アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:めぐぽんさん

桐ケ谷和人

キリガヤカズト

ソードアート・オンラ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

本作全編を通しての主人公。SAO開始時の2022年11月時点では14歳で、2年後のクリア時点で16歳。埼玉県川越市在住。女性と見間違うような顔立ちと線の細さを持つ。あどけなさを感じる面差しに反して雰囲気は落ち着いており、実年齢が掴みにくい。生まれて間もなく一家で事故に遭い両親を失い、母の妹夫婦である桐ヶ谷家の養子となる。10歳の時に自身の生い立ちを偶然知って以降、自分と他者との距離感が狂い出し、やがては関わりを恐れるようになっていく。結果、人付き合いが不得手な少年へと成長し、いつしか仮想世界に安寧を求めるようになっていった。だがSAOに囚われたことでその運命は大きく変わり、2年間のデスゲームで経験した多くの出会いと別れを経て成長を遂げていくことになる。PCに関する知識と技術は高く、6歳の時には母親の部屋にあったジャンクパーツを使って自作マシンを組み立てたほど。アインクラッド編では消滅の危機に瀕したユイを救っている。また、洞察力も高く、現実・ゲーム内の両面でその能力は生かされている。多くの激戦を戦い抜いて培ったVRMMOプレイヤーとしての実力は相当なもので、SAOでは全プレイヤー中最速の反応速度からユニークスキル《二刀流》の所持者に選ばれている。SAOや新生ALOでは数々のシステム外スキルを考案し、GGOでは射撃予測線を予測して銃弾を斬り払う等の離れ業を見せた。アインクラッド編では、定員1000名のSAOベータテスト参加を経て製品版のデスゲームに囚われる。開始直後は生き延びるべく他のベータテスター同様に自身の強化に邁進するもそのことには負い目を感じていた。そして第1層ボス戦でのディアベルの死と直後の元ベータテスターへの憎悪の過熱をきっかけに自ら嫌われ役を買って出てSAO初の《ビーター》となる。元々のソロ行動に加え、この一件でより一層孤独な活動を強いられることになった。ビーターへの憎悪と人恋しさは彼の精神を疲弊させ、偶然誘われたギルド《月夜の黒猫団》に身分を隠して加入してしまう。だがこの隠蔽が原因でギルドは壊滅、自責の念から自殺まがいの無茶な戦闘を繰り返すまでに追い込まれてしまう。サチの遺言でこの時は踏みとどまるも、自責の念から他者との関わりをより一層避けるようになる。しかしゲーム進行の最前線で戦う《攻略組》に身を置くうちにアスナと再会し、彼女との交流が彼の深い心の傷を癒していく。やがて二人は相思相愛となってシステム上の結婚を交わし後には現実世界においても恋人同士となった。75層ボス討伐直後にヒースクリフの正体を看破、全プレイヤーの解放を賭けた1対1の《デュエル》に奇跡的な勝利を収める。この為、デスゲームは全体の四分三地点でクリアされ、《黒の剣士》の二つ名はSAO最強の剣士、そしてゲームクリアをもたらした英雄として広まることになる。ゲーム版の時間軸ではシステムエラーにより《デュエル》が中断されるが、多くの仲間を得て共にアインクラッドを攻略していくことになる。フェアリィ・ダンス編では、エギルの情報を手掛かりに、アスナを救うべくALOにダイブする。リーファやシルフ・ケットシー連合軍の協力でアスナの下に辿り着き、彼女を捕えていた須郷を撃破。SAO終盤に交わした「必ず現実世界に帰す」というアスナとの約束を果たした。ファントム・バレット編では、SAO事件で知己になった菊岡の依頼で、《死銃事件》の調査のためGGOにダイブする。そこで出会ったシノンとの共闘を経て、SAOクリア後も残っていた禍根に一応の決着をつけた。アリシゼーション編では、菊岡の紹介でUWにダイブしていたが、3日間の連続ダイブを終えた後、《死銃》の最後の1人、ジョニー・ブラックこと金本敦の襲撃を受けて昏睡状態に陥ってしまう。治療のために菊岡の手で秘密裏に《オーシャン・タートル》へ移送され、精神をUWに強制的にダイブさせられるが、襲撃前後の記憶を失っており自身を取り巻く状況が掴めないまま、再会したユージオと共に現実世界への帰還方法を見つけるために世界の中心《セントラル・カセドラル》で管理者との接触を目指すことになる。アバターはどれも黒を基調とした装備で統一しており、SAO・ALOでは「ブラッキー(黒ずくめ)」の通称で呼ばれることもある。詳細は以下の通り。 SAO:普段の戦闘スタイルは盾無しの片手剣。攻撃特化で手数よりも一撃の重さを重視した性能を持つ。防御能力は回避寄りだが特化しているわけではなく、攻撃力を生かして倒される前に倒すためのものである。STR(筋力要求)値が高い重い武器を好み、ゲーム末期にはレアドロップアイテムの黒の片手剣《エリュシデータ》をメインに、リズベットが鍛えた白の片手剣《ダークリパルサー》を二刀流剣技行使時の追加武装として使用していた。ALO:種族はスプリガン。旧ALOではSAOクリア時点でのスキル熟練度が一部引き継がれており、武器として大剣を使用していた。SAO事件の完全収束後「あの世界(SAO)でのキリトの役目は終わった」としててキャラデータを初期化している。新生ALOでは髪を下ろし、ステータスは魔法の使用を度外視した「脳筋系」のビルド。物理耐性がある敵には苦戦しやすい。武器はリズベット作の剣を使用し、短編「キャリバー」では聖剣エクスキャリバーを入手している。GGO:ALOから一時的にコンバートさせた結果、女性と見違う容姿のアバターを割り当てられる。武器は《光剣(フォトン・ソード)》カゲミツG4と牽制用のファイブセブンで、光剣で銃弾を斬り払いつつ白兵戦に持ち込む戦術をとる。これは持ち前の反射神経とSAOで培った経験・技術によって実現できたもので、光剣は使い手がほとんどいない趣味の武器である。UW:容姿はリアルのまま。SAO時代のソードスキルを「アインクラッド流」の剣術として使用する。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
桐ケ谷和人とは?(ソードアート・オンライン)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

VRMMORPG《ソードアート・オンライン》に囚われた約1万人のプレイヤーのひとり。6歳のころからマシンを組み立てており才能の片鱗をうかがわわせていた。そのゲームの才能は茅場晶彦すらも最強といわせたほど。

性別

声優

松岡禎丞

兄弟・姉妹

桐ケ谷直葉
キリトと呼ばれる黒に身を包んだ二刀流の剣士「桐ヶ谷和人」の魅力
【画像】桐ケ谷和人(ソードアート・オンライン)
 ソードアート・オンラインは、今までのアニメとは一味違う作品です。バーチャルゲーム内で繰り広げられる数々のストーリー展開は、フィクション(バーチャルゲーム)なのにどこかとてもリアルで、アニメ好きにはたまりません。そこでキリトと名乗る剣士こそが、主人公である桐ヶ谷和人。彼の人気は「お兄ちゃんにしたいアニメキャラランキング」など、いくつものランキングで上位に君臨するほど絶大です。しかし主人公という理由だけでここまでの人気を誇っているわけではありません。彼の“人を魅了する力”を検証してみたいと思います。
キリトの背景と性格
 桐ヶ谷和人には一緒に暮らしている女性、桐ヶ谷直葉がいます。10歳になるまで彼は、直葉が本当に血を分けた妹であると思っていたのですが、ある日、直葉はただのイトコで、自分が桐ヶ谷家に引き取られた身であることを知ってしまいます。それからの彼は、人とどう関わってゆけば良いのか?というトラウマを抱えながら生きていました。

 バーチャル世界に飛び込んでも、彼は中々人との関わりをうまく続けられません。手を差し伸べてくれたパーティーに入っても偽りの姿で居続け、結果パーティーメンバーを死なせてしまう事態にまで陥ってしまうのです。彼は自分を責めてパーティーを組むのをやめ、一匹狼のソロプレイヤーとして生きていくことを決意するのでした。

 しかし、そんな辛い思いをしたからこそ、仲間同士が疑い合うような状況になれば悪役を買って出るような、彼の魅力的な暖かい人柄が生まれるのです。
オタク属性が絶対的強さと知識に
 桐ヶ谷和人が抱えたトラウマから、彼がのめり込んだのがバーチャル世界であるソードアート・オンライン。人と親しくならなくても進めることが可能なその世界に彼は魅了され、SAOの全プレイヤー中で最速反応速度を有する者の称号として、<二刀流>のユニークスキルを手に入れるまでに成長していきます。

 彼のオタク属性から生まれた絶対的な強さこそ、女性らしい容姿とのギャップもあって、彼のかっこいい何よりの魅力といえます。加えて彼のマニアクラスのパソコン知識は、ストーリーが進んでいくうちに機器を脱する手段として活躍し、現実ではただのオタクに見える和人だからこそ、バーチャル世界では絶対的強さと知識を兼ね備えた魅力的な最強剣士へと生まれ変わるのです。
黒に身を包んだ優しい紳士
 和人には妹がいるからか、とても紳士的な一面があります。女の子に手をあげるのを拒んだり、女の子が困っていると助けたりと、とても素敵な紳士的なふるまいを見せてくれます。思慮深く、何もしない優しさや、逆に何かをしてあげることの優しさ、我慢する優しさなど、彼の行動には、とにかく“優しさ”が溢れています。その愛情が一人の女の子に注がれた時、彼はとても一途にその優しさと愛情を注ぐのです。見れば納得の、甘えたくなる素敵な性格の持ち主なんです。

 彼の魅力は決してひとつだけではなく、抱えた闇もあり、力や知識も兼ね備え、そして優しさや愛情にも溢れた人物であることがお分かりいただけましたでしょうか?彼のことが少しでも気になったなら、是非アニメでチェックしてみて下さい!
(C)2014 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊

記者(ちゃんなつ【公式】さん)

関連画像

oreoreさん
0 pt
ぶしどぅさん
0 pt
ぐりさん
0 pt
macskaさん
0 pt
maikoさん
0 pt
juliaさん
0 pt
蝸牛さん
0 pt
まみゅ~さん
0 pt
すけさやママさん
0 pt
ぎはくさん
0 pt
ドルフィーさん
1 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



桐ケ谷和人についての雑談場(1件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:= ̄ω ̄= 2014/08/09 23:16 ID:4DADCF8F ▽コメント返信
it's the happiest thing in my life to meet kirito sama
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ソードアート・オンラインのキャラクター 一覧
153回
152回
151回
150回
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!