アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:ここいちさん

工藤優作

クドウユウサク

名探偵コナン

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

コナン(新一)の父親。世界に名を響かせる推理小説家で、『闇の男爵(ナイトバロン)』シリーズなど世界的大ヒット作を数多く生み出している。劇場版『ベイカー街の亡霊』ではゲームのシナリオを執筆したり、OVA『青山剛昌短編集』にて剣術アクション物「プレイ イット アゲイン」を書き下ろしていたりするなど、その活躍ジャンルは幅広い。しかし、多忙であるにもかかわらず、原稿執筆を放棄して勝手に海外旅行に出かけることもある。飛行機やモーターボートなど多数の免許を取得しており、拳銃も扱える。また、語学も堪能であるなど他分野においてもハイレベルな実力を持っている。少年のようにイタズラ好きな性格で、コナンや有希子に「寒い」とあきれられるほど下手なダジャレを言うこともある。コナン(新一)以上の推理力の持ち主で、劇場版でも本編においても情報を集めた程度で被疑者を特定している。さらに有希子を介してだが、黒羽盗一(初代怪盗キッド)との一文字会話で問いかけを見ることなく返事を用意していた。同様の気質を持つコナンに「推理のことしか頭にない男」と言わしめるほどの推理オタク。若い頃から目暮警部の捜査に協力しており、様々な事件の新聞記事を自宅にスクラップしている。さらにニューヨーク市警のラディッシュ警部やスコットランドヤード、インターポールなどと友人関係を築いており顔が利く。初代怪盗キッドとは、小説家として駆け出しの頃から何度も対決しており、その正体についても知っていた様子。妻の有希子とのなれそめは、自身が執筆した小説のドラマ版のヒロインが彼女だったことである。コナンから「夫婦ゲンカは日常茶飯事」と言われており、有希子との夫婦仲は今でも良好である。作品の出版が国内に留まらず海外にも広がったことから、拠点をロサンゼルスへ妻と共に移し、日本の自宅は新一に管理を任せている。コナン(新一)に対しては放任主義的な面もあるが、強い信頼関係で結ばれている。コナン(新一)に何らかのやむを得ない事情があることを察して、危険を伴うことは承知の上で黒の組織壊滅のために活動することを認めている。米国版での名前はBooker Kudo(ブッカー・クドウ)。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

ぴぽさん
0 pt
プリンさん
0 pt
ゆめりんさん
0 pt
ブルームさん
0 pt
kjoさん
0 pt
neoさん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【工藤優作】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


工藤優作についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>名探偵コナンのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!