アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:うさまろさん

千手扉間

センジュトビラマ

NARUTOシリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

二代目火影。初代火影・柱間の弟。享年不明。身長182cm。体重70kg。高等忍術である“飛雷神の術”、“穢土転生”、“影分身の術”などを開発した人物。柱間と同じく、六道仙人の血筋。兄の意志を受け継ぎ、火影となって忍者学校(アカデミー)や木ノ葉警務部隊を始めとする組織としての木ノ葉の里を創始した。水遁系の術や時空間忍術を得意とし、水がない所でもレベルの高い水遁忍術を使うことができる。目的に向かい情熱的に邁進する性格だが、同時に里のためなら非情な手段も辞さないリアリストな一面も持つ。猿飛ヒルゼンを弟子にし、「サル」と呼び親しんでいた。雲隠れとの協定の際に二代目雷影らと共に金角・銀角兄弟によるクーデターに遭遇し、逃亡の末に自らが囮となり、別れ際にヒルゼンを三代目火影として任命し散った。柱間と共に、死後に大蛇丸の穢土転生により復活しヒルゼンと戦うことになるが、最終的に屍鬼封尽によって封印された。その当時は柱間と同様、本来の力を発揮出来なかった模様。飛雷神の術を使わなかったのは劣化した状態で穢土転生されたために縛られたためで、縛られると飛雷神の術は使えない。本来の力は、サスケや大蛇丸などの実力者を片指だけで威圧し、大蛇丸が柱間細胞を吸収しなければ穢土転生の縛りを解けるほどである。また、感知タイプの忍でもあり、大蛇丸が柱間細胞を吸収していることを視認することができる。それから約3年後の第四次忍界大戦の最中、他の先代火影たちと共に大蛇丸によって再度蘇生され、サスケにうちは一族について語った。自ら行った里の政策がうちは一族の滅亡を引き起こしたことに関しては悪びれた様子を見せず、むしろうちはの滅亡は里の都合上なるべくしてなったものと解釈していた。うちは一族の危うさと、マダラと同じ思想の者が出現することを警戒し、うちは一族を警務部隊という形で里の中枢から遠ざけていた。また、人間を蘇らせて操る最悪の禁術である穢土転生を開発したことから、うちは一族や他里の忍からは悪名高い人物として知られている。後にサスケが戦場へ行く決意をしたことで、サスケたちと共に戦場へ向かう。

出典:wikipedia

誕生日:2月19日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【千手扉間】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【千手扉間】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


千手扉間についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>NARUTOシリーズのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!