アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:emさん

愛野美奈子

アイノミナコ

美少女戦士セーラーム...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

セーラーヴィーナスに変身する、うさぎより明るい金色のロングヘアーに、赤い大きなリボンが特徴の少女。セーラーVの正体でもある。美奈子及びセーラーヴィーナスとして登場するのは太陽系内部戦士の中では最後だが、セーラーVとしてはすでに第1話から登場し、活躍の噂が流れていた。すなわち、実質的には最初のセーラー戦士でもある。アニメ版ではイギリス・ロンドンでも活躍していた。『S』以降は夏場はノースリーブに似た白いTシャツの上に青いオーバーオールを着用することが多くなっている。港区芝公園(麻布十番に近い実在の地名)の近辺に住み、当初は港区立芝公園中学校に通っていた。高校はうさぎたちと同じ十番高校へ進学した。家族構成は両親との3人暮らし。原作、およびアニメ版ではうさぎに負けず劣らずのドジっ子で、アイドルを目指す陽気な爆走少女として描かれている。うさぎと容姿、性格が似ており、似たものコンビとしての演出例も多い。登場初期は戦闘歴の長さからお姉さん的な側面も多く描かれたが、徐々にうさぎ同様の「明るいおバカ」キャラへと戻っていった。成績はやはりうさぎ並みに良くないが、運動神経は抜群で体育だけは好成績。バレーボール部に所属していた。アニメ版では英語も得意なようであり、プリンセス修行をすると言い出したうさぎから英語を教えてほしいと頼まれたこともある(これは、セーラーV時代にイギリスに渡英していたためと思われる)。かつて、お巡りさんにイタズラをしたことで怒られてお巡りさんが苦手になった。アニメ版では原作以上に「明るいおバカ」キャラな面が強調されており、ことわざや各言葉を間違えたり、ギャグやダジャレを言うのがお約束である。 第178話では、夜天光と入浴していることを想像して鼻血を出しながら「あたしもネコになりた?い」と発言するなど、エッチなところもある。第184話でも、月野家で星野光のバスタオル一枚の姿を目撃して「ラッキーしちゃったね」と発言していることからも、同様にそれが窺える。 また、アニメでは家事に至ってはうさぎ以下の壊滅的レベルであるため、お粥に塩を入れすぎたり、それをレイにぶっかけたり、台所を壊滅的に汚したり、オーディオをいじっては爆発させたりしている。レイからは、「これで悪気があったらエスメロードより極悪人」と評された。幼稚園児や小学生の少年にからかわれたことがあり、それに対して本人も本気で怒っていた(アニメ第52話、第103話、第154話)。しかし、アニメ第42話で、ロンドン滞在時に悲恋を経験したことを語っており、恋人の幸せのためなら自分は身を引くという大人な一面をもっている(美奈子がこの事を話したのはうさぎのみであり、うさぎはその時、「自分達よりずっと大人だ」と語っている)。第35話では、セーラージュピターと共にクンツァイトに必殺技を吸収され攻撃に利用されて死亡したが、銀水晶の力で復活した。 さらに第45話では、DDガールズにクレッセント・ビームを発射して自分も巻き添えにして死亡したが、のちに銀水晶の力によって蘇った。うさぎとキャラが被っているのは、もともと『セーラームーン』の原案となった『コードネームはセーラーV』の主人公キャラだからである。作品世界統合により、単独で行動していた経歴が第1話から伏線として張られている。また、類似を逆手に取って原作と実写版ではプリンセスの「影武者」設定があった。うさぎとの顕著な差異は、「異様に前向きな姿勢」と「変身前から常人離れした身体能力」である。アニメ版においても、キャラクターデザイナーは「どちらが月のプリンセスなのか」と気を持たせる演出に備え、美奈子の瞳をうさぎと同じ指定にしたが、アニメ版ではヴィーナス=美奈子が初登場した次の回で本物のプリンセスが登場したため、この工夫は生かされなかった。しかし、アニメ第102話では、変身ブローチを奪われて敵に正体を知られそうになったうさぎを助けるため、変身ペンでセーラームーンに変身してうさぎの窮地を救うという活躍が描かれた。原作、アニメ、実写版のいずれでも、太陽系内部戦士のリーダーであると明言されており、他のセーラー戦士によく指示を出している。プリンセスの影武者を務めるだけあって体力もあるのか、アニメ第78話では月野家の玄関先から二階ベランダへジャンプした。アニメ第100話ではバレー部時代の友人・浅井努に恋をしようとするが、彼には既に恋人がいたことを知ってショックを受ける。しかし彼がダイモーン・ハイキューンにピュアな心の結晶が奪われた際、ハイキューンが投げた心の結晶を得意の回転レシーブで受け止め、正体に気付かれたことがある。アニメ第106話ではほかのメンバーとともに白樺高校の見学に行った際、そこで出会ったエルザ・グレイからまことともども、「二人とも陸上向き」と評された。アニメ第109話ではユージアルに背後から不意討ちという形でピュアな心の結晶を抜き取られた際、気絶せずにそのまま結晶を抱きかかえ、公園からビル内部の駐車場まで全力疾走してみせるという、荒業とも言うべき離れ技を披露した。また、アニメ第141話ではホークスアイとタイガーズアイに二人がかりで施された封印を自力で破ってセーラーヴィーナスに変身。アルテミスも絶句するほどの非常識な力をときとして発揮し、やはり戦士としての経験やいざというときのパワーは、他の戦士の追随を許さないほど高いようである。実写版では、原作やアニメ版とは人物像が大幅に異なる。 ティーンエイジャーに歌手としても人気のスーパーアイドルという設定になっており、うさぎも彼女の大ファンである。しかし、病気で余命いくばくもないこともあって、愚直なまでに前世からの使命を果たすことに忠実な少女となっている。性格も原作やアニメの明るい印象とは異なり、意地っ張りで常に冷静沈着な性格になっている。性格が似ていることもあって、あることが切っ掛けで彼女の正体を知った火野レイとは暫し対立関係となっていたが、最終的には信頼しあえる仲となった。 プリンセスの影武者としての使命を果たす為、他のセーラー戦士たちから距離を置いて敵の目を引くようにセーラームーンを守っており、自分がプリンセスと名乗ってからも仲間として合流するのも遅かった(自身の寿命が残りわずかな為もある様子)。物語終盤の最終決戦前に病死してしまうが、最終話にて復活する。スペシャル版ではその後もトップアイドルとして活躍している。名前を音読みすると「びなす」になり、ビーナス、ヴィーナスに近くなる。うさぎのことは原作・実写では「うさぎ」、アニメでは「うさぎちゃん」と呼んでいる。原作では初めは「Vちゃん」、後に「美奈」と呼ばれている。また、実写では後半まで他の戦士を戦士名で呼び、うさぎからは初めはフルネーム、後に「美奈子ちゃん」と呼ばれている(他の戦士からは基本的に「ヴィーナス」と呼ばれる)。

出典:wikipedia

誕生日:10月22日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
愛野美奈子とは?(美少女戦士セーラームーンシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

アイドルを目指す明るく元気な少女。運動神経抜群だが、成績はあまり良くない。主人公のうさぎとは性格・見た目が似ていて良いコンビ。ドジで突っ走るおバカな場面が多い。セーラーヴィーナスに変身する。

年齢

13~22 歳

誕生日

10月22日

性別

通り名

セーラーヴィーナス

特技

遊ぶこと

弱点

ママ/お巡りさん

趣味

アイドルの追っかけ

好きな食べ物

アイスクリーム/カレー/ラーメン/ギョーザ

嫌いな食べ物

しいたけ/生クリーム

声優

深見梨加/住友七絵/伊藤静

俳優

小松彩夏

星座

天秤座

血液型

B 型

髪の色

アクセサリー

赤いリボン

学校・会社

港区立芝公園中学校/十番高校

職業

中学生/高校生

学年

中学2年生~高校生
皆に元気をくれる愛でいっぱいの女の子!「愛野美奈子」とは?『美少女戦士セーラームーン』
【画像】愛野美奈子(美少女戦士セーラームーンシリーズ)
 2014年からアニメ新シリーズが放送されている『美少女戦士セーラームーン』。中学生が魔法で美少女戦士に変身し、悪と戦うバトルヒロインストーリーは、90年代に社会現象を巻き起こすほどの人気を博しました。メインキャラの5戦士の中でリーダーをつとめているのが、オレンジ色のセーラー服を着たセーラーヴィーナスこと、愛野美奈子(あいのみなこ)です。根強いファンがいる一方で、「主人公の月野うさぎと似ている」などとキャラクターを混同されがち美奈子ちゃん。今回は原作と旧アニメの設定を中心に、美奈子ちゃんの魅力に迫ります!
責任感の強いカッコいいリーダー
 美奈子ちゃんは、元々「セーラーV」のコードネームで活躍する美少女戦士でした。5戦士の中で美少女戦士として登場するのは最後ですが、実はセーラーVとして第一話からずっと登場していたのです。のちにセーラーヴィーナスとして戦いに加わってからは、リーダーとしてきびきびと的確な指示を出し、5戦士をまとめあげていきます。

 そんな美奈子ちゃんの髪の色や目の色はなぜ月野うさぎと似ているのか?それは美奈子ちゃんが、月のプリンセスであるうさぎを敵から守るため、影武者をつとめていたからです。そのため、初期の美奈子ちゃんは少し謎めいていて大人っぽく優雅な仕草をしています。これも全て、美奈子ちゃんのリーダーとしての責任感の成せるわざと言えましょう。
明るい気持ちをわけてくれる存在
 では実際のところ、美奈子ちゃんはどんな女の子なのでしょうか?アイドルを目指す中学2年生で、性格はすこぶる明るくミーハーでイケメン好きでドジ。学業成績が低空飛行であることも含めて、月野うさぎととてもよく似ています。

 しかし、美奈子ちゃんとうさぎでは性格に決定的な違いがあります。それは美奈子ちゃんのポジティブ志向。何かにつけてグジグジと悩んで泣き出すうさぎに対し、美奈子ちゃんは常に打開策を探して、周りの人を励ますタイプです。愛する衛さんを敵にさらわれたことで夜も眠れなくなってしまったうさぎを、気分転換に誘い出したのも美奈子ちゃんでした(旧アニメ第36話)。美奈子ちゃんが細やかな気遣いのできる前向きなキャラクターであることがうかがえるエピソードです。
実は精神的にとっても大人
 明るくておどけた表情でみんなを楽しませてくれる美奈子ちゃんですが、その笑顔からは想像もつかないような大人の側面も持っています。実は、セーラーV時代に、お姉さんのように慕っていた人に目の前で好きな人をとられてしまう・・・というひどい失恋を経験しているのです(旧アニメ第42話)。しかし、美奈子ちゃんは好きな人の幸せを願い、2人の前から姿を消していたのでした。

 そのことを知って激怒し、恋路に介入しようとするうさぎを、美奈子ちゃんは「これでいいの、2人が幸せになってくれればそれでいいの」と言って引き止めます。常に、皆の本当の幸せが何なのか?を一生懸命に考えて実行する・・・。それは、変身している時もしていない時もいつも変わらない、美奈子ちゃんの心の美しさなのです。
運動神経バツグン!体力勝負では誰にも負けない!
 誰よりも大人で、セーラー戦士の精神的支柱でもある美奈子ちゃんですが、実は体力と運動能力もバツグンです。中学校ではバレーボール部に所属し、体育の時間は一躍ヒーローに。また、戦闘中にも大ジャンプや人間離れした荒技をやってのけるなど、大活躍を見せます。責任感の強いお姉さんらしい側面と、明朗快活なスポーツ少女のギャップがまた魅力的です。

 ここぞという時に必ず決めてくれる人、それが美奈子ちゃんです。新作『美少女戦士セーラームーンCrystal』では美奈子ちゃんはどんな活躍を見せてくれるでしょうか?楽しみですね!
(C)武内直子・PNP・東映アニメーション

記者(水澤奈那子【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


愛野美奈子についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>美少女戦士セーラームーンシリーズのキャラクター 一覧
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!