アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:マメタロウさん

河地大吉

カワチダイキチ

うさぎドロップ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 土田大 演 - 松山ケンイチ
本作品の主人公[1]。
30歳、独身。りんや親しい関係者からは「ダイキチ」と呼ばれる。生まれた時にキンモクセイが実家に植えられている。大吉自身はりんと暮らすまでは、実家には何年も帰っていない。
基本的に女性と子供を苦手としているが、高校時代や会社勤めを始めた頃に、女性と付き合っていた、もしくはそれに準じた関係があった過去がある。子供の頃に転んで頭部をケガをしており、一部分に髪が生えていない。
衣料品メーカー(アニメ版の会社名は糸由(いとよし))に勤めている。野球が得意という理由で採用され入社。部下からは慕われており異動の際には、大吉が中国語が出来るという事もあるが、部下から異動をしないよう懇願されていた。ファミコン世代でTVゲームを興じるが、3D視点のゲームは距離感がつかめず苦手。「鉄拳」は得意。
りんの保育園・小学生時代
育ての親を失ったりんに対する親類らの処遇に腹を立て、りんの事を思って彼女を引き取り育てることとなる。
りんからは若かりし日の祖父・宋一と瓜二つであるため、よく懐かれているが育児という未知の世界に困惑する。二谷ゆかりや会社の同僚、理解を得た両親など周りの協力もあり、徐々に理解を深めていく。
りんのことを第一に考え、タバコをやめ、保育園の迎えに遅れないように残業のない課(出荷部)へ異動、仕事仲間との飲み会の中止など帰宅が遅れる行事を全て断っている。異動により給与も下がるのだが、こういった事が耳にした子育てによる「犠牲」なのかと考えるものの、仕事は他人にまわせても、りんの保護者の代わりはいない事を認識する。
りんの母親・吉井正子を探し出し話し合いをしたものの、正子の態度から逆に大吉自身でりんを育てる決意を固める結果になった。正子からりんの名字を大吉と同じようにするよう言われるものの、りんが「鹿賀」の苗字にこだわった事から養子縁組はしていない。りんが父親はあくまでも宋一であるとしている事から、感情面でも自身を「りんの父親」とは思っておらず、家族として同居人として時に対等に接する。
りんの中学時代
りんは順調に成長していたが、りんの幼馴染の二谷コウキの方で家庭問題が大きくなり、コウキの母・ゆかりからの相談を受ける事が多くなった。
コウキの事で悩むゆかりにプロポーズに近い同居を提案するが、りんとコウキの関係がそれまで通りにいかなくなっており、保留という形で終わってしまう。
りんの高校時代・その後
40歳で独身のままである。会社では、りんが高校生になった事もあり再び残業をするようになっが、就業後の飲み会には行っていない。りんの帰りが少しでも遅いと、怒り出す心配性。
りんとコウキの問題が決着したが、2人の関係が変わってしまった事により保留していたゆかりとの結婚話は、破談に終わることになる。後にゆかりの結婚が決まった際も表面上は冷静であったが、内心はひどく落ち込んでいた。
りんの母親である吉井正子とは変わらずお互いに理解が合わない。どんな理由であれ、りんを捨てていった事には変わりがないため、りんにもはっきりと「大嫌い」と発言している。
りんの大吉に対する想いが、親としてもあり異性としてもあると、りんからの告白をされた際はハッキリと拒絶した。それにより、りんとの関係が瓦解する事を恐れたためである。だが、血縁関係がない事を知ったりんの決意が定まった事から、大吉も覚悟を決めることになる。ただし、大吉はりんに対してはあくまで父性しか持ち合わせていなかったなど気持ちの整理もあり、りんの高校卒業までの2年間の猶予期間を提言した。
大吉の複雑な思いは完全には消える事は無かったが、りんの高校卒業後、彼女の気持ちに応えた。りんが大学生の頃には、りんを妻として扱うようになっていた。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
河地大吉とは?(うさぎドロップ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

りんや親しい関係者からは「ダイキチ」と呼ばれ、衣料品メーカーに勤めている。基本的に女性と子供を苦手としているが、りんのことを第1に考えタバコをやめるなどをしている。

年齢

30 歳

性別

あだ名

ダイキチ

声優

土田大

俳優

松山ケンイチ

髪の色

学校・会社

糸由

職業

アパレル

父親

河地健二

母親

河地幸子

兄弟・姉妹

河地カズミ
自分の叔母を育てるイクメン「河地大吉」の魅力とは?『うさぎドロップ』
【画像】河地大吉(うさぎドロップ)
 『うさぎドロップ』は、主人公「河地大吉」が祖父の隠し子である「鹿賀りん」を育てる育児漫画だと思っている人はいませんか?確かに前半は大吉が子育てに奮闘するストーリーなのですが、後半は成長したりん(と大吉)の、実は10年ものの壮大な恋愛漫画なのです。現代版の光源氏といっても過言ではないのかもしれません。今回は、そんな「河地大吉」の魅力についてご紹介します。
思い立ったら即行動
 りんを引き取ることになった理由は、祖父の葬式の後、誰もりんを引き取ろうとしなかったから・・・。祖父の死に涙を流すりんを見て、「自分が守ってやろう」と思ったのですね(子供は苦手だったはずなのに)。そしてりんを育てるために、花形部署から残業の少ない部署への異動を自ら志願。こんな思い切りの良い行動、なかなか取れるものではありません。とはいえ、恋愛についてはとても慎重派なようで、りんに告白された時も「2年待って欲しい」と言っています。子供の扱いは上手になっても、女性の扱いは苦手なままのようです。
健康優良児?
 子供の頃は、Tシャツに短パン姿で学校の廊下を走り回り、給食時間は誰よりも早く食べ終えることがモットー。そんなやんちゃ坊主が成長した姿が大吉です。本人は子供が苦手と言っていますが、いざ子供と遊ぶとなると同じ目線に立って遊んでくれるので、子供には人気です。大吉のパパぶりが様になっているのも、子供の頃の大吉がルーツになっているのかもしれません。りんという若いお嫁さんも貰うことですし、大吉ならきっとりんを育てた経験を、自分の子供を育てる時にも役立てられるはず。良いお父さんになりますね。
りんは理想の娘で高嶺の花
 成績優秀、料理上手に編み物上手。おまけに倹約家で無駄使いもなし。そのようにりんを育てたのは大吉自身ですが、完璧に育った娘が選んだのは大吉だったというわけですね。

 父親の立場から考えると、大切な娘を手放すのは惜しく、しかし大切な女性に愛されていることが分かり拒否をすることもできない。自分自身が1人2役となって葛藤する羽目になり、りんに告白されて以降の2年間、大吉はある意味心の中が修羅場だったかもしれません。40過ぎた大人が「母ちゃんに何ていえばいいんだ・・・」と焦ってる姿は可愛かったですね。結局、大吉はりんとの交際について、どのように親にカミングアウトしたのでしょうか・・・?

 大吉はただのイクメンではありません。イクメンと恋人を見事に共存させた稀有な男なのです。 大吉がお父さんだったらいいなぁと思う人、大吉とだったら子育てしたみたいなぁと思う人がたくさんいると思います。そんな魅力的な「河地大吉」の姿、そして『うさぎドロップ』というハートウォーミングな名作を、ぜひご自身の目でお楽しみ下さい。
(C) 2011 宇仁田ゆみ/祥伝社/アニメ「うさぎドロップ」製作委員会

記者(あきにゃん【公式】さん)

関連画像

マメタロウさん
0 pt
マメタロウさん
0 pt
マメタロウさん
0 pt
マメタロウさん
0 pt
マメタロウさん
0 pt
マメタロウさん
0 pt
マメタロウさん
0 pt
マメタロウさん
0 pt
マメタロウさん
0 pt
マメタロウさん
0 pt
マメタロウさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



河地大吉についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>うさぎドロップのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!