アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:fatetanさん

フェイト・T・ハラオ...

フェイトテスタロッサ...

魔法少女リリカルなの...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

9歳。金の髪と「寂しげな目」をしたもう1人の魔法少女。なのは同様魔導師としての才能は非凡なものがある上に、幼い頃から母の使い魔であったリニスから戦闘訓練を受けて驚異的な速度でその教えを習得。出会った当初、なのはは手も足も出なかった。高速移動からの斬撃による一撃離脱を得意とし、射撃・広範囲魔法も優れた前衛戦闘型の魔導師。一方でバリア出力の低さなど防御面に難があり、また攻撃に傾倒し過ぎるためトラップに弱い点をクロノに指摘された。魔力光は金色。魔力変換資質「電気」を保有しているため、変換プロセスを踏まずに電気を発生できる。『A's』時ではAAAクラスの魔導師。 初見の印象からクールな人物と思われがちだが、本来は争いごとを嫌い心優しく、遠慮と心配の豊かな少女。母・プレシアから虐待同然の酷い仕打ちを受けながらも懸命に尽くそうとするなど、強い意志の持ち主であり、プレシアを救いたいが故に頑固な一面を持つ。また素直な性格なため、プレシアの自身への仕打ちや自身の記憶の曖昧さなどをまったく疑わずジュエルシードを集めをした。その正体はプレシアが事故で娘のアリシアを失ってから狂ったように研究していた「使い魔を超える人造生命の作成と死者蘇生の研究『プロジェクトF.A.T.E』」の前者の方の産物として生み出されたアリシアのクローンであり、その肉体に上記の成果「記憶転写」を施し、当初はアリシアの生前の記憶を持って目覚めた(そのためメモリークローンと言えるが、失敗作と判断したプレシアの手でその部分の記憶は消された)。使い魔のアルフとは「使い魔と主人」の関係を越えた深い絆で結ばれている。第1期11話のエイミィの台詞からフェイトという名前はプロジェクトFの開発コードであることも明かされている。 なお誕生時から(死亡時の)アリシアと同じ年齢の肉体・記憶を持って生まれたため、フェイトとして生きた時間は外見より短いと思われる。外見年齢と脚注されているのはそのため。使用デバイスはインテリジェントデバイス「バルディッシュ」。彼女の教育係だったリニスが、フェイト専用として愛情を込め作り上げたもの。常にフェイトの傍らにあって心の支えとなるが、『A's』におけるシグナムとの戦いで中破した。後に、新機能(ベルカ式カートリッジシステム「CVK792-R」)を組み込み「バルディッシュ・アサルト」として生まれ変わった。バリアジャケットのモチーフは死神で、黒ベースの服に赤黒のマントがトレードマーク。『A's』以降は左手と両足首下を装甲化した。バルディッシュの形状も死神の鎌をモチーフとしている。私服も黒を好むが白物も選ぶ傾向があるらしい。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
フェイト・T・ハラオウンとは?(魔法少女リリカルなのはシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

もう一人の主人公。異世界出身の魔法少女。無口で無表情な少女。母親のために「ジュエルシード」を集めていたところ、高町なのは達と出会い対立することになる。

年齢

9 歳

性別

声優

水樹奈々

髪の色

髪型

ツインテール

アクセサリー

黒いリボン
激動の魔法少女「フェイト・テスタロッサ」の魅力とは?『魔法少女リリカルなのはシリーズ』
【画像】フェイト・T・ハラオウン(魔法少女リリカルなのはシリーズ)
 『魔法少女リリカルなのは』は、原作がパソコンゲームであり、サブキャラであった「高町なのは」のスピンアウト作品として誕生した作品です。途中からは完全にアニメオリジナルのキャラクターばかりとなり、今では多くのファンを獲得しています。

 さらに、『魔法少女リリカルなのはStrikerS』では、「フェイト」をはじめ、主役が10歳成長します。「フェイト」の声をあてているのは水樹奈々さん。ファンの方ならもはや説明不要ですし、ファンでなくとも知名度は高いでしょう。なお、本文中では簡略化のために「As」を第2期、「Strikers」を第3期、「VIVID」を第4期と表現いたします。
[第1期]「クール」のち・・・
 第1期では、なのはとユーノの目の前に立ち塞がるポジションだったフェイト。外見は黒ベースの服に赤黒のマントがトレードマークで、長い金髪とのコントラストが印象的です。愛用のデバイスである「バルディッシュ」は無口で渋い感じでフェイトをサポートします。

 遠距離魔法中心のなのはと対照的に、遠近両方の魔法を使いこなす卓越した戦闘センスを持つフェイト。母親であるプレシアによって作り出された、いわゆる人工生命体であり、はじめは母親の目的である「ジュエルシード」の入手に暗躍し、プレシアと使い魔のアルフ以外の言葉を聞き入れませんでしたが、最終的になのはの声を聞き入れ、なのはのことを唯一無二の存在として受け入れます。母親に裏切られ、失意の底にあったフェイトを救ったのはなのはだけではなく彼女自身であるともいえるでしょう。
[第2期]は一転して、人懐っこさが・・・
 第2期では、フェイトが一段と成長し活躍します。母親であるプレシアが起こした事件に加担していましたが実質無罪に。保護観察を受けるなど行動に多少の制限はあるものの、途中からは留学生という形で私立聖祥大附属小学校(なのはと同じ学校)へ通うことになります。(実際になのはと同じ年齢であるかどうかは諸説あるようです)

 第1期では敵対する側であった時空管理局のリンディから養子縁組の申し出をされており、当初は保留していたものの事件終結後にそれを受け入れ、以後「フェイト・T・ハラオウン」を名乗るように。戦闘になれば卓越した戦闘技術を発揮し、守護騎士のシグナムとの初戦ではシグナムをうならせるほどの実力を発揮(敗れてしまいますが)。一番のフェイトの成長は、闇の書にとりこまれたフェイトが見た夢をふりきり、現実へと戻る決意をしたことでしょう。
[第3期以降]なのは、はやてと同様、見守る立場へ・・・
 10歳成長したフェイト。なのはを遥かに超える身体の成長ぶりを見せます。なのは、はやてと同様に魔力リミッターがかかり、もっぱら後進の育成に励むフェイト。とはいえ、黒幕と交戦したり、その実力はさらに向上しているようです。また、ヴィヴィオから「フェイトママ」とよばれるなど、なのはとも親友であり続けています。

 リリカルなのはの登場人物の中でもっとも激動の人生を歩んでいるのが「フェイト・テスタロッサ(フェイト・T・ハラオウン)」ではないでしょうか?まだ作品を観たことがないという方は是非、『魔法少女リリカルなのはシリーズ』をご覧になって頂き、ご自身の目で「フェイト・テスタロッサ」の魅力をご堪能下さい。
(C)なのはPROJECT/(C)なのはAs PROJECT/(C)なのはStrikerS PROJECT

記者(WONDER【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


フェイト・T・ハラオウンについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>魔法少女リリカルなのはシリーズのキャラクター 一覧
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!