アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:macさん

伊佐那社

イサナヤシロ

K

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

主人公。お調子者の白髪の少年。何故か唐傘をよく持ち歩いている。葦中学園高校の生徒。17歳、身長169cm。6月1日生まれ、双子座のB型。昼休みに学校中を回って弁当を分けてもらうなど交友関係が広いが、特定の友人とつるむことはない。周囲からは「シロ」と呼ばれている。狗朗のみ彼をフルネームで呼んでいたが、後にシロと呼ぶようになった。刀を向けられても口先と小道具だけで危機を乗り切るなど、肝が据わっており知恵が回る。そのために狗朗からは「いつもへらへら笑っている上に、口を開けばホラばかり吹く」と評されている。ある日、吠舞羅のメンバー・十束多々良を殺害した疑いをかけられたことで、様々な勢力から追われる身となる。本人には身に覚えがなく、アリバイもあったために一応の潔白を証明した。しかし部屋から返り血の付いたワイシャツが見つかる、犯人が口ずさんでいた歌を自分も口にする等、真相は不明のままとなっていた。その後学園を離れ買い出しに出た際、ふとした事から自身の存在の不確かさ、実家や家族の記憶ですら偽りの物だったことを知る。そのことから自己不信に陥り、狗朗に斬られる覚悟を決めるが、彼が社の「見極め」をあきらめないことを選択したため、自分の本当の日々を始めるために真実を探すことを決意した。その際、自分を導いてくれた狗朗には少なからず感謝の念を抱いており、狗朗が危機に陥った際助けに戻るなど友好関係が徐々に生まれていった。社の存在の不確かさの原因は、何らかの理由で記憶を失っている社の記憶、また社を取り巻く人々の記憶をネコが作りかえていたことである。社は「白銀の王」アドルフ・K・ヴァイスマンによって飛行船から突き落とされた際にネコと出会い、ネコの能力により自分をごく普通の高校生と認識して暮らしていた。その際に記憶を失っていたため、学園での記憶や周囲との関係は全てネコによって作られたものであった。本来の社の正体は、第一王権者「白銀の王」アドルフ・K・ヴァイスマンその人。下界から逃げるようにヒンメルライヒ号で周遊していた所を「無色の王」キツネ煙に襲撃され、身体を乗っ取られてしまう。しかし、「白銀の王」の能力は「不変」、すなわち不老不死であり、何者にも干渉されることがないため完全な乗っ取りは果たされず、行き場を失った力と魂はキツネ煙が使用していた少年の体に入ってしまい「伊佐那 社」となった。その後葦中学園に落とされ、入れ替わりのショックで記憶を失っていた。劇中ではこの体の少年が元はどこの誰だったのかは語られないため一切不明である。物語終盤にて、キツネ煙に乗っ取られた菊理に刺された事で自身の記憶と名前を思い出し、白銀の王として覚醒。ネコを初めてのクランズマンとして迎え入れ、拡張された能力で学園島にいる人々の避難を誘導し、無色の王との決戦に挑んだ。なお、覚醒後も伊佐那社を名乗り、今まで自分が出会ってきた学園の人間を「大切な友達」と称するなど、下界に対し再び関わる姿勢を見せている。

出典:wikipedia

誕生日:6月1日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


伊佐那社についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>Kのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!