アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:のばらさん

ルーシー

ルーシー

エルフェンリート

0

pt

作品紹介

タイトル エルフェンリート
サイズ
説明
ジャンル バイオレンス、エッチ、グロテスク、サイエンス・フィクション SF
作者 岡本倫
出版社 集英社
連載 ヤングジャンプ
開始 2002年6月6日
終了 2005年8月25日
冊数 全12冊
タイトル エルフェンリート
監督 神戸守
アニメーション制作 アームス
製作 バップジェンコ
放送局 アニメシアターX AT-X
放送開始 2004年7月25日
放送終了 2004年10月17日
話数 全13+1話

出典:wikipedia

誕生日:10月9日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ルーシーとは?(エルフェンリート)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

現人類を絶滅に追い込むことのできる新人類「ディクロニウス」のオリジナルかつ唯一生殖機能を持った個体。新人類のミトコンドリア・イブとなる個体でもある。

誕生日

10月9日

声優

小林沙苗

髪の色

ピンク
哀しき過去を背負ったディクロニウス「ルーシー」の魅力とは?『エルフェンリート』
【画像】ルーシー(エルフェンリート)
 ひとつ先のシーンでさえ、読み手の予想を上回っていく展開。細部まで計算しつくされたストーリー創りに定評のある「ノノノノ」や「極々のブリュンヒルデ」でおなじみの岡本倫先生の初連載作品『エルフェンリート』。思わず目を背けたくなるようなショッキングな描写で話題となり、地上波放映時には大量の残虐シーンを修正・カットされた上で放送されるという伝説を生み出しました。
本作の舞台は「鎌倉」
 いつからか、日本各地で生まれたばかりの幼児の頭部に二本の角が生えるという怪現象が起き始めます。それらはディクロニウスと呼ばれるミュータントで、人類を滅亡させる危険性を孕む存在として、一部の限られた人間だけがその存在を知り、そして恐れられていました。ディクロニウスについては完全に機密扱い。存命する個体は施設に隔離されて研究されていました。しかしある時、その内の1体のディクロニウスの脱走を許してしまいます。

 ルーシーはコウタと並ぶもうひとりの主人公。ピンク色の長く伸ばした髪にすべてを見下すような紅い瞳から放たれる冷たく鋭い眼光。頭部にはまるで髪飾りのように2本の角が生えています。その普通ではない突起物から読み取れる通り、彼女は人間ではありません。

 その正体は人類を滅亡させる危険性を孕むミュータント「ディクロニウス」。ある施設に隔離されていた所を逃亡。その際、警備員や研究員を大量虐殺しました。しかし、施設から抜け出した直後に頭を狙撃されてしまい、一時的に人格が眠ってしまいます。漂流して海岸に流れ着いた所をコウタとユカに助けられました。狙撃されたショックで生まれたもうひとつの人格が「にゅうにゅう」としか言葉を話せない事から、コウタに「にゅう」と名付けられます。
ディクロニウスとは
 ベクターと呼ばれる通常は見えない特殊な腕を持っており、それらを自由自在に操ることが出来ます。高速移動と高周波微振動による切断能力による常軌を逸した力を持ち、それは武器ではなく別な目的を持つと言われています。射程範囲は個体によってバラバラで、ルーシーの場合は射程2メートル。射程範囲が短いほど力が強くなる傾向があります(ルーシーよりもベクターが長いナナの方が力は弱い)。

 ルーシーの場合、対象にある程度距離を置かれると手出しできなくなるので、近くにある物を投げて攻撃することで弱点をカバーしています。物を投げるといっても、ルーシーのベクターの力は凄まじいため、ボールペンや小さなゴミでさえも投げつけられた側は致命傷を負いかねません。そこにある物すべてが凶器へと変貌するのです。隔離されていた施設では「絶対にルーシーの射程範囲内には物を落とすな!」というマニュアルがあったほどです。
もうひとつの人格
 コウタ達と生活している間の大半は、この「にゅう」と呼ばれる人格です。ルーシーの時の残虐性はまったくありません。「にゅう」という一言しか話せず、コウタ達も彼女とのコミュニケーションには苦労しました。無垢で明るい性格で、食べ物を前にして目をキラキラさせてよだれを垂らしたりと愛くるしい癒し成分が多めです。

 コウタが熱で寝込んでしまった時、コウタが欲している「水」の意味が分からず、悩んだ末にスリッパを持ってきて笑顔で「水!」と自信満々に差し出します。後に、ユカが帰ってきた時には、にゅうが持ってきた色々な“彼女が水だと思ったもの”がコウタの周辺に散乱しており、それを見たユカは「何かのおまじない?」と首を傾げました。色々試行錯誤した結果ではあるのですが、コウタをガラクタが取り囲んでいる様はなかなかシュールです(笑)。しかし、辛そうなコウタを助けてあげようと一生懸命立ち回ったり、持ってきた物を得意げに差し出すにゅうちゃんは可愛さ100点満点でした。
楽しかった思い出
 ルーシーがまだ子供だった頃、髪は現在より短いショートカットでした。この頃の彼女は明るくてちょっぴり強気なボーイッシュ風の女の子です。知り合ったコウタと仲良くしたいのに冷たく接したりと素直になれない普通の女の子のようです。しかし、彼に角のことを「カッコいい」と褒めて貰ったり、「コンプレックスなら隠せばいい」と紺の帽子をプレゼントして貰ったりと、次第に心を許し、惹かれていきます。

 コウタに動物園に誘われた時は「動物なんて興味がない」と最初は素っ気無く言いつつも、いざ行ってしまえば出会う動物全てに目をキラキラさせながら感動して大はしゃぎ。それにはコウタも「象やキリンであんなに喜ぶの初めて見た。」とちょっとばかり呆れ気味になるほど・・・。他にも、川で一緒に遊んで服を濡らしてしまい服を乾かす間、背中を付き合わせて一緒に座る、ちょっぴりドキドキする展開もありました。コウタと遊んでいる時の彼女の可愛さに魅了された視聴者は多かったと思います(笑)。

 人類を滅ぼすと言うDNAに刻まれた本能に苦しめられてきた「ルーシー」。ひとつひとつの歯車が噛み合わずに狂っていき、それが悲惨な結末を生んでしまいます・・・。「あの時こうだったら・・・」「あれさえなかったら・・・」と、どうしても考えてしまう・・・そんな切なさがありますね。子供時代のコウタとのひと時だけが唯一の救いでした。
(C)岡本倫/集英社・VAP・GENCO

記者(真夏日【公式】さん)

関連画像

のばらさん
0 pt
のばらさん
0 pt
のばらさん
0 pt
のばらさん
0 pt
のばらさん
0 pt
のばらさん
0 pt
のばらさん
0 pt
のばらさん
0 pt
のばらさん
0 pt
のばらさん
0 pt
のばらさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



ルーシーについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>エルフェンリートのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!