アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:アンさん

羽瀬川小鷹

ハセガワコダカ

僕は友達が少ないシリ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

本作の主人公。聖クロニカ学園高等部2年5組。誕生日は7月30日。血液型AB型。考古学者である日本人の父・隼人とイギリス人の母・アイリとの間に生まれたハーフ。しかし容姿は母に似ずほぼ日本人で、母から中途半端に受け継いだ黄土色がかったくすんだ金髪が唯一、ハーフであることを示す特徴である。そのため幼少期から髪を染め損なったヤンキーと誤解され続けており、昔から友達は少ない。その上、聖クロニカ学園への転校初日に大遅刻してしまった上に自己紹介で完全に失敗。それが原因でクラスから浮いてしまい友達がいない。加えて「笑った顔が怖い」「(電話口での)声が怖い」と周囲に言われており、これらも原因となっている。クラスメイトなどに話しかけるたびに「小鷹がカツアゲした」などという誤解に基づく噂が流れている。服装はシャツを他の生徒と同じ様に着用するのに対し、ズボンは裾を捲り上げており、ニッカボッカの様になっている。靴下は履かずに、直接靴を履く。幼少期から全国を転々としてきたが、父の海外転勤を機に妹・小鳩と共に日本の遠夜市にある実家に残ることを選び、聖クロニカ学園に転入した。隣人部内では唯一ともいえる常識人で、基本的に非常識な隣人部員へのツッコミ担当。「親友と呼ぶべき友人」を作りたいと望むなど、家族や親友との絆を大切にする面倒見の良い好青年。海外赴任で家を空けることが多いながらも家族想いな父の事は素直に尊敬し、良い思い出のない金髪に関しても「死んだ母との数少ない絆」だと考えているので黒く染める気はない。恋愛に関してはかなり鈍感であり、部員からのアプローチを陰に日向にかけられてもまったく気付いていないように見えた。しかし7巻では、「寂しがりやのくせに、他人に率直な好意を向けられるのは怖い。気づかないフリをする。聞こえないフリをする。逃げる。茶化す。誤魔化す。拒絶する。自分は好かれてなどいないのだと、自分の心にさえ嘘をつく」と理科に看破され、実は鈍感を装って気づかない振り、聞こえない振りで逃げていたことを指摘された。そして理科とのぶつかり合いの末それを乗り越えようと決心し、理科と友達同士になる。また、思ったことをそのまま口に出す癖があるが、本人はその自覚がない(主に理科への褒め言葉が多く、夜空たちからはこのことで嫉妬されている)。その後、9巻にて自身の気持ちが星奈に向いてる事を理科に話し、告白の返事を返すも、隣人部の関係を壊さないために敢えて両想いでありながら交際しない選択肢を取る。なお、幸村にも若干の好意を示していて、夜空の思いについては端的に「重い」としているが、日向との関係を知り、助けたいと思うようになる。なお、勉強は(友達付き合いが皆無で他にする事がないため)真面目にしていることから上のレベルを保っており、父親が家を空けることが多かったため料理も本格派、ケンカの腕も立つ(どちらかというと本格的な殴り合いよりも、そこに発展しないように脅しつけて相手を退散させるのが得意)など、見かけによらず多芸。また、料理をする機会が多いためか、鍋などの調理用具にもこだわりを持つ。さらに、父親に酒をいろいろ飲まされたこともあり、酒にはそこそこ強い(柏崎家を訪れた際、ワインを天馬と飲んでいた。ただし、アニメでは葡萄ジュースに変更)。大阪に住んでいた経験から笑いのセンスについては絶対的な自信を持つが、自作の「面白い話」隣人部メンバーを白けさせるほど(夜空と星奈に至っては「宇宙人を見るような目」で怯えていた。なぜかマリアだけには受けている)。それについても「こいつら笑いのセンスがないな」と思っている。『僕は友達が少ない+』では、隣人部の創設者となっている。

出典:wikipedia

誕生日:7月30日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
羽瀬川小鷹とは?(僕は友達が少ないシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

主人公。父が日本人で母がイギリス人のハーフ。 母から中途半端に受け継いだ金髪と目つきの悪さからヤンキーと勘違いされ、友達が少ない。 成り行きで隣人部に入部することに。

年齢

17 歳

誕生日

7月30日

性別

あだ名

あんちゃん/お兄ちゃん

声優

木村良平/芹亜希子(幼少期)

俳優

瀬戸康史/大塚一慧(幼少期)

星座

獅子座

血液型

AB 型

髪の色

黄土色がかったくすんだ金髪

髪型

短髪

学校・会社

聖クロニカ学園高等部

部活・委員会

隣人部

職業

高校生

学年

高校2年生

父親

羽瀬川隼人

母親

羽瀬川アイリ

兄弟・姉妹

羽瀬川小鳩
「え、なんだって?」恋愛事から全力で逃げる主人公「羽瀬川小鷹」の魅力『僕は友達が少ない』
【画像】羽瀬川小鷹(僕は友達が少ないシリーズ)
 『僕は友達が少ない』の主人公である「羽瀬川小鷹」。小さい頃から転校を繰り返し、また、イギリス人の母親から中途半端に受け継いだ中途半端な金髪から、周りに怖がられ、ぼっちとなっていました・・・。しかし、転校先で「三日月夜空」と出会い、隣人部を設立して友達作りに励んだ結果、たくさんの女子から好かれるように。今回は、そんな「羽瀬川小鷹」の魅力についてご紹介したいと思います。
友達作ろうとすると何か失敗する
 小鷹は、友達がいないことを気にして必死に友達を作ろうとします。しかし、その中途半端なプリン頭から見た目はまるでヤンキーのようで、普通の人はここで敬遠してしまいます。また、あまり笑い慣れていないせいか、親しさをこめるために無理矢理笑うと、かなりの恐怖を感じる笑顔となり、これまた普通の人は逃げ出します・・・。そんな要因が積もり積もって、ぼっちの道を進む事になりました。
家事を一通りこなす
 母親とは死別し、父親は仕事で家にいないので、家の事はすべて小鷹がこなします。小鷹には「小鳩」という妹がいますが、この小鳩は家事全般はなにもできず、小鳩の世話も小鷹がこなします。ヤンキーのような見た目と異なり、家事を一通りこなす意外な一面もまた、彼の魅力と言えるでしょう。しかも、学校の成績も良いという、これまた見た目とのギャップがあるのですが、これは“友達がおらず勉強以外やることがなかったため”という悲しい理由が・・・。
「え、なんだって?」
 隣人部に入り様々な女子と知り合い、時にアプローチをかけられる小鷹。そんな時に出てくる言葉が「え、なんだって?」。小鷹は、ここぞというところで突然難聴になる癖があります。もちろん本当に難聴になるのではなく、相手の言葉がきこえていない“ふり”をしているのです。

 なぜ、“聞こえないふり”をしているのか。隣人部は、これまでぼっちだった小鷹にとってとても居心地のいい場所で、もしも小鷹が誰かのアプローチを受け入れてしまったら隣人部が崩壊する危険性があり(後に崩壊しかけました)、それを防ぐため、「え、なんだって?」と言って全力で逃げているのです。


 見た目以外はとても常識人な小鷹。変人ぞろいの隣人部ではツッコミ担当となりました。夜空と星奈の罵り合い、理科のエロ暴走、マリアと小鳩の子供のケンカ、小鷹が突っ込むべき事は山ほどあります。恋愛事からは難聴で逃げるヘタレな一面もありますが、他人に親切という面も。そして、理科と本音をぶつけ合い友達となったり、夜空と星奈をかばって男になったり、次第にヘタレな面は影を潜めていきます。そんな成長した小鷹もいいのですが、「え、なんだって?」というヘタレな小鷹も、それはそれで魅力的で良いと思います。
(C)2013 平坂読・メディアファクトリー/製作委員会は友達が少ないNEXT(公式サイトスクリーンショット)

記者(しゅるま【公式】さん)

関連画像

かよこさん
0 pt
ウサキチさん
0 pt
もんちさん
0 pt
ももたろさん
0 pt
hummondさん
0 pt
さるすべりさん
0 pt
おさるさん
0 pt
みっちゃんさん
0 pt
よりねこさん
0 pt
チャレンジド・カさん
0 pt
葉月さん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



羽瀬川小鷹についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>僕は友達が少ないシリーズのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!