アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:風さん

フリアグネ

フリアグネ

灼眼のシャナ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

男性の“紅世の王”。炎の色は薄い白。I巻、外伝『ノーマッド』に登場。近代以降では五指に入るであろう強大な“王”で、フレイムヘイズ側には「フレイムヘイズを狩る“狩人”」として知られる。御崎市で起こる一連の事件の契機となる。人化の自在法による姿は、純白のスーツを纏った線の細い美青年。本性の姿は鳥だと推測されている。この世に渡り来た動機は不明だが、アルチザンやこの世の道具に興味があった模様。人形好きで、愛する“燐子”のマリアンヌを独立した一個の存在とするため、かつて“棺の織手”アシズが用いた秘法『都喰らい』で、膨大な“存在の力”を得ようとしていた。宝具のコレクターとして知られ、自身のコレクションである様々な宝具の特性を活かした戦闘を得意とする。フリアグネ曰く“狩人”の真名は宝具の収集家である事を意味し(ただし、この世と“紅世”の狭間の産物である宝具はトーチ同様、“紅世”には存在しないため、これはフリアグネの勝手な解釈である思われる)、『物事の本質を見抜く』固有の能力から、入手した宝具の能力や使用法を即座に看破できるという。 また、“燐子”作りに関して優れた技量を持ち、恋人であるマリアンヌを初めとして自在法や宝具を使うことすら可能な高度な意志総体を持つ自律型の“燐子”(アニメ 新井里美)を多数率いる。作中では、フリアグネ本人は炎を消し去る結界を張る指輪型宝具『アズュール』、絡んだ武器型宝具の能力の発動を封じる金の鎖を生み出すコイン型宝具『バブルルート』、実体のない弾丸を命中させたフレイムヘイズの内に眠る“王”を目覚めさせ器を破壊する拳銃型宝具『トリガーハッピー』、“燐子”の鼓動と共鳴させ爆発させるハンドベル型宝具『ダンスパーティ』といった多数の宝具を用いた他、彼の“燐子”たちも多数のカードをシャッフルして場に出す能力を持つカード型宝具『レギュラーシャープ』や刀剣型宝具などを駆使して戦う。これらの宝具の特性を活かして幾多のフレイムヘイズを葬っており、戦闘(主に対フレイムヘイズ)に関しては、最古参で歴戦のフレイムヘイズであるカムシンでも苦戦する程の強さとされる。作者曰く、本来なら第I巻に登場させるには強力過ぎる敵、とのこと。御崎市の廃デパート高層階に、巨大な箱庭を形成して一定地域の人間と“存在の力”を監視する銅鏡型宝具『玻璃壇(はりだん)』を設置し拠点として、配下の“燐子”たちと共に人間を喰らって『都喰らい』に必要な大量のトーチを作り出していた。彼の『都喰らい』は宝具『ダンスパーティ』でトーチを一斉起爆させて連鎖破壊を起こすため、トーチの数がアシズの『都喰らい』よりも少ない数で実行できる。このことが、違和感の発生を抑えて敵の襲来を減らし、また目的が『都喰らい』であることを隠蔽する要素にもなっていた。本編が始まる少し前にも、御崎市を訪れたフレイムヘイズを気配隠蔽を施した“燐子”の軍団の炎弾一斉射撃と『バブルルート』『トリガーハッピー』の連携攻撃で完勝するなど、計画を順調に進めていたが、成就寸前に『炎髪灼眼の討ち手』が現れたことで彼の計画は狂っていく。シャナと“ミステス”坂井悠二の共闘により、トーチに施された仕掛けから『都喰らい』の可能性に気づかれ、トーチを次々と減らされたため、計画の破綻を防ぐべくシャナたちとの対決を強いられることになる。持ち前の計算高さで準備を進めつつ、悠二を人質に取ることに成功し、彼に有利な状況で直接対決に持ち込むものの、幾人もの強力なフレイムヘイズを葬ってきた戦術が『変わり者』のシャナにはほとんど通じなかったと言う誤算、さらに最終段階まで進んでいた『都喰らい』の布石を崩さないために行動や戦力を大幅に制限されたことから、苦しい状況に追い詰められる。状況を打破するため自ら犠牲となったマリアンヌの献身で逆にシャナを追い詰めるものの、異常な感知能力を持つ悠二の存在を軽視したことで『都喰らい』に不可欠な『ダンスパーティー』を破壊され、計画は失敗に終わる。計画が失敗したことで正気を失い、その原因となったシャナに『トリガーハッピー』を撃ち込むものの、シャナは爆死せずアラストールが“紅世の王”として顕現することになり、顕現したアラストールによって討滅された。しかし、これらのいくつもの要素が揃った為にシャナたちは勝利し、尚且つ『都喰らい』を阻止することができたという、綱渡りの勝利であった。彼のコレクションであった宝具の多くはシャナとアラストールにより破壊されたが、戦闘用以外の宝具は彼の死後もいくつか遺された。中でも『玻璃壇』は彼の死後マージョリー・ドー達に発見され、大いに活用されたが、後に本来の持ち主である“祭礼の蛇”が回収した。なお、彼は挿絵を担当するいとうのいぢのお気に入りのキャラクターであるらしく、質問コーナー「狩人のフリアグネ」ではマリアンヌと共に回答と解説役を務めている。第1期アニメでは原作と『都喰らい』の表現が異なり、また原作にはなかったマージョリー・ドーとの戦いが描かれた。最期も原作とは異なり、戦闘中に正気を失ってマリアンヌの死にも気付かずひたすら『ダンスパーティ』を振り続け、最後はシャナに斬殺された。また、アニメでは演出の都合か、彼の炎は薄い水色に色づいている。アニメでも「フリアグネ&マリアンヌのなぜなにシャナ! なんでも質問箱!」としてアニメで語られていない原作設定を補完する役割として登場していた。フレッド・ゲティングズの『悪魔の事典』では同名の天使が「エノクのデーモン」として記載されている。「ヘプタメロン」や天使魔術論などの古い魔術文献に登場する精霊の名である。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

もりひこさん
0 pt
juliaさん
0 pt
まめ吉さん
0 pt
チビママさん
0 pt
タマ&ポチさん
0 pt
空色の杜さん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【フリアグネ】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


フリアグネについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>灼眼のシャナのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!