アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:akiさん

千手柱間

センジュハシラマ

NARUTOシリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

初代火影。木ノ葉隠れの里の創設者の一人で、戦国時代、うちは一族と双璧を成し、数多の忍一族から一目置かれ且つ恐れられた伝説的な忍。「森の千手一族」の長であり、六道仙人の血筋でもある。綱手の祖父。享年不明。身長185cm。体重74kg。当時、忍界において「最強の忍」「忍の神」と謳われ、唯一水遁と土遁を組み合わせた木遁忍術だけでなく仙術チャクラをも扱い、さらには尾獣をも操ることが可能で、その傑出した力を駆使し、戦国の世で頂点を極めた。また、うちはマダラをも超える人心を掌握するカリスマ性をも併せ持った、稀代の英雄でもある。かつて共に最強と恐れられ、木ノ葉隠れ設立に協力したマダラからも一種の尊敬を受けていた。ダン曰く、「うちはマダラに勝てる忍は初代火影柱間様をおいて他に居ない。」らしい。マダラ自身もそのことは認めている。愛情に溢れ、何よりも里の者達のことを第一に考えた人格者。ただし性格は厳格ではなくむしろ大らかで、すぐに落ち込む癖がある。さらに賭け事好きでもあり、孫の綱手を無類の博打好きにさせた張本人でもある。このように、火影としては生臭的な面が目立ち、二度目の蘇生時に対面した水月には威厳のなさを心中で指摘されていたが、いざというときには扉間さえ怯ませるほどの気迫を発し、水月から一転して「貫禄半端ねぇ」と言わしめた。また、このときは穢土転生の精度が上がっていたため、柱間細胞を吸収した大蛇丸でさえその自由を完全に縛ることができず、「他の火影とは別格」と言わしめた。幼少期、互いが敵同士とは知らずにマダラと出会い友人となるが、一族間の争いの果てに敵対することになる。成人後に彼に勝ち和解し、協力して木ノ葉隠れの里を興す。しかし里の方針を巡りマダラと対立、「終末の谷」で決着をつけ、彼にとどめを刺すことになり、この時柱間は、忍とは「目標のために耐え忍ぶ者」であることを悟った。また、後に暁のメンバーとなる角都とも戦い、退けたこともある。その後、この世を去る。死後から数十年後、木ノ葉崩しに際して大蛇丸の穢土転生の術により弟の扉間と共に蘇生される。自我を消された状態で三代目と戦うことになり、木遁の術と二代目との抜群のコンビネーションで三代目・ヒルゼンを追い詰めていくが、最終的に屍鬼封尽により封印された。しかし、大蛇丸に操られていたせいか、本来の力を発揮できなかった模様。扉間曰く、木の葉崩しの穢土転生は劣化版。(本来の力で転生していれば、自我を保った状態で縛りを解けた。)でそれから約3年後の第四次忍界大戦の最中、屍鬼封尽を解いた大蛇丸により再度蘇生され、サスケに自分とマダラの因縁、ひいては千手とうちはの争いから始まる木ノ葉設立のあらましを語った。結果、サスケが里を守ることを選択したことで、歴代火影たちや大蛇丸やサスケ率いる「鷹」のメンバーとともに戦場へ向かう。

出典:wikipedia

誕生日:10月23日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

リョウさん
0 pt
あつこさん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【千手柱間】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


千手柱間についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>NARUTOシリーズのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!