アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

仙道彰

センドウアキラ

SLAM DUNK

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

2年、190cm 79kg、背番号13(1年)→7、F、PG、SF。バッシュ:コンバースアクセレレーターRS1HI陵南のエースプレイヤーで、天才と称されるオールラウンダー。田岡により東京の中学からスカウトされた。池上曰く、かつてはバリバリの点取り屋で、高校の公式デビュー戦となった前年度のインターハイ予選湘北戦では47得点を記録した。その後はチームプレイも覚えてチーム全体と試合の流れを考慮したプレイスタイルへと変化し、「魚住、福田なんかよりはるかに恐い」と赤木に言わしめた得点力、花道と流川のダブルチームや流川と花道のディフェンスを立て続けて抜き去るドリブルの技術に加え、ゲームメイキングの才能も開花。インターハイ予選決勝リーグではポイントガードもこなし、それに必要な要素の多くも兼ね備え、2年生にして神奈川No.1プレイヤーと称される牧と肩を並べる存在にまで成長し、同大会の神奈川ベスト5にも選出された。精神的にムラがあり、強敵とのマッチアップや危機感を持たないとなかなか集中力が起きないが、プレイヤーとしての実力は魚住や池上ら先輩も含めたチームメイトおよび田岡から絶対の信頼を持たれている。また、発言にも非常に説得力があり、チームが劣勢の流れであってもチームメイトに落ち着きを取り戻させ、2年生ながらもキャプテンとしての器も持ち、魚住と池上の引退後は陵南の新キャプテンに就任した。湘北との練習試合では花道の隠れた類い稀な才能をチームメイトの誰よりも早く見抜き、試合後には花道に自身を倒すつもりなら死ぬほど練習するよう進言する。その後も花道のプレイや成長に注目するなど一目置いており、花道をライバルとして意識している。流川との1on1を心の底から楽しんでいる一方で、試合でも1on1に走りがちな流川の欠点を見抜いており、「最後に俺が勝つ」との自信を持つ。インターハイ前に流川が自身に勝負を挑んできた際には、彼のプレイスタイルでは彼自身の才能を活かし切れていないことを告げ、「1on1もオフェンスの選択肢のひとつにすぎないことがわからないうちは、お前(流川)には負ける気がしない」との言葉を送った。インターハイ予選湘北戦終了後には、牧に県予選での敗退を惜しまれ、週刊バスケットボールでは、記者の弥生に気に入られたこともあってインターハイに行けなかった地方の一高校生にもかかわらず特集が組まれた。時間にはルーズであり、湘北との練習試合時には寝坊して遅刻したにもかかわらず堂々と登場して田岡に呆れられている。中学時代に、同学年の沢北との対戦経験があるらしいが、彼には勝てなかった。逆立てた髪型から、作中では観客に「ツンツン頭」や「ハリネズミ」とも呼ばれている。海釣りが趣味で、原作終了後の黒板漫画では大物が釣れたと喜んでいたが、部活は頻繁にサボっているようであり、魚住には叱責され、田岡からは早くもキャプテン交代の噂が立てられていた。なお、彦一からは「天才で生まれついてのリーダーだが、それはコート上においてのみ」と言われていた。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【仙道彰】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【仙道彰】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


仙道彰についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>SLAM DUNKのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!