アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:小島海冶さん

中泉ようこ

ナカイズミヨウコ

輪廻のラグランジェ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

まどかの従姉で、姉代わりの海洋考古学者。25歳。鴨川女子高等学校ジャージ部のOG。プロレスに詳しく、時たままどかに技をかけることもある。 第1期以前から海洋考古学者として「ウォクス・アウラ」の調査・研究を行っていたが、半ば横取りの形でノウムンドゥス財団に機体を奪われて以来、ファロスの周囲を探るようになる。まどかとウォクス・アウラの関係を以前から知っていたようで、当初は彼女がウォクスに乗ることに反対していたが、まどかの意思を尊重しており、彼女が2度目の戦闘中に悩んでいた際は携帯越しに一喝し、彼女を立ち直らせた。その後、モイドからIDカードを渡され、ファロスへの出入りを許される。颯太と共に「ウォクスの伝説」を調べ、キッスの大部隊との戦闘では、アステリアにウォクス・アウラの凍結解除をするよう説得した。その後、校庭に落下してきた敵機から生徒をかばい重傷を負ってしまうが、一命は取りとめており、元気になった後も傷跡はそのままにしている。Season2颯太と共にマダガスカルへ向かい、ラグランジェの花の化石を発見する。その後の研究でウォクスには兵器以上の可能性があることを示唆。ウォクスの描かれた石版をアステリアやファロスの面々に見せ、その際のアステリアの僅かな動揺から、彼女が2万年前に「輪廻」を引き起こした女王メイクンであることを見抜く。ディセルマインが輪廻を開いた後、ファロスの屋上にいたモイドに、まどか達に酷いことをした報いとして鉄拳を喰らわせる。アステリアへはまどかを期待して裏切られたことがないと語り、彼女達が無事輪廻の向こう側から戻ってくることを信じていた。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
中泉ようことは?(輪廻のラグランジェ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

まどかの従姉で、海洋考古学者。ジャージ部OG。ウォクス・アウラの調査・研究を行っている。ラグランジェの花の化石を発見・研究で2年前の輪廻を引き起こした女王を突き止める。

年齢

25 歳

性別

声優

能登麻美子

髪の色

茶色

職業

海洋考古学者
元祖ジャージ部!肝っ玉お姉さん「中泉ようこ」の魅力とは?『輪廻のラグランジェ』
【画像】中泉ようこ(輪廻のラグランジェ)
 千葉県鴨川市を舞台にした宇宙規模の戦争叙事詩!?『輪廻のラグランジェ』は、2万年前に地球に存在した高度な文明がとある事件により滅び、地球を捨てて宇宙で暮らすようになった人々が再び地球を訪れて、戦ったりバイトしたり女の子同士でいちゃいちゃしたりするロボットアニメです。

 今回ご紹介する「中泉ようこ」は、主人公「京乃まどか」の従姉。まどかというキャラクターを形作るのに大きな影響を与えた人物のひとりです。
元祖ジャージ部
 学校指定のオレンジジャージを着て、校内では部活の助っ人、町では人命救助やボラティアに励むというまどかの活動「ジャージ部」。その創始者がようこです。まどかと同じ鴨川女子高校に通っていたようこは、現在ではまどかの担任教師となっている「岩淵まちこ」も巻き込み、海で溺れた人を助けたり、おばあちゃんの手をひいて横断歩道を渡ったり・・・という活動をしていました。

 母親を水難事故で失って以来、死んだように落ち込んでいたまどかは、そうしたようこの活動を見て元気を取り戻すとともに、ようこの真似をしてジャージを着るようになります。まどかが気合を入れるときに前髪を上げて縛るのも、冬でも服の下にスクール水着を着ているのも、すべてようこの真似です。

 「一度引き受けたら最期までやりとげる」そんなジャージ部魂をまどかに植えつけたようこ。まどかが変形ロボット・ウォクスに乗って戦う間、考え過ぎたり悩んだりしたときも、そのジャージ部魂によってまどかに気合を入れています。成人後の本人もジャージ部魂は失わず、敵ロボット「オービッド」が墜落してきた時は、まどかの幼なじみのみちをかばって大怪我をしました。
プロレス師匠
 まどかは自らが駆る「ウォクス・アウラ」を手足のように動かしてプロレス技を駆使します。初戦での見事なバックドロップホールド。自らの本心に反して、ウォクスで戦うランとムギナミを止めたダブルクローズライン、ディセルマインのオービッドを蹴り飛ばした延髄斬りなど。どうもそれらを伝授したのはようこのようです。まどかはようこに卍固めをかけられるなどしています。

 ようこは技だけではなく、「話し合いでケリがつかないなら拳で語る」というような、男らしい精神もまどかに伝えました。おかげでまどかは話し合いを重視しながらも必要とあれば戦うという、「話し合い至上主義」に陥らない良いバランス感覚を持つことになります。
海洋考古学者
 ようこは海洋考古学者をしており、海中から引き上げた2万年前の石版によって、かつて高度な文明が存在したことを知りました。その分析能力は若いながらも非常に優秀。ウォクスを擁するノウムンドゥス財団の会長「アステリア」も、しばしばようこに考古学的見地からの意見を求めています。物怖じせず、アメリカ大統領すら頭が上がらない「アステリア」に対しても、ズケズケとものを言うので、考古学者としてのみならず、個人的にも信頼を得て、公私に渡った付き合いをするようになりました。

 まどかの活躍により、宇宙の内紛と地球滅亡が回避された後、アステリアの調査に従って海外を飛び回っている「中泉ようこ」。サバサバして男っぽい彼女は、あまり男性には興味がなさそうです。もう、そのままアステリアちゃんに養われてしまえば良いのかもしれません・・・?
(C) ラグランジェ・プロジェクト(公式サイトより)

記者(玄Kuro【公式】さん)

関連画像

nanaさん
0 pt
プーたんさん
0 pt
junonさん
0 pt
びわ子さん
0 pt
なにわのはにわさん
0 pt
けろけろさとおさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



中泉ようこについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>輪廻のラグランジェのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!