アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:フリーザさん

武藤遊戯

ムトウユウギ

遊☆戯☆王シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

【表遊戯】:漫画『遊☆戯☆王』、『遊☆戯☆王R』およびアニメ『遊☆戯☆王』、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』の主人公。一人称は「ボク」だが、初期の頃は「オレ」も使用していた。年齢の割に、体形は非常に小柄。性格は気弱で幼さが残るが、大切なものを守るためなら、どれほど凶悪な悪人であろうと臆せず立ち向かう強さと、たとえ敵対する人物であっても許し、信じようとする優しい心の持ち主。強い正義感も持ち合わせているが、普段は弱気がちな性格に隠れてしまっている。母親は登場しているが、父親に関しては原作・アニメ版に全く登場・描写されていない。設定では、仕事の関係で単身赴任。ただし、アニメ第1期では双六と二人暮らしと説明されている(東映ホームページ参照)。元来の気弱で、卑屈な性格が災いして幼なじみの真崎杏子以外には「友人」と呼べるような人間がいない上、クラスメイトの城之内克也や本田ヒロトからいじめを受けていた。だが、風紀委員の牛尾からリンチを受けた二人を庇ったことで、改心した城之内と友情が芽生える。以後はお互いに一番の親友として、信頼し合う関係となる。のちに本田とも友人になり、城之内とともに学校内外問わず、常に行動をともにするようになる。双六から譲り受けた千年パズルを組み上げたことで、もう一人の人格・闇遊戯を宿すようになる。当初は、闇遊戯が出現している間の部分的な記憶喪失には自覚があったものの、闇遊戯の存在に気づくには至っていなかった。シャーディーに出会い、もう一人の人格の存在を示唆され、やがて「二つの人格を持つ」という異常な状態に不安感を覚えるようになるが、DEATH-Tでの城之内の言葉によってそれを克服し、「もう一人」の存在を受け入れる。以降の人格交代は双方の意思によるものとなり、記憶も共有されるようになる。闇遊戯との絆はより深いものとなるが、バトルシティ編を経て闇遊戯の正体と自分の使命を認識し、彼を冥界に帰すことを決意する。闘いの儀においては自ら彼に引導を渡す役目を引き受け、激戦の末に勝利し、去っていく闇遊戯を涙ながらに見送った。デッキは闇遊戯とともに作ったものを二人で使用していたが、最終章からは一人で組んだデッキを使用。最終章にて三幻神、そして「ブラック・マジシャン」を操る闇遊戯とのデュエルで彼を超え、本当の意味で自立した。アニメ第2作のドーマ編では伝説の竜「ティマイオス」の所持者となり、世界を救うためにドーマと戦った。また、ラフェール戦にて「オレイカルコスの結界」の本質を早くに見抜き、闇遊戯がこれを使うことを止めようとした。デュエルに敗北した闇遊戯の身代わりとなり、結界に封印されることになる。その後、石の荒野において闇遊戯に喚び出され、彼の心の弱さと傲慢さを指摘してデュエルを挑んだが、これは闇遊戯の心が映し出した幻影であり、本人ではない。【闇遊戯】:もう一人の主人公。遊戯が千年パズルを完成させたことで、パズルに眠っていた人格が所持者の遊戯に宿る形で現世に復活を果たす。あらゆるゲームのプロフェッショナルであり、闇の番人として「心の領域を踏み越えた者」、すなわち悪党に闇のゲームを持ちかけ、敗北した者に罰ゲームを与え裁いていく。一人称は「オレ」だが、初期の頃は「ボク」も使用している。初期の頃は顔つきや口調、性格などはやたらと傲慢不遜なかなり邪悪なものだった。文庫版では一部、顔つきなどが後期の闇遊戯に近いものに修正されている(文庫版遊戯王第1巻より)。性格は基本的にまじめで、仲間を傷つけたり不正をするものには容赦ないが、その一方で杏子とのデート中にカードショップでうれしそうな顔を見せたり表遊戯に腕にシルバー巻くように進めるなと若干軽いところや不良っぽい面もある。世界最強クラスのデュエリスト。ほぼ全てのデュエルに勝利しているが、ペガサス・J・クロフォードとの1戦目、海馬瀬人との王国でのデュエルでは海馬自らが敗北したら投身自殺をすると宣言した為攻撃を中断したため敗北。アニメオリジナル「ドーマ編」における初回のラフェール戦ではオレイカルコスの結界を使用させざるを得ない程までに追い詰められた事で完敗を喫した。使用デッキは遊戯とともに構築した、「ブラック・マジシャン」を中心とした上級モンスターが多めの重量デッキ。仲間達からは、表遊戯と変わらぬ友情と信頼を寄せられており、本人も同様の友情と信頼を抱いている。ライバルに対しても基本的には友好的に接するが、何らかの危害を加えてきた相手は徹底的に打ちのめす。その正体は、古代エジプト第18王朝を治めていた王の魂。その名と記憶は失われていたが、千年アイテムや三幻神のカードに関わって行くうちに己の正体を見出していく。真の名は“アテム”で、古代エジプト太陽神アテンに由来する。先代ファラオであり父親でもあるアクナムカノンの跡を継ぎ、若くして王座に即位。しかし、盗賊王バクラの襲撃と闇の大神官となったアクナディンの謀反により窮地に追い込まれる。そして闇の大神官との戦いの末、自らの魂と記憶を引き換えに大邪神ゾーク・ネクロファデスを道連れに千年錐(千年パズル)に自身を封印した(初期の冷酷な性格は魂にゾークの影響を受けてしまったためであるともされる)。古代編ではファラオの名を以って三幻神を束ね「光の創世神ホルアクティ」を召喚し、大邪神ゾークを滅した。王としての記憶と真の名前を取り戻した後、冥界へ還る為の儀式「戦いの儀」で遊戯と最後の決闘を行い、冥界へと旅立った。冥界へと旅立った後も伝説的な形でその存在は語り継がれており、数年後の住人である遊城十代はもちろん数十年後の住人である不動遊星も「武藤遊戯に宿った古代ファラオの魂」としてアテム(闇遊戯)の存在を知っていた。遊星の仲間であるジャック・アトラスは「一度戦ってみたいものだ。まあ、タイムスリップでもしない限り不可能だがな」と言っている。原作、アニメにおいて「闇遊戯」の名称は使われておらずEDクレジットも一貫して「武藤遊戯」のままである。この名称が初めて使われたのはゲームである。

出典:wikipedia

誕生日:6月4日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
武藤遊戯とは?(遊☆戯☆王シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

誕生日

6月4日
ゲームへの誠実さを貫く!表と裏の人格を持つ「武藤遊戯」の魅力『遊☆戯☆王』
【画像】武藤遊戯(遊☆戯☆王シリーズ)
 週刊少年ジャンプにて1996年から連載され、アニメも2作品作られている『遊☆戯☆王』シリーズ。デュエリスト達のバトルや、キャラクター達の成長がとても魅力的で、メインキャラクターの使うカードデッキが販売されるほど人気となっています。その中でも特に人気を集めるのが、主人公「武藤遊戯」です。表と裏の人格が交互に出てくるキャラクターであり、バトルの際の圧倒的な強さは見るものの目を離しません。今回は、そんな「武藤遊戯」の魅力についてご紹介いたします。
表はおっとり。でもやる時はやる!
 普段、学校生活などをしている遊戯は、表人格として描かれます。非常におっとりしていて少しおどおどする事もあり、当初はいじめられっ子でした。しかし、自分をいじめていた相手がリンチされていると放っておく事ができず、後先考えずに飛び込んでしまう・・・そんな行動力も持ち合わせています。
裏は自信に満ち溢れ、圧倒的な力を持つ!
 遊戯が祖父から譲り受けた“千年パズル”と呼ばれるバズルを完成させた時、裏人格が誕生しました。当初は表人格も気付かずに、罪を犯している人間とのゲームをおこない、バトルに負ければ恐ろしい罰ゲームを課す、闇の番人とも呼ばれる存在でした。

 ストーリーが進むにつれ、カードゲームバトル時に登場し、圧倒的な力を発揮するように。どれだけ自分が負けていても必ず勝つ事を信じ続け、カードを引き当てる強運を持ち、奇策を展開する非常に思考力の高い人物です。表遊戯が優しくほわほわした存在ならば、裏人格はクールできつい存在とも言える、相対する対局的存在です。しかし、“仲間を信じる”という点では表人格と変わらず、自分一人で行動しているように見えて実は仲間思い・・・というギャップも、女性に人気の要因ではないでしょうか?
互いに信じ抜く力
 表と裏と別れている2人(?)ですが、ストーリーが展開するにつれ、2人で協力してバトルをしていくようになります。どんな状況でも、相手の事を考え信じ抜く力で、様々なバトルに勝利していく「武藤遊戯」。仲間を信じる強さ、そして自分自身を強く信じ抜く大切さを、「武藤遊戯」という2人(?)のキャラクターから教えられた気がします。
(C)高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS

記者(skhalu【公式】さん)

関連画像

フリーザさん
0 pt
たらりんさん
0 pt
takokoさん
0 pt
kikuhiroさん
0 pt
ぽんたさん
0 pt
allyさん
0 pt
およね@丙午さん
0 pt
ぺん太さん
0 pt
ひでやさん
0 pt
さとちんさん
0 pt
ぴかさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



武藤遊戯についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>遊☆戯☆王シリーズのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!