アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:くりりんさん

野上葵

ノガミアオイ

絶対可憐チルドレンシ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

12月26日生まれ。星座は山羊座。血液型はA型。中学生時:身長155cm、B74W55H76。 レベル7の瞬間移動能力者(テレポーター)。単独テレポートではマッハ5を超える速度を記録するなど、非公式ながらテレポートによる移動の距離・回数・質量全てにおいて世界記録を保持している。また、瞬間移動は空間把握の能力と綿密に結びつく関係にあり、目隠しや幻覚状態においても周囲を感覚的に把握することができる。コードナンバー「C-02」。任務では基本的に移動や物資の運搬などを担当する事が多いが戦闘能力が無い訳ではなく、物質内に転送(生き埋めや内部からの破壊)・上空から物質を落とす・相手を上空から落とすなど間接的ながら強力な攻撃方法を持つ。また、サイコキノでないにも関わらず宙に浮いている事があるが、これは少し上への瞬間移動を高速に繰り返す事で浮いている 女の恨み?:週刊少年サンデー07年39号: 完成原稿速報・ブログ版。リボン、ネクタイとベレー帽の色は青。ESPリミッターはイヤリング型(空間把握能力に影響する感覚器官に近い)で月の意匠。旧型は満月を象っていたが、新型では三日月に変更。眼鏡をかけている。髪の色は黒色。京都出身という設定ではあるが、作者が京都弁を知らないため大阪弁を使う。3人の中では一番の常識人かつ真面目で大人しい方だが、それはあくまでも他の2人と比べたらの話で、一般的には立派な問題児である。また精神面では薫や紫穂に対する依存も大きい。学校の成績はとても優秀。ザ・チルドレンのチームワークを重んじ、情に厚い。また、耳たぶが弱点な他に体をくすぐられるのも弱い。胸の成長が他の二人より遅れていることを気にしている様子。性的なことに関しては、3人の中で最も潔癖症かつ奥手で、「不潔」が口癖になっている(主な対象は皆本)。薫のオヤジ用語に付いて行けず、紫穂に意味を聞いてはぐらかされる場面がよく見られる。ただし、性的な知識などをちゃんと知っていながら、知らない振りをしている面も見られ、中学生編では紫穂から「この『自称カマトト女』がぁぁぁ!」と、罵声を浴びせられ、シャープペンで突付かれた事もある計算高く、ステレオタイプの関西人としてお金に敏感な一面を見せることもある。名前の由来は葵の上から。薫の誕生日会でガールズバンドを結成時に音楽的センスがないことが発覚したが、文字通り血の滲む努力の末に1曲だけはマスターした。実家は京都で会社経営をしている。両親と過去病弱だった弟がいる。幼少の頃、家業がうまく行かない為にバベルに売られたと思っていた。現在の家族関係は良好。姉大好きな弟のユウキと娘を溺愛する父の大作は、皆本に敵対心を持っている。皆本を「皆本はん」、他のチルドレンのことは「薫」「紫穂」と呼ぶ。学校の成績はやはりチルドレンで一番優秀。紫穂は葵のことをチルドレンの中で「スポーツではどうしても3番目になる」と評したが、テレポーターであるため歩く機会が他の二人より少ないことが原因。その為か、体重においてもかなり危うい模様。薫や紫穂と同じく、皆本に対して好意を抱いている。小学生編ではあまり自分から仕掛けたりはしていなかったのだが、中学生編では抜け駆けも多くなり積極性が増してきた模様。個別行動の機会は現段階で多少だが2人より多い。実家に皆本を連れて行った時は、婚約者を連れて行く気分になっていた。最近では薫や紫穂に便乗して皆本を誘惑する事もある。4歳までは割と普通だったのだがその後急に力が強くなり、バベルに預けられた。葵が負傷したとのことで治療のためにバベル研究施設に運び込まれたことが、皆本とチルドレンが出会うきっかけとなったが、実際は頭にたんこぶができた位のものであった。未来では20歳時、兵部の命名通りなら「光速の女神(ライトスピード・ゴッデス)」と呼ばれていると思われる。薫から「黒い幽霊」の真の目的を聞いたことから、B.A.B.E.L.を離れてP.A.N.D.R.A. の一員となっている。予知で彼女が皆本と対峙していた際は、敵の放った核ミサイルを食い止めており、助けに現れたバレットが倒される場面に遭遇する。なお、10歳の時に一度未来の自分の姿を見た際には、(それが未来の自分の姿とは知らず)「色気のない貧乳メガネ」との評価を下した。体型・B80、W56、H83。シックで落ち着いた服装。現代、兵部からは「女神(ゴッデス)」と呼ばれている。

出典:wikipedia

誕生日:12月26日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
野上葵とは?(絶対可憐チルドレンシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

誕生日

12月26日
京都からやってきたレベル7のテレポーター「野上葵」の魅力『絶対可憐チルドレン』
【画像】野上葵(絶対可憐チルドレンシリーズ)
 「ザ・チルドレン」に所属する瞬間移動能力者「野上葵」。そのレベルは最高ランクの7。将来「光速の女神(ライトスピード・ゴッデス)」という名で呼ばれるほどにポテンシャルの高い葵。今回はそんなテレポーター「野上葵」の魅力についてご紹介いたします。
世界記録保持者
 国内においてレベル7のテレポーターは葵以降存在せず、現状テレポーターとしては葵がナンバー1です。その優秀さは、葵が非公式ながらもテレポートの移動距離や回数において世界記録を有している事からも証明されています。超能力を抑えられながら空間をゆがませる事も可能ですし、葵単独であればその動きの速さから、いかなるエスパーも機体も彼女に追いつける者はいないと評されています(なにせマッハ5)。

 テレポーターなので移動しか出来ないのかと思いきや、他の空間から物を運んできたり、逆に物を飛ばしたりと、念動力のような能力も使えます。メインの戦いも可能、さらにサポートもおこなえるというオールマイティーなエスパー、それが「野上葵」なのです。
お金にシビア
 生家は事業に失敗し、葵のエスパーの契約金で持ち直したという過去があり、そのせいかお金にはシビアな葵です(シビアを通り越してケチ?)。ザ・チルドレンの中で葵が1番のしっかり者なのも、薫が猪突猛進タイプ、紫穂が捻くれタイプゆえ、彼女が面倒みざるを得なかったというのもあるかと思いますが、もしかしたら、このような彼女の過去が影響しているのかもしれません。
家族との関係
 父の事業の失敗と病弱な弟の看病が重なり、幼少期に十分な愛情を与えられたとはいいがたい葵。しかし、薫や紫穂のおせっかいもあり、現在は仲良し家族です。そもそも、若干4歳にして親元を離れて生活せざるを得なかったという事で、もちろん寂しさもあったと思います。しかも、自分がエスパーとしてバベルに保護された見返りにお金をもらい、親は生計を建て直し、弟は治療ができたわけですから、「親がバベルに自分を売った」と思っても仕方ありません。

 今はそのようなトラウマを感じている様子はありませんが、少しワケありな過去を抱えている設定もまた、彼女をより魅力的にしていると言えるでしょう。「ザ・チルドレン」の誇るメガネっ子「野上葵」。テレポーターとして、そして薫や紫穂の相棒として、今後はどのような活躍を魅せてくれるのでしょうか?乞うご期待です。
(C)椎名高志/小学館・超能力支援研究局・テレビ東京
 >>> 『絶対可憐チルドレン』の関連アイテムやグッズ一覧

記者(あきにゃん【公式】さん)

関連画像

たここんさん
0 pt
ともともさん
0 pt
ピーナッツさん
0 pt
ぼぶさん
0 pt
猫太さん
0 pt
あおいさん
0 pt
ひいこさん
0 pt
かめきちさん
0 pt
juliaさん
0 pt
ちゃりりんさん
0 pt
めだかさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



野上葵についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>絶対可憐チルドレンシリーズのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!