アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:ぷにおさん

遊佐恵美

ユサエミ

はたらく魔王さま!

0

pt

キャラクター紹介

メインヒロイン。大法神教会の勇者。天界の金属“天銀”をその身に宿し、“進化聖剣・片翼(ベターハーフ)”を自在に操る。天使ライラと人間ノルド・ユスティーナの間に生まれた身。以前は父と共に西大陸スローン村で暮らしていたが、魔王軍の侵攻の際、天使と人間のハーフ故に教会に引き取られ、村は魔王軍によって壊滅したと知る。以後、魔王への復讐を心に誓い、大法神教会で法術を学び、魔王軍との戦いに身を投じ、進化聖剣・片翼を手に悪魔大元帥達を倒して行く。遂には中央大陸にて魔王サタンとその腹心アルシエルを追い詰めるが、あと一歩のところでゲートへ逃げられてしまう。魔王達を追って日本へと渡ってきたが、魔王同様に聖法気を自力で回復できず、遊佐恵美と名を替え、ドコデモグループお客様相談センターの契約社員としてテレフォンアポインターの仕事に就いている。法術により外国語が堪能で、職場では外人からの問い合わせに重宝されている。彼女自身は戦争を終結し、父の仇である魔王を討ち斃したら剣を捨て故郷で父の畑を守るつもりでいたが、大法神教会は「戦争を終結させた英雄」に民衆の支持が集まることを快く思っておらず、エンテ・イスラの権力争いや天界の暗躍に巻き込まれていくこととなる。身体能力が長けているが、頭脳労働はエメラダやオルバに任せきりだったため常識に疎く、教会騎士団に所属の身でありながらセフィロトなどの存在を知らなかった。勇者らしく真面目で優しく思いやりのある性格であるが、過去の一件ゆえに魔界の者に対しては全く容赦がないため、短気かつ意地っ張りな面が強調されている。 魔族に対してたびたび脅迫まがいの言葉を発するため、魔王城の面々からは「勇者らしくない」と評される。真奥達と再会当初は出会うたびに彼らに難癖をつけ、監視と称してストーカーまがいの張り込みを続けていた。しかし、オルバとルシフェルの襲撃を機にエンテ・イスラ絡みの事件でなし崩し的に真奥達と共闘を続けることになり、さらには真奥の器の大きさや自分を気遣う感情を向けられることで戸惑いを見せ、千穂やアラス・ラムスの存在もあって次第に態度を軟化させていく。以降、恵美自身気づかぬまま真奥達との奇妙な関係に居心地の良さを感じるようになっていった。自身を母と慕うアラス・ラムスと同居してからは、魔王との「両親の殺し合い」を見せることを憚り、彼らを抹殺することを明確に躊躇するようになる。さらにはガブリエルから父・ノルドが生存し、地球にやって来ていると聞かされたことで戦う理由を失い苦悩する。その後、エンテ・イスラで何が起こっているのかを調べるため、アラス・ラムスと共に故郷スローン村へと帰郷。父の残した記録から母・ライラの旧居に辿り着くが、アラス・ラムスの聖法気を察知されオルバにより軟禁されてしまう。故郷や麦畑を人質同然に取られ、否応なく東大陸でのマレブランケ討伐の神輿に担ぎ出され、望まぬ戦いに身を投じていく。既に悪魔に対する認識を改めていた彼女は戦いの中でマレブランケ達の命が失われていくことに精神をすり減らし疲弊していくが、芦屋からの手紙で望みを取り戻した後は、純粋に真奥に縋る自分を受け入れる。そして駆けつけた真奥達に救われ、父ノルドとの再会を果たし日本へ帰還。千穂や梨香と念願の再開を果たすのであった。17歳(8巻で18歳)であるが日本では仕事に就くために20歳と誤魔化している。ゆるキャラ「リラックス熊」のグッズを集めているなど、かわいいもの好き。また時代劇が好きで、スマホの着信音を時代劇のOP曲にしている程。東京都杉並区永福町アーバン・ハイツ永福町501号室在住。オートロック付きのリビングがあり八畳二間、エアコンとバスルーム、IHクッキングヒーターが付いて家賃5万円(どういうわけか幽霊が住み着いていた)。特技は除霊。身体的特徴としては貧乳気味で、作者公認でネタにされている。テレアポの職場については、エンテ・イスラ編において1ヶ月の無断欠勤状態となってしまったことが原因で、解雇されてしまった事が帰還後に梨香の口から告げられている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
遊佐恵美とは?(はたらく魔王さま!)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

ヒロイン。本名はエミリア・ユスティーナ。大法神教会の勇者。人間と天使のハーフ。魔王貞夫を追って日本にやって来た。真面目な性格で日本では契約社員として働いている。

年齢

17/20 歳

性別

通り名

救世の勇者

声優

浅川悠/日笠陽子

髪の色

赤紫

髪型

ロング/右サイドを三つ編み

学校・会社

ドコデモグループお客様相談センター

職業

テレホンアポインター

父親

ノルド・ユスティーナ

母親

ライラ・ユスティーナ
魔王討伐を誓う女勇者兼テレアポの契約社員?「遊佐恵美」の魅力『はたらく魔王さま!』
【画像】遊佐恵美(はたらく魔王さま!)
 『はたらく魔王さま!』は、ライトノベルとして発売され、アニメ化されることでさらなる人気を得ました。主人公でもある魔王が勇者に敗れ、逃げた先が運悪く魔力のほとんどない日本。どうにかしようにも魔力がないためどうにもなりません・・・。仕方なく生活しながら再起をはかろうとするのですが、追いかけてきた勇者や元の世界の住人たちが登場し、事態はさらに混沌としていきます。その勇者こそ今回ご紹介するエミリアであり、日本での名を「遊佐恵美」(ゆさえみ)と言います。しかし、彼女もまた魔力の使えない日本では、魔王を簡単に倒すことができずに苦労するのです。
並々ならぬ魔族に対する嫌悪
 これは恵美の父が、ある魔族の襲撃によって殺されたというのが原因です。その結果、彼女は魔王の討伐(魔族の殲滅)に乗り出します。そして出自も特別な彼女はめきめきと頭角を現し、その実力は魔王とその腹心を追い詰めたというほど。

 そんな彼女ですから、魔王たちとの会話シーンではとにかく怒っていることが多いです。彼らのやることなすこと全てに腹が立って仕方がないのでしょう。その怒りは魔王たちの貧相な食卓風景(こんにゃくときゅうりのみ)にまで飛び、「こんな奴を倒すために世界を渡ったの!?」とそのボルテージを上げていきます。確かに6畳一間で金欠にあえぐ魔王の姿など見たくありませんよね(笑)。しかし、この嫌悪も相手を知るうちに少しずつ薄れていきます。相手の人柄を知るとどうしても情が湧いてくるもの・・・。特にその相手が優しく真面目なのですから余計に・・・。
から回る正義
 恵美はとにかく魔族を嫌っていますので、魔王が何かをしようとするとその裏に隠されている真意を見極めようと“無駄な時間”を過ごします。仕事が終わったあとは彼らの監視をして、怪しいと思えばこっそりあとをつけ(結局スーパーで特売の卵を買っただけ)、またあるときは足早に出かける彼らを追っていき(銭湯が閉まるから急いでいただけ)、そこから分かったのは、彼らが普通の生活を送っているという事実だけ。ここまでくると恵美が必死になって行動すればするほど、その虚しさは大きくなります。そんな彼女に追いうちをかけるのが、悪魔の実験と称してきゅうりに蜂蜜をかけメロンの味を楽しむ彼らです。両者のギャップが面白すぎます。
表情が可愛い
 怒っているシーンの多い恵美ですが、それゆえに他の表情を見せたときには、格別に惹かれるものがあります。彼女も魔王が絡んでいないときは普通の女の子ですから。しかし、やはり彼との絡みで感情を露わにする彼女が一番魅力的です。個人的には魔王と恋人に間違えられたときの彼女の表情が良いですね。顔芸ができる勇者というのも珍しい気がします。

 最初は見事な勇者を演じていた恵美が、いつの間にかコメディ担当へと変わっています。どうしてこうなったのでしょうか!?彼女には悪いですが、すごく板についていて物語をさらに面白くしてくれます。まだ観ていないという方は、是非彼女の魅力たっぷりの姿や表情を、一度ご覧になってみて下さい。
(C)和ヶ原聡司/アスキー・メディアワークス/HM Project

記者(けみ【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



遊佐恵美についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>はたらく魔王さま!のキャラクター 一覧
184回
183回
182回
181回
180回
179回
178回
177回
176回
175回
174回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!