アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

北島マヤ

キタジママヤ

ガラスの仮面

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

生い立ち・性格
横浜中華街にあるラーメン屋の住み込み店員である母親のもとで貧しい幼年期を過ごす。父親について、作中では一切触れられていない。幼少期からテレビドラマ好きで、母親には仕事をサボる口実と思われテレビを見ることをたびたび禁じられたが、それでもテレビドラマや演劇を見たいと言う熱意は失われなかった。
背が低く、格別美人でもなく、勉強もできず、不器用な自分に劣等感はあるものの、優しく感受性が強い、朗らかで素直な性格。他人からたびたび「どこにでもいる平凡な少女」と評される。
しかし、彼女には類い希な演技の才能(の素質)があった。役になりきるためにはどんな苦労もいとわず、一度舞台に立つと、役柄と完全に同一化して天才的な演技力を発揮する、いわゆる「憑依型」女優。型破りな演技は見る者に新鮮な印象を与え、強いインパクトを残す。しかし役柄に没入できないと、精神的に動揺して舞台で失敗することもある。またテレビや映画などで一度見た演劇を完璧に記憶する才能があり、台詞を一字一句間違えずに暗誦でき、その動きもある程度ならば再現できる。生まれ育った境遇からスポーツや(演技の下地となる)ダンスや日本舞踊などの経験に乏しいため、身体能力を必要とする演技は苦手だが、短時間の特訓で完璧なリズム感を身に付けるなど、その才能を垣間見ることはできる。
師匠である月影千草から、良きライバルである姫川亜弓とともに「紅天女」候補に認定されている。

劇団つきかげへ
往年の大女優である月影千草にその才能を見出され、母親の反対を押し切り、家出して月影のもとで女優への道を歩む。劇団の仲間と友情を育み、師匠の元で演技を磨いていく。決して慢心することなく、演技を磨くためにひたむきに努力する姿が多くの人々の胸をうつ。初めての発表会「若草物語」では、ベス役に抜擢され、高熱を押して出演。そのひたむきさは大都芸能の速水真澄の凍れる心を溶かした。
その後、全日本演劇コンクールの東京地区予選で亜弓と「たけくらべ」の美登里役を競演、同率1位という結果を得る。その後の全国大会では、劇団オンディーヌの小野寺理事にそそのかされた仲間二人の裏切りによって追いつめられるが、一人舞台をこなし、審査対象からは外されたものの、一般投票では1位を獲得という結果を得るが、その強烈な存在感は時に共演者の演技を霞めてしまうこともあり、かつて月影と芸を競った名女優・原田菊子をして「舞台あらし」と呼ばしめ、畏怖させた。
経済的な理由から高校への進学は諦めていたが、紫のバラの人による支援で、演劇活動で有名な一ツ星学園高等部へ進学する。

大都芸能へ〜芸能界追放
諸事情により、月影から劇団からの破門を言い渡される。そして「奇跡の人」のヘレン・ケラー役のオーディションを受けることを決意、見事亜弓とのダブルキャストという結果を勝ち取る。そして自分のヘレンを演じ切り、アカデミー賞演劇部門の助演女優賞を獲得。受賞席の場で、亜弓とともに「紅天女」の正式な候補として発表される。
大河ドラマへの出演が決まった後は、正式に大都芸能の所属となる。様々な嫌がらせを乗り越えながら、共演者である里美茂と恋愛関係になる。またこの時期、熊本から上京してきた乙部のりえを付き人に迎える。
この頃、マヤの母は病気のためラーメン屋を解雇され、真澄の思惑により療養所に軟禁されていたが、それらの事実がマヤに伝えられることはなかった。しかし母の訃報が耳に届き、のりえの策略で前述の事実を知らされると、ショックで仕事を放棄し、暴走族と夜を明かす。まもなくこのスキャンダルが報道され、大河ドラマに相応しくないとして役を降ろされる。その後真澄の力でいくつかの舞台に客演するが、いずれも舞台の途中で台詞に詰まるなどの失態を犯したため、役者失格だとして事実上芸能界を追放される。

芸能界復帰
芸能界を追放され失意のどん底にいたところを真澄に連れ戻され、大都芸能との契約を解除する条件として、亜弓主演の舞台に端役として出演する。この舞台で、劇中で食べるまんじゅうを泥まんじゅうにすりかえられるという嫌がらせを他の出演者から受けるが、舞台上で見事泥まんじゅうをおいしそうに食べてみせ、真澄と亜弓に演劇の世界から逃げないことを誓うのだった。それを見た真澄によって劇団つきかげの仲間の元に送り届けられた。
しかし月影による破門は解除されず、劇団つきかげへの復帰が不可能となり、演じる場がどこにも無くなってしまう。学校の演劇部からも「プロ経験のある人はお断り」と入部を断られる。しかし、学校の学園祭で一人芝居をしようと決意。一人芝居「女海賊ビアンカ」は成功を博し、2作目の上演も決定。演劇部からも定期公演への客演を依頼されるなど、徐々に活動の場を広げていく。
同じ頃、亜弓も一人芝居「ジュリエット」を上演していた。演劇への情熱は取り戻したものの、真澄に連れられ「ジュリエット」を観劇し、亜弓との演技力の差を痛感。亜弓は「ジュリエット」でアカデミー芸術大賞を受賞し、「紅天女」の後継者として月影から指名される。しかし、マヤにも「2年以内にアカデミー芸術大賞もしくは同等の賞である全日本演劇協会最優秀演技賞を受賞すれば「紅天女」候補とする」最後のチャンスが与えられるのだった。
その後、月影に劇団つきかげへの復帰を許可され、劇団つきかげ+一角獣が行った屋外公演「真夏の夜の夢」で圧倒的な観客動員を獲得するが、つきかげ+一角獣が大都芸能のバックアップを受けることになり、かつて大都芸能をクビになった経験からその計画から外され再び孤立。しかしこれは、亜弓と月影が共演する舞台「ふたりの王女」に目を向けさせるための真澄の策略だった。 「ふたりの王女」の舞台裏では共演者の一人が突然降板する事態が発生しており、急遽開催された代役オーディションを受けることに。「千の仮面を持つ少女」の異名に相応しい演技力で他の受験者を圧倒。見事、王女アルディス役に抜擢される。

紅天女候補へ
アルディス役を好演した後、『ハムレット』のオフィーリア役など様々な芝居のオファーが来るが、その中で演出家である黒沼龍三から『忘れられた荒野』の主人公(狼少女・ジェーン役)のオファーを受け、それを演じる事に。黒沼は演劇に熱が入るあまり会社との間でトラブルを起こす人物で、上演場所も廃屋じみた劇場、おまけに同じ会社の別の芝居『イサドラ!』にスチュワート(ジェーンの家庭教師)役の桜小路優が危うく引き抜かれそうになるなど、彼女にとって逆境の連続だったが、それでも自身による山籠り特訓での成果や、真澄の裏から表からのアシストにより「紅天女」候補復帰への条件である全日本演劇協会最優秀演技賞を受賞し、「紅天女」候補に復帰する。それと同時に真澄=「紫のバラの人」という真実を知り、衝撃を受ける。
「紅天女」の故郷である梅の里で亜弓とともに、月影から与えられる四大元素を基にした厳しい課題をこなしていく。その過程で亜弓がマヤの才能に嫉妬していたことを知り驚くも、良きライバルとして再び闘うことを誓う。そして、あれほど憎んでいたはずの真澄に対して抑えきれないほどの恋愛感情が芽生えていることに気づく。

出典:wikipedia

誕生日:2月20日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【北島マヤ】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



北島マヤについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ガラスの仮面のキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!