アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:藤原とうふ店さん

森沢優

モリサワユウ

魔法の天使クリィミー...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

1973年(昭和48年)10月10日生まれで、年齢について公式サイトでは10歳とされている。私立セントレミー学園小等部(小学4?5年生)。血液型はB型。両親は東京都国立市のくりみヶ丘でクレープ屋「クリィミー(Creamy)」を経営しており、自身も店を手伝っている。魔法世界「フェザースター」の妖精・ピノピノが乗る箱舟を助けたことから1年間だけ魔法をもらい、後述の事情からアイドル歌手・クリィミーマミとして活躍することになる。髪の毛の色は優が水色、マミが紫色。他の日本人キャラクターの髪はすべて黒・茶系統で統一されているが、このことで周囲の人物に不思議がられたことは一度もない。幼馴染の俊夫に恋心を抱いており、俊夫がマミのファンになってしまうことにより自分自身であるマミに嫉妬するという複雑な三角関係になる。優しく柔和な性格だが、理不尽なことに対し憤るなど芯の強さも併せ持っている。夢を信じる心を持ち、ピノピノを助けたのも優が夢を失っていなかったからとされる。一方で責任感が強くもあり、マミの仕事のために望まない嘘をつくこともある。お転婆なイメージが強いが、俊夫の言動に一喜一憂し、悩むなどナイーブな面も多く描写されている。幼い頃から連れてくる友達は男の子がほとんどであり、特に俊夫とは小さい頃からの幼馴染で教会の屋根裏部屋に忍び込んだり、難破船の探検に行ったりと活発な女の子である。OVAにおいて、その性格を同年代の少女である早川愛から「裏表、'計算'というものがない性格」と評されている。勉強は苦手なようで、学校の成績もマミの仕事を始めた頃から下がってしまい母に叱咤される場面がある。ローラースケートが得意で、よく父親のローラースティックを使って遊んでいる。また、映画では怪獣物が好きらしく、怪獣の噂が出た村に遊びに行った際、「(怪獣を)見てみたい」と発言し、周囲からあきれられたことも。43話にて、時間管理人・バリバリ(声 - 八奈見乗児)の力を借りて過去に行き、自分が生まれる前の両親に会い、2人に「優」と自らの名前を告げている。そのことで両親は生まれてきた子に優と名づけることとなる。また、この回で優は未来の自分の姿を見ることとなり、自分の結婚式の現場に遭遇することとなった。このときは結婚相手が誰かまでは確認できなかったが、最終回のエンディングにて俊夫と結婚し1男1女の母となっていることが判明している。好きな食べ物はクレープとチーズグラタン。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

cinnamonさん
0 pt
ひまわりの種さん
0 pt
りぼんさん
0 pt
みんさん
0 pt
ikuroさん
0 pt
大僧正さん
0 pt
かおるさん
0 pt
あぼがどさん
0 pt
kainさん
0 pt
しんさん
0 pt
めぐぽんさん
0 pt

キャラクター関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



森沢優についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>魔法の天使クリィミーマミのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!