アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:ひでぽんさん

ゾイサイト

ゾイサイト

美少女戦士セーラーム...

0

pt

作品紹介

『美少女戦士セーラームーン』(びしょうじょせんしセーラームーン)は、武内直子による日本の漫画作品。またはそれを原作としたアニメなどの作品群のことを指す(詳しくはメディアミックス展開を参照)。

1990年代少女漫画の金字塔。講談社の少女漫画雑誌『なかよし』に連載されると同時期にアニメ化され、少女を中心に大人の女性、男性の間にまで広く人気を博し、単なる少女漫画・アニメの域を遥かに超えたブーム・社会現象となった。この作品で、バトルヒロイン物と少女漫画の要素を一つにした「美少女戦士物」というジャンルが誕生した。また、本作は魔法少女のジャンルにも位置づけられており、「戦闘美少女系魔法少女物」の先駆け的な作品でもある[1]。
日本国内外問わず知名度が非常に高い作品であり、普段アニメや漫画とは無縁の層の間にまで広く知られている。
当初は原作漫画版もアニメ版も第1期で終了する予定であったが、予想外の大ヒットとなったため、第2期シリーズ以降の続編が制作されることになった(全部で第5期まで)。ミュージカル化やテレビドラマ化もされている。
まさに本作シリーズは、1980年代末期~1990年代初頭から低迷していた、日本のアニメ界全体の中興の祖となったと同時に雑誌やネット上では、今現在もアニメ界のエポックメイキングとなった作品である。
ストーリー全体の下地である月野うさぎことセーラームーンと地場衛ことタキシード仮面の前世、月の王女・プリンセスセレニティと地球の王子・エンディミオンの悲劇は、ギリシャ神話に登場する月の女神セレーネーとエンデュミオーンの悲恋が元となっており、特定の登場人物にはギリシャ神話に由来する名前がつけられている。
作者は「美少女仮面ポワトリン」と「スーパー戦隊シリーズ」に影響を受けて制作したと語っている[2]。
1993年(平成5年)度 第17回 講談社漫画賞少女部門受賞。
2012年7月6日に行われた『20周年記念トークイベント』で、「セーラームーン誕生20周年記念作品」として新作アニメを2013年夏に公開する予定であることが発表されたが、延期が重なり、『美少女戦士セーラームーンCrystal』のタイトルでWebアニメとして公開されたのは2014年7月からだった。また、20周年記念プロジェクトの一環として、後述のS.H.Figuartsによるアクションフィギュア化、新作ミュージカルの制作が発表されている。
なお、本作のスポンサーである、バンダイがナムコと経営統合しバンダイナムコグループが誕生した2005年以降から2012年辺りまで特に関係はなかったが、2013年、前述のバンダイナムコグループ統合後の初の商品「S.H.Figuarts・セーラームーンシリーズ」発売によって再始動する。

第一期 ダーク・キングダム編
TOKYOの十番町に住む少女月野うさぎは、少しドジで泣き虫なごく普通の中学2年生(初登場時)。ある日、うさぎは額に三日月の模様を持ち人間の言葉を話す不思議な黒猫ルナと出会ったことがきっかけで、愛と正義のセーラー服美少女戦士「セーラームーン」に変身し、街を襲う妖魔を倒していき、街の平和を守っていくこととなる。初めは敵との戦いに苦戦していたうさぎだったが、彼女の危機を度々救う謎の紳士・タキシード仮面の存在や、次々と現れる仲間のセーラー戦士に助けられながら妖魔退治を順調に続けていった。
妖魔を順調に倒し続けていたある日、うさぎたちはルナから聖石・幻の銀水晶と「月のプリンセス」と呼ばれる人物を捜しだすという指令を受け、妖魔退治と銀水晶・プリンセス捜索を並行して行うことになる。やがて、妖魔を送り込む敵組織・ダーク・キングダムやタキシード仮面も銀水晶を探していることが判明し、銀水晶探しはセーラー戦士、ダーク・キングダム、タキシード仮面による三つ巴の争奪戦へと発展していく。
そして、ついに銀水晶と月のプリンセスが現れた際、セーラー戦士たちは自分たちが戦士に選ばれた理由を知ることになる。その鍵は、かつて月に存在していた王国・シルバーミレニアムと、戦士たちの前世の記憶にあった。
終盤ではダーク・キングダムとの決戦となり、セーラー戦士たちはかつてないほどの凄絶な戦いに身を投じることとなる。
第二期 ブラックムーン編
ダークキングダムとの戦いが終わり、うさぎは「タキシード仮面」として自分たちを助けてくれていた青年・地場衛と恋仲になる。ある日、うさぎと衛がデートをしていると、突然空から女の子が落ちてきた。「うさぎ」と名乗ったその女の子はうさぎのいとこ・ちびうさとして、そのまま月野家に居候する。生意気なちびうさの言動に振り回されるうさぎだったが、その一方でちびうさはなぜか「幻の銀水晶」を探していた。
そんな時、「ブラックムーン」と名乗る新たな敵が十番街に出現。彼らの狙いは「幻の銀水晶」を奪い、ちびうさを抹殺することだった。うさぎたちは再びセーラー戦士に変身してブラックムーンに立ち向かう。
やがて、うさぎたちはちびうさやブラックムーンが未来の世界から来た人間であること、ブラックムーンが過去の世界を侵攻することで未来を変えようとしていることを知り、ちびうさと謎のセーラー戦士・セーラープルートの力を借りて未来の世界へ向かった。そこでうさぎたちは、ちびうさの驚くべき正体と自分たちの未来の姿を知ることになる。
第三期 デス・バスターズ編
未来での戦いも終わり、セーラー戦士たちは再び元の平和な日常を取り戻していた。だが、霊感の強いレイは不穏な予知夢を見て不安になり、街では東京湾の埋立地に立てられた私立無限学園に通う生徒が怪物に次々と襲われる事件が起きるようになる。
そんな頃、うさぎたちは無限学園に通う天才レーサーの天王はるかと美少女バイオリニストの海王みちると出会い、ちびうさは無限学園のオーナーの娘である土萠ほたると知り合い、親しくなる。それと同時に新たな敵「デス・バスターズ」が現れ、さらに新たな2人のセーラー戦士・セーラーウラヌスとセーラーネプチューンが現れた。
ちびうさはウラヌスたちとともにデス・バスターズとの戦いに挑むことになるが、その戦いの中でほたるに隠された重大な秘密を知ることになる…。
第四期 デッドムーン編
ちびうさは未来へ帰還する準備を進め、うさぎたちは高校生となり、夢に向かって新たな生活を送ろうとしていた。
そんな矢先、日本で今世紀最大の皆既日食が起きる。太陽が欠け始めたその瞬間、公園でその光景を見ていたうさぎ、ちびうさ、衛の前にペガサスが現れ、助けを求めて消えてしまった。そして新月が太陽を完全に覆い隠し、闇に包まれると「デッドムーン・サーカス団」と名乗る空飛ぶ船が現れた。
皆既日食が終わってから街にサーカス団が来日してお祭り状態となっており、うさぎたちはどうやらサーカス団が怪しいと警戒し始める。
同じころ、なぜか未来へ帰れなくなったため月野家での居候を続けていたちびうさは、夢の中で再びペガサス・エリオスと出会い、エリュシオンを救って欲しいと助けを求められ、小さな1つの鈴を渡されたのだった。
第五期 シャドウ・ギャラクティカ編
デッドムーンとの壮絶な戦いに勝利し、夢と希望に胸を膨らませて、新生活を満喫するうさぎたち。
ある日、人気アイドル・スリーライツのメンバーとみちるのライブコンサートに行くことになったうさぎたちは、そこで「シャドウ・ギャラクティカ」と名乗る新たな敵の襲撃を受ける。その敵組織は、うさぎたちと同じ「セーラー戦士」だった。さらに、謎の3人組のセーラー戦士・セーラースターライツまで現れて…。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

イズミさん
0 pt
konuxさん
0 pt
七十鳥さん
0 pt
ぴーこさん
0 pt
バス丸さん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【ゾイサイト】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


ゾイサイトについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>美少女戦士セーラームーンシリーズのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!