アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:ミカヤさん

目暮十三

メグレジュウゾウ

名探偵コナン

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係の警部で、毛利小五郎の刑事時代の上司(小五郎の現役時代は警部補)。同期の中森警部の年齢を鑑みると、年齢は41歳前後である模様。いつも茶色のコートと帽子を着用している。体形は中年太りでかなり腹が出ているため、中森警部からは「目暮のタヌキ」と皮肉られている。普段の一人称は「ワシ」、仕事上では「私」。江戸川コナンが捜査に介入するのには比較的寛容である。コナンの助言にも納得する場合も多く、その小学生らしからぬ発言には疑問を感じている。また、工藤新一の推理力を高く評価しており、その父・優作から親子2代にわたって難事件の度に助言を求めていた。逆に、服部平次が捜査しているときには、あまり信用していないようだった。新一が姿を見せなくなってからは、小五郎(間接的にはコナン)の協力によって事件を解決している。現在でこそ小五郎の推理を信頼しているが、刑事時代の彼には度々苦労させられており、彼が部下だったせいでほとんどの事件が迷宮入りになってしまったとぼやいていた。殺人現場で何度となく居合わす小五郎を、「疫病神」や「死神」などと皮肉っているが、捜査に行き詰まったときは「眠りの小五郎」に頼ることがほとんどである。いつも被っている帽子は、上司の松本警視への発言によれば独身の刑事時代に当時アウトローな高校生だった妻・みどり(声 - 折笠愛)と警護のために出会うきっかけとなった事件で負った古傷を隠すためであるとのことだが、実際のところは妻との馴れ初め話を冷やかされたくないためとコナンは考えている。また、他人の恋愛には鈍感だが、佐藤刑事と高木刑事の関係については、薄々気づいている模様。犯罪を憎み、部下や同僚、犯罪者には毅然とした態度で接しており、警察官の誇りを傷つける不祥事に対しては一切の妥協を許さない。その一方、みどりと2人きりになると新婚夫婦のようにデレデレするといったお茶目な一面も持っており、昼食はいつも手作りの愛妻弁当で、ホワイトデーにはみどりにマシュマロをサプライズプレゼントするなど、非常に愛妻家でもある。白鳥警部と同様に、拳銃の腕はあまり良くない。また、メカの類は苦手で、部下の高木刑事らに助け舟を出させることも多い。普通に使えるのは携帯電話くらいであるが、それでも慣れるまでにかなりの時間を要している。芸能界や芸術にも疎く、「アース・レディース」のことを殺虫剤と勘違いしたり、ストラディヴァリウスの名前を聞いてもピンと来ないなどの面を見せている。また、単行本第63巻での高木刑事の発言によると、歌唱力も微妙らしい。英語は自己紹介程度しか喋れないらしく、ジョディ・スターリングに英語で自己紹介した際には「ポリスマン」の発音が違うと指摘され、講義を施されていた。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

ぺん太さん
0 pt
走者さん
0 pt
ちえさん
0 pt
ミルポワさん
0 pt
sionさん
0 pt
bigfootさん
0 pt
パピイさん
0 pt
まこゆうさん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【目暮十三】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


目暮十三についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>名探偵コナンのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!