アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

グラファイトエッジ

グラファイトエッジ

アクセル・ワールド

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

「四元素」の「地」を司るレベル8のバーストリンカー。通称は「グラフ」。現在は帝城前に「封印」され、行方不明。初出は『黒の双剣、銀の双翼』。アバターは二本の長剣型強化外装を背負ったミドルサイズのM型で、『矛盾存在(アノマリー)』の二つ名を持つ。レギオン結成からの古参であり、ブラック・ロータスの師匠でもある。ロータスが新米の頃より戦い方やレベルアップボーナス選択の方針などを指導してきた。その実力は相当なもので、レベル9に上がろうとしている時点のロータスをして乗り越えられず、黒のレギオン最強の剣士とされていた。しかし、実力とは裏腹に本人は威厳といったものとは無縁な飄々とした性格で人に妙な渾名を付けたり、何かと仲間を子ども扱いしたり、無茶な作戦でエネミーを狩ろうとして返り討ちに遭ったりなどと気の抜けた行動が多く、楓子とあきらには「無鉄砲」「バカ」呼ばわりされている。『純色の七王』がレベル9にアップするのとほぼ同時期にレベル9に到達可能なポイントを保有していたが、安全マージンの不足と「王」に先んじてレベル9になることを嫌がり、レベル8から上げようとしなかった。戦闘スタイルは双剣の強化外装を用いた完全な近接型。その双剣は二つの強力無比な能力を有しており、その一つが双剣側面の透明部分で、加速世界最硬物質と言われる『ハイパー・ダイヤモンド』。それを用いたクロスガードは鉄壁を誇り、ロータス渾身の一撃すらも正面から弾き返す。またステップ回避の達人でもあり、剣での防御を使わせるのも苦労する。だが、ポテンシャルのほとんどを主力である双剣に注いでいるため本体は貧弱で、剣を無くすと遠隔型のメイデンにさえ打ち負けるという極端な性能をしている。そのため、レイカーなどからは「剣が本体のヒト」と称されている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【グラファイトエッジ】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【グラファイトエッジ】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


グラファイトエッジについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>アクセル・ワールドのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!