アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:オレオレさん

ベアトリーチェ

ベアトリーチェ

うみねこのなく頃に

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

右代宮家で魔女と呼ばれている存在。千年を生きた黄金の魔女にして“無限の魔女”。1人を“無限に”殺す力を持つ。episode1の「お茶会」にて初めてその姿を現す。一人称は「妾」。「本作で起こる殺人事件は自分が魔法によって直接、もしくは間接的に起こしたものだ」と主張しており、それを納得しようとしない戦人との間で推理ゲームを行っている(episode2以降)。親しき者には「ベアト」と愛称で呼ぶことを許している。既に人間の域を逸脱し、悪魔のように人間に召喚されては対価と引き換えにその力を貸し与えているという。金蔵との契約で右代宮に富を与えたということで「右代宮家顧問錬金術師」を自称している。六軒島の広大な未開の森の主として右代宮家で語り継がれてきた存在であり、今なお外界から隔絶された六軒島に不穏な気配を漂わせている。その性格は高圧的かつ我侭で、魔女たちの中でも一際残忍であると言われている。自分を敬わない者には攻撃的な感情を露にし、激しい罵りの言葉を浴びせる。しかし、一部のニンゲンに対しては手助けの魔法を施したり、慣れ親しもうとするなど好意的な一面を見せることも多く、時には子供のように我侭を言うなど非常に気まぐれで起伏の大きい内面もある。好きなものは紅茶とアイスクリームで、嫌いなものは退屈と、自分を否定する者。その実体は「ニンゲンの誰かではなく、この世界のルールが擬人化した存在」とされているが、幻想浸食の進行によって六軒島に顕現し、眷属や魔女の家具を従えて物語を引っ掻き回す。また、メタ世界では、物語上の絶対的真実を“赤文字”で語ることで戦人の推理を否定し、苦しめる。強力な力を持つ魔女だが様式美に拘るため、その行動には無駄が多く、時に遊びが入っているとさえ言われており、ラムダデルタは彼女を「軽くて広い弾幕」、またはジャンケンの「グー」と称した。episode1からepisode4のゲームマスターであり、episode4ラストにて戦人の青き真実により敗れ、最後の謎である「戦人以外の全員が死亡した状況で戦人以外の何かが戦人を殺害する」を出題し生きることを放棄した結果、自らの意思で動くことすらおぼつかない生ける屍のような状態になる。その後は黄金郷でワルギリア、戦人に見守られながら「生きて」いたが、終盤ドラノールに殺された戦人の下に自らの足で駆け寄り、涙を浮かべながら消滅する。なおここで消滅したのはゲームマスターであったメタ世界のベアトリーチェであり、ゲーム盤の駒としての彼女はその後も度々登場する。ネタバレepisode7では、右代宮家の真の当主・ヤス(別世界の理御)が思い描いた魔女のイメージを核に、熊沢が語っていた悪食島(かつての六軒島)の怪談や、使用人の間で広まった六軒島の屋敷の怪談など、様々な「人が畏れる不可思議な存在」の要素が合わさって作りだされた存在であることが判明した。当初は後述するクレルと同じ外見であったが、金蔵が提示した「ベアトリーチェ」の肖像画の容姿と、ヤスが分離させた戦人への愛憎を取り込み現在のような存在となった。

出典:wikipedia

誕生日:11月29日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

オレオレさん
0 pt
オレオレさん
1 pt
オレオレさん
0 pt
オレオレさん
0 pt

キャラクター関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



ベアトリーチェについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>うみねこのなく頃にのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!