アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:ばーちさん

ヒデノリ

ヒデノリ

男子高校生の日常

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

茶髪で眼鏡をかけているが、頭の悪い言動が目立つ男子高校生。しかし、実は目が良いらしく、視力は2.0であるらしいが、何故眼鏡をかけているかは不明[6]。ユウスケという名の兄がいる。甘い物が苦手で、占いは信じない。ヨシタケと同じく乙女座。反射神経が非常に良く、また助走無しで5メートルの距離を飛び移ることも出来る。ただ本人曰く運動は苦手。ゲームセンターのクレーンゲームが好きらしいが、決して得意という訳では無く、よく失敗してはお金を浪費している。しかし本人曰く景品には興味無いらしく、クレーンゲームその物や、景品を手に入れたという達成感が好きなだけらしい。しかし景品を手に入れられなくて残念そうにしたり、手に入れた景品を大切に抱えて持ち帰ったりするなど、景品にもそれなりの執着があると思われる描写がある。漫画が好きで、自分でもたまに創作をしてはヨシタケに見せているが技術に乏しいらしく、その評価は芳しくない。漫画の様なシチュエーションに憧れている。将来は海外に出て人の役に立つことがしたいと語っている。タダクニとともに手芸部の入部希望者の面接をしているシーンがあるが、手芸部所属かどうか定かでなく、活動しているようにも見えない。小学生の頃は酷いいじめられっ子で、「ラバーシューター」なるヒーローに助けられたことがあり、長年尊敬していたが、ある出来事からその思いを捨てている。ヨシタケ、タダクニとは中学校からの付き合い。第15話にて「田畑 ヒデノリ」と名乗っているが、ラジオ番組のパーソナリティの体でふざけて遊んでいる際の発言なので、本名かどうかは不明[注釈 1]。非常に場の空気が読め、人の気持ちや辛さを察することができるが、人に気を遣いすぎる性格で、またその気遣いのノリや方法も基本的におかしい。しかしながらそういう性格やノリの良さが原因で、殆ど初対面の人間と友情を育んだり、人から好意を寄せられることになったりする。ただ妙なことを真面目な顔で言ったり、くだらないことに真剣に悩んだり、おかしなことを突発的に行うなど、劇中では頭の悪い行動や発言を繰り返すボケキャラとして描かれている。ヨシタケに対しては些細なことが癇に障ることも多いらしいが、その分仲が良く、劇中では一緒にいることが多い。ヨシタケ、モトハル等から「見かける度に別の女の子と一緒にいる」と認識されており、彼等からは彼女がいると思われているらしい。しかし本人から彼女は全くいないと発言しており、彼女がいないことを気にしている節もある。主人公はタダクニではあるが、登場人物の中では特に出番が多く、1人のエピソードも非常に多い。3人組のリーダー格であり、3人組が馬鹿なことをする時は基本的に彼が発端であり、話の展開上、主に彼が進行役、ボケ役をこなす。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ヒデノリとは?(男子高校生の日常)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

3人の中でもっとも出番の多い事実上の主人公「ヒデノリ」の魅力とは?『男子高校生の日常』
【画像】ヒデノリ(男子高校生の日常)
 『男子高校生の日常』の「ヒデノリ」は、「タダクニ」「ヨシタケ」ら3人のリーダー格といった存在で、バカな事も率先しておこないます。見た目は、メガネ(伊達メガネ)をかけて知的な感じがしますが、普段の行動はその期待を大きく裏切ります。文学少女をはじめ、女子から好意を寄せられる事もありますが、本人はそれらに全く気付いておらず、彼女はいません。「タダクニ」がいた頃はボケキャラでしたが、「タダクニ」の出番が少なくなると、物語の進行役も担うようになります。今回は、そんな「ヒデノリ」の魅力についてご紹介したいと思います。
主要人物のリーダー格
 ヒデノリは、タダクニ、ヨシタケらと最初から登場する、『男子高校生の日常』における主要キャラのひとり。バカなことを率先しておこない2人を巻き込むなど、3人の中のリーダー格でもあります。そのためか、ヒデノリの登場する話は多く、『男子高校生の日常』の主人公と勘違いされる事もありますが、『男子高校生の日常』の主人公はあくまでタダクニであり、ヒデノリではありません。
女子にモテる
 ヒデノリといえば、文学少女との話が有名です。文学少女とは、ヒデノリが土手で寝ていた時に出会った文学を愛する少女で、自作小説のシチュエーションと同じような状況で出会ったヒデノリに好意を寄せ、何かにつけてヒデノリに纏わりつきます。土手でエンカウントすることもあれば、街中でヒデノリを追いかけ回すことも。ヒデノリ自身も迷惑には感じているようですが、ヒデノリは、他人を思いやる所があり、文学少女の気持ちもわかるため、特に避けるような事もなく、会った時は適当にあしらっています。その他の女子から好意を寄せられる事もあり、作中では唯一といってもいいモテキャラとなっています。
他人を思いやり気遣う事が出来る
 ヒデノリは、他人を思いやり気遣う事が出来ます。先にあげた文学少女の事もありますし、タダクニ妹が暴力を振るわれていると相談に来た時、万が一を考えてタダクニ妹と彼氏が会う場に行き、密かに監視したり、自ら氷に滑って転んだ時、助けに来たミツオ君にを気遣う(結局ミツオ君はその気遣いに気付かずに転びましたが)一面もあります。バカな事をやらかすだけでなく、人を思いやる事も出来る。こういったオールマイティなところがヒデノリの魅力であり、制作側に取ってもその使い勝手の良さが、ヒデノリの登場する話が多い理由なのでしょう。

 ちなみに、アニメのCVは『銀魂』の「坂田銀時」役などで知られる「杉田智和」さんが担当されています。アニメでは、「杉田智和」さんが原作にはないセリフをアドリブで入れることもあるようで、それがアニメ版ヒデノリの魅力の1つにもなっています。
(C)山内泰延/スクウェアエニックス・「男子高校生の日常」製作委員会

記者(しゅるま【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


ヒデノリについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>男子高校生の日常のキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!