数から暴力を受けていたが、高校1年初めの頃にくりむに出会い、彼女のアドバイスにより立ち直り、鍵にとっての理想の「主人公」を目指すうち今の人格が形成されていった。そしてそのために勉強やバイト、ゲームを必死で頑張っていた過程で他の生徒会メンバーと出会い自分の想いと決意を確かなものにしていった。なお悲劇的バッドエンドを迎えた飛鳥と林檎の2人であるが、近頃よりを戻していて比較的良好な関係に戻っている模様である。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
杉崎鍵とは?(生徒会の一存シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

役員全員を幸せに!?生徒会副会長「杉崎鍵」の魅力とは?『生徒会の一存』
【画像】杉崎鍵(生徒会の一存シリーズ)
 『生徒会の一存』の主人公である「杉崎鍵」。イケメンで明るく成績は学年で1位、その上生徒会の副会長という、完璧に近い男子です。とある事情からハーレム思想を持っており、“生徒会役員全員に同時に告白する”という行為により、生徒会役員全員から嫌われてしまいます・・・。しかし、彼の生徒会役員達への一途な思いは変わらず、最終的には全員から好意を獲得することに成功。今回は、そんな「杉崎鍵」の魅力についてご紹介したいと思います。
ハーレム思想を持つ理由
 杉崎鍵は中学時代、幼馴染と義妹と二股の関係となってしまいます。最終的には別れることになり、特に義妹はかなりのダメージを負ってしまいました。杉崎鍵はそれを引きずり、どん底とも呼べる生活を送る事になりますが、そんな杉崎鍵を助けたのが、生徒会役員達でした。立ち直った彼は生徒会に入り、彼女たち全員を幸せにする事を誓います。こうして、杉崎のハーレム思想が出来上がりました。
生徒会への道
 杉崎鍵は、人気投票ではなく、優良枠という“成績トップの人間だけに与えられる権利”を獲得して生徒会に入りました。元々成績がどん底だった彼は、優良枠の権利を得るために生活を犠牲にして勉強に取り組みます。その過程で、「宇宙巡」「宇宙守」とも知り合い、次第に明るい性格となっていきます。何度も挫けそうになりながらも、生徒会に入るために猛勉強をおこない、最終的に学年1位を獲得して生徒会に入る事ができました。
生徒会役員からは嫌われていたが・・・
 杉崎鍵は、生徒会に入った第一声で生徒会役員全員(4人)に告白します。告白する杉崎鍵からすれば、ハーレム思想に基づいた当たり前の行動でしたが、告白された方としては、いきなり四股を宣言されたことになり、生徒会役員達は杉崎鍵を激しく嫌います・・・。しかし、過去に二股で女性達に悲しい思いをさせた杉崎鍵は、それでもめげずに生徒会役員達に誠心誠意尽くし、一途(というか四途)に思う事により、次第に生徒会役員達の心象も改善、最終的には全員から好意を得る事に成功するのです。

 その他、勘違いから好意をもたれた「宇宙巡」とも懇意になるなど、杉崎鍵のハーレムはとどまる所をしりません。元々基本スペックが高かったのに加え、自分を高めるために努力し、どうすれば相手を幸せにできるのか考え、それを誠実に実行していったためでしょう(対象は女子全員ですが)。マジメな努力とまっすぐな誠実さを持って行動した先にあるもの、それは素晴らしきハーレムなのかもしれませんね・・・。
(C)2009 葵せきな・狗神煌/富士見書房/碧陽学園生徒会

記者(しゅるま【公式】さん)

関連画像

みるくさん
0 pt
ぶれっさんさん
0 pt
ぶしどぅさん
0 pt
milandaさん
0 pt
カノンさん
0 pt
あこさん
0 pt
キナガさん
0 pt
みちるさん
0 pt
まみゅ~さん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



杉崎鍵についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>生徒会の一存シリーズのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!