アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:よんよん@関西さん

フィン・エ・ルド・ス...

フィンエルドスイラフ...

輪廻のラグランジェ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

とある任務のために宇宙からやってきた少女。16歳。通称「ラン」。頭の左側に白い花の形の髪飾りを付けている。「ウォクス・リンファ」(以下、リンファ)のパイロットで、まどかをファロスへと導き、アウラに乗せる。「わん」が口癖(これはアステリアから「地球の挨拶」と称して吹き込まれた嘘であった)。ポリヘドロンの構成国家の1つ、レ・ガリテの王女で、ディセルマインの妹。反ポリヘドロン義賊同盟「キッス」の頭領であるヴィラジュリオとは、デ・メトリオの特使として彼がレ・ガリテに常駐していた頃からの知り合い。メモリアは左腋にある。あまり感情を表に出さず、見た目はクールでしっかり者に思われがちだが、実はカナヅチでお化けが苦手。まどかと親しげなムギナミに対抗して彼女に倣ってBWHでウェイトレスになるも、ムギナミと逆に失敗ばかりのドジっ娘ぶりを披露することになってしまった。しかし、これが男性客には大受けし、来客の数は激増することとなる。ツンデレな部分もあり、興奮すると服を全部脱いでしまうなど、驚くような行動に出ることがある。 第1期当初はポリヘドロンに伝わる「ウォクスの伝説」を恐れてリンファをウォーリア形態に変形させることが出来なかったが、キリウス達との戦闘中に変形させることができるようになった。ムギナミに続いて鴨川女子高等学校に転入、ジャージ部に入部してまどかの家に居候する。ムギナミに対して初めは疑念を抱いており、レ・ガリテと内通して身元を探っていた。後にヴィラジュリオと再会するが、彼の変貌ぶりに驚愕する。まどかとムギナミが仲違いをした際は、彼女達の仲を取り持った。キッスの大部隊との戦闘では、ムギナミと連携して敵に立ち向かった。レ・ガリテの艦隊の飛来に伴い、ヴィラジュリオと共に去ってしまったムギナミを必ず連れて鴨川に帰ることをまどかに約束し、母星へと戻る。Season2ディセルマインの命により、レ・ガリテの実験ステーションでウォクス粒子の制御実験を行っていた。その後、ディセルマインの特命を帯びて鴨川に降り立ちまどかと再会、まどかを守るためにムギナミと対立する。戦闘後、ジャージ部の部室でムギナミと口論になるが、やって来たまどかの取り持ちで考えを改め、地球側に亡命する。ディセルマインとヴィラジュリオの会談後、まどかやムギナミを伴って旗艦へと戻る。旗艦内でまどかが兄に捕われたことに気付き、わざとムギナミを拘束して彼女がまどかを助けられるように艦内放送を行い、乗員の気を引いた。その後は無人で飛来したリンファに乗り、旗艦の外でレ・ガリテ軍と戦うキリウス達を制止する。騒動終結後、兄達が仲直りをしたことで再びジャージ部に所属し、まどかやムギナミと「今後ウォクスを戦闘に使わない」誓いをたてた。レ・ガリテがデ・メトリオに対し突如戦端を開いた際は、まどかにムギナミと2人だけで悩むなというを叱咤を受けて3人で出撃。ディセルマインが開いた輪廻の向こう側へまどか達と飛び込み、兄と対峙する。鴨川へ帰還した後は王の座を退いたディセルマインに代わってレ・ガリテの女王に就任する一方、まどか達と宇宙を跨いで鴨女ジャージ部の活動を行っている。

出典:wikipedia

誕生日:1月6日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
フィン・エ・ルド・スイ・ラフィンティとは?(輪廻のラグランジェ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

任務遂行のため宇宙からやってきた。メモリアは左腋にある。しっかりしたクールな見た目とは裏腹に失敗の多いドジッ娘でツンデレ。カナヅチでお化けが苦手という面もあり。ムギナミに対抗すること多し。

年齢

16 歳

誕生日

1月6日

性別

あだ名

ラン

弱点

カナヅチ/おばけ

声優

瀬戸麻沙美

髪の色

水色

アクセサリー

白い花の形の髪飾り

学校・会社

レ・ガリテ

役職

王女

兄弟・姉妹

ディセルマイン
宇宙のおとぼけお姫様「フィン・エ・ルド・スイ・ラフィンティ」の魅力『輪廻のラグランジェ』
【画像】フィン・エ・ルド・スイ・ラフィンティ(輪廻のラグランジェ)
 日産の自動車デザイナーがメインロボット「ウォクス」をデザインしたことで話題になったロボットアニメ『輪廻のラグランジェ』。案の定、アニメ的なデザインから離れたデザインに、ロボットアニメファンからの賛否両論はあったものの、女の子三人がきゃっきゃうふふとしていたので、そっち方面のファンには大好評でした。

 今回ご紹介する「フィン・エ・ルド・スイ・ラフィンティ」は、宇宙の国家「レ・ガリテ」のお姫様。まどかたちからは「ラン」と呼ばれています。
宇宙から来たお姫様
 この物語は、地球には2万年前に高度な文明が存在したが、ある重大な危機によって一部の人類が地球を去っていった・・・という設定です。宇宙に逃れた後に人類が到達し、樹立した国家が「レ・ガリテ」です。そのレ・ガリテも属する、幾つかの人類が住む星々で構成されている連邦国家「ポリヘドロン」は、人類発祥の地である地球を不可侵のものとしていましたが、ある重大な問題を解決するため、地球に眠る伝説の兵器「ウォクス」を求めて再び地球と接触するようになります。

 ランは、そのウォクスの一機「ウォクス・アウラ」とメモリア(ウォクスとパイロットが絆を結ぶこと)した主人公「京乃まどか」を守るために地球に派遣されてきました。まどかと出会ったランは「同士」としてジャージ部に引き入れられ、それ以後まどかと行動をともにするようになります。
生真面目天然ボケ
 お姫様育ちのランはあまり人を疑うことをしない生真面目な性格。地球に来た際に、地球側の受け入れ組織であるノウムンドゥス財団の会長・アステリアに手を招き猫のようにして「わん」と言うのが地球の挨拶だと吹き込まれ、それを信じてまどかにも「わん」と挨拶していました。その後、アステリアにそれが嘘だと教えられましたが、ランはその後も「わん」をまどかへの挨拶として使うようになりました。まどかの叔父の店を手伝った時は、コップをひっくり返すなどのドジっ娘ぶりを見せましたが、そのあまりにもドジなところが受け、かえって人気がでたほどです。

 まどかが、まどかを利用しようとする兄のディセルマインに拘束されたことを知った時は、同じジャージ部のムギナミを拘留するふりをして助けに向かわせ、自分は国民へ向けたメッセージを放送させて時間稼ぎをするという素晴らしい機転をきかせたこともあります。しかし、肝心のメッセージがネタ切れになり、自作ポエムをつぶやき出すという暴挙に出て、そのボケぶりを際立たせていました。
まどかの事を好きすぎる
 まどかに「同士」と言われて以来、まどかのことが大好きなラン。まどかの叔父の店を手伝うことになったきっかけも、あとから現れたムギナミがまどかに接近し、店を手伝いだしたことに対抗するためでした。宇宙から来て住むところがなかったムギナミをまどかが自宅に住まわせることになったときは、自分にはちゃんと住む場所があったにもかかわらず、まどかの家に引っ越してきました。どちらもムギナミへの嫉妬からおこなったことです。映画部に請われて、まどかとともに百合映画に出演したときは、恥ずかしがりながらもどこか嬉しそうでしたね。

 一時、故郷のレ・ガリテに帰った時は休暇を利用し、身分を隠してバイトをしていたのですが、それは自分で稼いだお金でまどかの誕生日プレゼントを買いたいからという理由でした。結局、買い物の時に偶然出会ったムギナミと一緒に選んだシュシュをプレゼントしました。このシュシュは、物語のクライマックスでまどかが気合を入れるため髪を結んだときに使われています。
ジャージ女王
 感情を暴走させて地球を危機に陥れたレ・ガリテ王ディセルマインが退位した後、レ・ガリテの王としてランが即位することになります。しかし、その即位式でランがドレスの上にまとったのは、大好きなまどかの象徴であるジャージでした。即位後も、まどかやムギナミと一緒にジャージ部の活動をしているラン。女王としての立場はあるかもしれませんが、もう、そのまま三人でずっといちゃいちゃし続ければ良いと思うのです。
(C) ラグランジェ・プロジェクト

記者(玄Kuro【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


フィン・エ・ルド・スイ・ラフィンティについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>輪廻のラグランジェのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!