アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:junpeiさん

自來也

ジライヤ

NARUTOシリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

伝説の三忍の一人。三代目火影・猿飛ヒルゼンの弟子で、本編の主人公うずまきナルトの師匠かつ名付け親。ナルトの父である四代目火影・波風ミナトや暁のリーダーである長門の師匠でもある。長い白髪の一部を後頭部でまとめている大柄な男で、額には木ノ葉の額当てではなく「油」と書かれた専用の額当てを付け、背中に巨大な巻物を背負い、履物は下駄。モチーフは歌舞伎役者。幼少の頃は大蛇丸、綱手と共にヒルゼンに師事していた。この頃、綱手から「インテリエロ助」とあだ名をつけられている。3人の中では劣等生で、「大蛇丸を見習え」という師の苦言に反抗することもしばしばあった。以前に一度綱手にプロポーズしたことがあったが、ありえないと一蹴されている。修行時代は、忍の才能に恵まれた大蛇丸に対して少なからず対抗心を持っており、ナルトとサスケに似た関係にあった。大蛇丸が里を抜ける際には友情を信じて必死で説得にあたっていたが、報われなかったため、サスケの里抜けにより自分と同じ境遇に立たされたナルトに対して、「サスケのことは忘れろ」と忠告している。「忍者とは忍術ではなく忍び耐える者」という思想の持ち主。若き時代は「里の狂気」と形容されていたこともあり、色々な意味で木ノ葉の問題児だった事が伺える。本質的には無類の女好きであり、ナルトから「エロ仙人」と呼ばれる覗きの常習犯。本人はその呼び名を否定しないが、さすがに人前では使って欲しくなかった模様。忍としての実力は五影以上とまで言われる「三忍」の名に遜色ないものであった。本人によれば、人生で2回死にかけたことがある。1度目は若い頃、女湯の綱手を覗いたために全力で殴られ、両腕と肋骨6本の骨折及び内臓破裂の重傷を負い、生死の境を彷徨った時。2度目はナルトとの修行の折、九尾の封印を少し開けたことによりナルトが九尾化し、4本目の尾を出して暴走した時である。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

ジージーさん
0 pt
真由さん
0 pt
barrelさん
0 pt
maria2さん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【自來也】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


自來也についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>NARUTOシリーズのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!