アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:tomeさん

柿崎速雄

カキザキハヤオ

超時空要塞マクロス

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

テレビ版 - SDF-1 マクロス艦内で統合軍に入隊。輝の部下となり、バーミリオン小隊2番機に搭乗する(階級は伍長)。搭乗機はVF-1A バルキリー(柿崎専用機)。日本人離れした体格の持ち主で、性格も大らか。戦闘中も軽口を叩いて突進しては仲間に救われたりするが、憎めないところがある。大食漢で、17歳ながら色事にも通じている。艦内で入隊し訓練を受けたパイロットとしては成績優秀な方ではあったが、元スタントパイロットの輝、天才肌のマックスといった精鋭の同僚達の中にあっては凡庸で精彩を欠き、引き立て役に回ることになる。それでも嫉妬や卑下といった感情は見せず、振舞いは常に明るく前向き。戦闘での貢献がないわけでもなく、地球帰還までの激戦を生き抜く。同僚や早瀬未沙とともにゼントラーディ軍の捕虜となり、無事マクロスへ生還後少尉へ特進する。しかし、オンタリオ市上空戦においてマクロスが展開した全方位バリアの暴走時、脱出が遅れ死亡する。劇場版 - スカル小隊3番機(スカル12)のパイロット。搭乗機はVF-1A バルキリー/スーパーバルキリー(柿崎専用機)。輝との関係も部下と上司ではなく同僚同士という設定で、フォッカー戦死後隊長になったマックスの太鼓持ちのような存在となる。相変わらずの凡才で、メルトランディ軍迎撃のため出撃中、輝に軽口を叩いている間に敵軍のエース、ミリア639が放った初弾を受け戦死する。解説 - 関東のSFサークル界でいわゆるビッグネームファンとして知られた柿崎一吉をモデルにしている。第24日本SF大会の実行委員長を務め、ガイナックスの武田康廣によれば「身長180cm以上の大男で、豪放磊落を絵に書いたような人物だった」という。なお、作中では柿崎の父親の名が「一吉」とされている。企画段階では、バーミリオン小隊2番機はパイロットが次々と戦死する「魔の2番機」と設定されており、柿崎はその最初の犠牲者となる予定であった。テレビシリーズでは食堂でサーロイン・ミディアムの特大ステーキを注文するが、食べ損ねたまま緊急出撃して戦死する。脚本では一口も食べられないはずだったが、哀れに思った作画監督平野俊弘が「一切れだけ」食べさせてやろうと修正したという話がある。劇場版では前触れもドラマ的な盛り上げもなく、突然撃墜されてそのまま死亡する。この場面について河森正治は、当時の諸作品がキャラクターの死に際の場面を盛り上げていたことに対し、現実の戦場では「ほとんどが無駄死に」であり、それを表現したらどうなるかという観点から描いたとしている。以降発表される関連作品においても柿崎の被撃墜・死についてはテレビシリーズ版・劇場版を意識した描かれ方がされている。 劇場版では、テレビアニメ版との髪型や顔つきが変わっている。 アーケードゲーム『超時空要塞マクロス』5面においては、柿崎機(VF-1A)は冒頭で撃墜される。プレイステーション2用ソフト『超時空要塞マクロス』では柿崎機(VF-1A)を選択して上記の撃墜された面を出撃すると、TV版ルートではステージの最後に、劇場版ルートでは冒頭で柿崎が死亡するデモが流れた後、強制的にステージ終了となる。その後、リザルト後のセーブ画面でステーキの画像が追加されるというおまけ要素がある。「スーパーロボット大戦シリーズ」では、毎回のように撃墜され、その度に生還するというパターンとなっており、そのためにラストまでプレイヤーキャラクターとして使用できる。なお、『第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ』の中断メッセージでは柿崎が「バルキリー乗りの間では出撃前にパインサラダの話題は禁句」と発言して(ロイ・フォッカーを参照)、自分は出撃前に食べ損ねたステーキを食べに行き、輝に「柿崎にジンクスは関係ない」と言われるものがある(なお、パインサラダとステーキのエピソードはTVアニメ版に由来するが、『第3次α』での『マクロス』は劇場版のみの出演である)。さらに、劇場版(および『α』)でミリアに撃墜されたことを受け、ミリアに対する援護攻撃で「俺を撃ち落とすなよ」という専用の台詞も用意されている。その『第3次α』では『マクロス7』とのクロスオーバーで、初登場時に(例によって)撃墜された柿崎は実はプロトデビルンにより洗脳されて生存。プレイヤー部隊が捕虜にしたバロータ兵の正体が柿崎だったという形で復帰する。『マクロスF』第23話では劇場版での最期に関連して、「バルキリー乗りが作戦中に女のことで同僚をからかうと撃墜される」というジンクスが登場する。プレイステーション・ポータブル用ソフト『マクロスエースフロンティア』においては、専用の特殊技として「最後の晩餐」が用意されている(他のキャラクターでも成長させれば使用可能)。スキル一覧でこのスキルを見るとアイコンがステーキになっており、使用すると直前の柿崎の声が再生される(乗機をマクロスにして使用すると、自機を包み込むタイプなので全方位バリアの真似になる)。さらには初期ステータスが全て42になっている。続編の『マクロスアルティメットフロンティア』では、テレビ版・劇場版ともに柿崎の最期のシーンがステージの演出として追加された(プレイヤー機も敵を全滅させる前に巻き込まれると作戦失敗になる)。さらに、娘々ショップでの解禁ポイントが4242ポイントになっている。『ロボテック』版 - 名前がBen Dixonに変更されている。2003年のコミック版Robotech: Love & War(愛と戦争)では、軍に入隊する以前からの知り合いであると設定されたマックスと友情も描かれ、両親も登場している。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

風さん
0 pt
sakiyukaさん
0 pt
はっちゃんさん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【柿崎速雄】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


柿崎速雄についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>超時空要塞マクロスのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!