アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:takutakuさん

バランス・T・モイド

バランスティモイド

輪廻のラグランジェ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

ランのお目付け役で、ディセルマインの秘書官的存在。23歳。ファロス司令部の面々とは協力関係にある。丁寧な口調だが、物腰は慇懃無礼。好物はプリン・ア・ラ・モード。ぐちゃぐちゃにかき混ぜて食べるのが好きらしい。 第1期第3話にて、ようこ達に「お礼」と称しファロスに入出可能なIDカードを渡す。第6話でムギナミを唆してウォクス・イグニスへと搭乗させる。また、ウォクス・アウラが発生させた「輪廻」と呼ばれる現象について知っており、第12話では田所の呼びかけにも「うるさい!」と一喝するほど、まどか達が発生させた現象に見入っていた。その後、ランと共に母星へ帰還する。Season2ディセルマインと再び地球へ飛来する。レ・ガリテ旗艦における騒動後はアステリアに滞在許可をもらい、再びファロスに着任する。第8話にてウォクスの描かれた石版の欠片を入手。ディセルマインに自身の身体にメモリアがある事実を明かす。後にアステリアの口から2万年前から生きている人間で、その当時の技術を使いこなすという真実が語られる。石版入手後ファロスから姿を消し、ポリヘドロン内でも指名手配となるが、実際はレ・ガリテにいた。ディセルマインに如何にヴィラジュリオを憎んでいるかという気持ちを抱かせ、マグオルトルに乗った彼に輪廻を開かせる。そして自身はファロスの屋上で成り行きを見守り、アステリアに女王メイクンの歴史をずっと見ていた(ウェトゥムンドゥス時代より生きながらえていた)こと、偉大なる何者かの意志を感じ、彼の者の声を聴くべく自身をウォクスに捧げようと試みたがメモリアは授かれなかった事実を語り、自分を満たしてくれなかったメイクン(アステリア)を非難するが、ようこの鉄拳に倒れ捕縛される。アステリアへは、己の全てを開放して声を聴かせてくれるのなら、輪廻を開くのは誰でも良かったと語った。その後、1人拘束されていた部屋から脱走して輪廻の様子を見守っていたが、まどか達の帰還により目論見が外れ、体がウォクス粒子となって消滅していった。元は古レ・ガリテ王国の下級官吏で、ウォクス・イプシエンスの開発にも関わっていた。輪廻の輪を通って2万年後のポリヘドロンに転移し、ディセルマインと接触する。なお、ミリティア・ゾデアの惨劇にも加担していた。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

カブタックさん
0 pt
samatsさん
0 pt
takaプーさん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【バランス・T・モイド】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


バランス・T・モイドについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>輪廻のラグランジェのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!