アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:すみれさん

シャイナ

シャイナ

聖闘士星矢シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

天馬星座の聖衣を星矢と争ったカシオスの師匠で、魔鈴と並ぶ女聖闘士。非常に気が強く、魔鈴とはライバル関係にある。弟子のカシオスが敗れたために敵意を抱く星矢の命を執拗に狙い、幾度となく襲い掛かった。戦闘力は数少ない女聖闘士の中でも男顔負けといわれる。得意技のサンダークロウは蛇の毒牙に例えられる爪を繰り出し、電撃のような衝撃を与えるもの。アニメではカシオスや多数の聖闘士の女子に荒稽古をつけている姿が描かれ、妹分として幽霊聖闘士・ガイストが登場している。白銀聖闘士編では青銅聖闘士たちの私闘(銀河戦争)の開催場であるグラードコロッセオ破壊(アニメでは星矢たちの抹殺)のため、ジャミアン、アルゴル、カペラ、ダンテを率いて来日したが、後に沙織をアテナと見抜き、射手座の黄金聖衣が本物だと知った教皇により、沙織の拉致と黄金聖衣の奪回をも命じられる。星矢に素顔を見られたことで、掟により彼を殺すか愛するかという選択を迫られ、やがて愛するようになる。アイオリアの拳から星矢をかばって傷ついた際に、愛を告白した。アニメでは星矢が身を挺して沙織をかばい続ける光景に嫉妬心を露にしたこともあった。また、星矢を執拗に狙う理由は素顔を見られたことに加え、かつて聖域に迷い込んだ野ウサギを密かに可愛がっていた姿を星矢に見られて自分の心の内を見透かされ、さらに修行中に負ったケガを手当てされたことから彼の優しさに触れ、闘いに明け暮れていた自分にはそれら一連のことが屈辱以外の何物でもなかったためとされた。星矢への愛を自覚した後は彼ら青銅聖闘士を支援し、ライバルであった魔鈴とも女同士の友情を結ぶようになる。ポセイドン編では、五老峰の老師から託された天秤座の聖衣を海底神殿へ運び、7本の柱の破壊に協力した。この戦いでは海闘士のテティスをサンダークロウで倒し、また海皇ポセイドンの力から身を挺して星矢を守った。ハーデスとの戦いの際には聖域警護の陣頭指揮を執り、死んだ聖闘士が冥闘士として甦ったことをいち早く見抜いた。OVAでは星矢たちを闘いに巻き込むまいとするアテナの意思のもと、聖域を訪れた氷河と瞬の前に立ち塞がるが、シャイナを倒してでも先へ進もうとする氷河の心根の熱さに打たれ、敢えて2人を見逃した。天界編ではアテナに替り聖域を支配したアルテミスの配下として聖域を警備し、聖域に入り込んだ星矢を実力で排除しようとしつつ、密かに彼を天馬星座の聖衣の隠し場所へと導いた。プレイステーション2用ゲームソフト『聖闘士星矢 聖域十二宮編』では、黄道13星座説を反映させ黄金聖闘士として登場する展開がある。続編である『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話』では、 カリストの命令で星矢の首を狙う天闘士斗馬(トウマ)を氷河と魔鈴が撤退させたところに登場し、氷河に瞬と沙織のあとを追えと忠告。星矢が心配だという氷河にたいし自分と魔鈴で星矢を守ると宣言する。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
シャイナとは?(聖闘士星矢シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

激しい憎しみと愛情の狭間に揺れた白銀聖闘士「シャイナ」の魅力『聖闘士星矢』
 大人気アニメ『聖闘士星矢』。超人的な戦士である「聖闘士(セイント)」の活躍を描いた作品です。聖闘士は女神アテナを守護する使命を持ち、男性である事が基本ではありますが、そんな中、今回ご紹介させて頂く「蛇遣い座のシャイナ」は、数少ない女性聖闘士のひとりです。聖闘士はその強さにより「黄金聖闘士」「白銀聖闘士」「青銅聖闘士」などにランク分けされ、それぞれ12人、24人、48人が最大の「定数」となっています。「シャイナ」は女性聖闘士でありながら、この中の「白銀聖闘士」(シルバーセイント)に属する実力の持ち主です。
星矢との因縁
 決められた数の聖衣(クロス)をまとう聖闘士になる為には、激烈な競争を勝ち抜かなければなりません。そして、「天馬(ペガサス)」の聖衣を主人公「星矢」と争ったのは巨漢「カシオス」でした。圧倒的な力を持っているはずの「カシオス」でしたが、結局小宇宙(コスモ)を燃焼させた「星矢」に打ち破られてしまいます。「シャイナ」はその「カシオス」の師匠であり、この出来事以来、師弟にとって「星矢」は憎むべき相手となったのです。以後、シャイナは事あるごとに星矢の命を狙うようになり、物語序盤では敵役のひとりという位置づけです。
憎しみは愛情へ
 ところが、そのうちにシャイナに変化が表れ始めます。アテナたる「城戸沙織」がさらわれ星矢が救出に向かったくだりでは、星矢と沙織の間にただならぬ空気が漂ったのを見て逆上するのです。彼女のセリフにも、「星矢は殺す!あの小娘と引き離してね!」「星矢は私のものだ!」とあります。星矢が鈍いのか、はたまたアテナ救出で頭が一杯だったのか、これほど激しい愛の告白に気付いてもいません。「愛する相手を独占したいが為に殺す」というのは、古今東西に見られた激しい愛のありかたです。

 女性が聖闘士になるには、女性である事を捨てる為に仮面を付けなければなりません。しかし、かつてシャイナは素顔を星矢に見られ、ウサギを可愛がるという女性らしい感情を見られた上に、怪我の手当までされた事がありました。素顔を見られた女性聖闘士は相手を殺すか、愛するかという二者択一が聖闘士の掟なのです。
生死の境での告白
 聖域(サンクチュアリ)から、星矢たち青銅聖闘士抹殺のため、黄金聖闘士「アイオリア」が差し向けられます。その直前まで星矢を殺そうとしていた「シャイナ」は、一転して星矢を助けようとしますが、その為に彼女までが「アイオリア」に殺されそうになります。星矢をかばいアイオリアの拳を受けて重傷を負い、ついに星矢の腕の中でシャイナは(鈍感な星矢にも分かりやすく)愛の告白をするのです。「あんたの小宇宙はやさしくてあったかい・・・」と、ほぼ死亡フラグが立つのですが、この時のシャイナは愛する人をかばってその腕の中で息を引き取るという至高の喜びの中にいた事でしょう。
星矢のサポート役に
 このままシャイナが死ねば「レ・ミゼラブル」のエポニーヌになっていたところですが、同作は少年向け作品。生き残る事が教育的配慮ってものです。この後、シャイナは青銅聖闘士たち(特に星矢)をサポートする役割として活躍し、続編の「聖闘士星矢Ω」では主人公「光牙」の師匠として登場します。めでたしめでたしと言いたい一方で、なんとなく“その他大勢”になってしまった感は否めません。あの時星矢の腕の中で死んでいれば、星矢の心の中では“永遠なる絶対的ポジション”を占める事も出来たのかもしれません・・・。

記者(ルーデル【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


シャイナについての雑談場(1件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:名無しさん 2016/02/24 13:13 ID:A231B519 ▽コメント返信
Ωは続編ではなくパラレルワールドてきな話
少年チャンピオンで不定期連載では、13番目の黄金聖闘士が蛇使い座が前世戦で登場するのか?同時進行で進んでいる現世でシャイナの精神が暴走気味になっている…
早く連載してくれ星矢の残りの命の時間3日の話が、なかなか進まない
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>聖闘士星矢シリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!