アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

シンドバッド

シンドバッド

マギシリーズ

0

pt

キャラクター紹介

シンドリアの国王で、七海連合の長。14歳の時に第1迷宮「バアル」を攻略。以来、七つの海と迷宮を制覇し、七人の「ジン」の主となった『伝説の迷宮攻略者』。それと同時に現在世界で2人しかいない複数の金属器を所有する者でもある。通称『七海の覇王』。愛称はシン。名前は『船乗りシンドバードの物語』より。29歳で、八人将の若者と酒を飲んでいるとおじさん呼ばわりされることを気にしている。身長183cm。バルバッドの前国王とは親交があり、貿易業を教わったり宝剣を授かっていた。船舶貿易の再開についての交渉のためにジャーファル・マスルールと共にバルバッドへ赴き、その途中でアラジン達と出会う。名君として、八人将をはじめ臣下には心から尊敬されており、基本的に兄貴肌で面倒見が良く厳しい性格。ただし国王ながらいい加減で間の抜けた一面も併せ持ち、酒癖の悪さが災いし失態を犯すことが多いため(酔いつぶれて寝ているときに金属器をすべて盗まれるなど)、その点においては、幾度となく騒動に巻き込まれ、失態に付き合わされてきた八人将からは全く信用されていない。女性に絶大な人気を誇り、旅先でもたくさんの現地妻を持つ程女遊びは好きだが、国のために私心を砕いており、また生涯結婚をするつもりはないと決めている。7体の「ジン」を従えていることからも伺えるように、超人的な魔力を秘めている。さらに、金属器の力とは別に、自分の魔力を操作し、他者の魔力攻撃を相殺して無効化する「魔力操作」も身につけている(これはかつて魔力の質が変化し思うように魔装できなくなったとき、ヤンバラの元で行った修行によって得たもの)。また、実は既に半分「堕転」しているため、白ルフと黒ルフの両方を使用することができ、黒ルフによる呪いの効果もない(シンドリアから逃亡したイスナーンと対峙した際、「すでに呪われた身」と自称している)しかし、何故、半分「堕転」しているのかは謎。力を得すぎたために、自分でも望まないものに変わってしまったことを自覚している。また、来たるべき戦いに備えて力を蓄えており、その一環でアラジンたちだけでなく、対立関係にある煌帝国の皇族である白龍や紅玉も味方につけようとしているため、その目的のためには多少なりともずるい手段を使っている。シンドリア建国以前から、アル・サーメンと戦ってきた人物で、彼らにとっての警戒対象。同時にシンドバッドもアル・サーメンを警戒し続けており、「世界の異変」に気づいていた。アル・サーメンからは、『第一級特異点』と呼ばれる。アラジンがマグノシュタットに旅立つ頃にレーム帝国と同盟を結ぼうと働きかけていた。その後ユナンとモルジアナの呼びかけに応じ、七海連合と共にマグノシュタットに駆けつける。外伝では主人公として描かれる。14歳当時の身長は156cm[2]。パルテビアの漁村・ティソン村に生まれ、生後間もないころから正しい運命を選ぶ力を持っていた。5歳の頃に父を戦争で失い母も病で倒れたため、母を支えるために護衛や荷運びなどの仕事をしていた。国民を見捨てるパルテビア王国に不信感を抱いており、14歳のころにユナンに誘われ世界を変える「王の力」を手にするために『バアル』の攻略に挑み、ドラコーンと共に宝物庫まで辿り着きバアルの前での決闘の末勝利し、父の形見の剣にバアルを宿す。迷宮脱出後、パルテビアの軍に包囲されるも現れたユナンの助言により初めてバアルの力を発動させ軍を撃退しティソン村に戻るが、母の死に立ち会うことになる。その後、港を包囲していた軍を退け旅立つも、飢えと衰弱で漂流していたところでまだ名前がなかった頃のヒナホホと出会う。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
シンドバッドとは?(マギシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

シンドリア国王。七つの海と七つの迷宮を制覇し、「七海の覇王」の異名を持つ。自国をとても愛しているがゆえに、国民からの信頼は厚いが、女癖と酒癖は最悪である。

年齢

31 歳

性別

通り名

七海の覇王

特技

魔力操作

弱点

趣味

冒険

好きな食べ物

嫌いな食べ物

油っぽいもの

声優

小野大輔

身長

183 cm

体重

83 kg
確かな存在感と実力を兼ね備えた七海の覇王「シンドバッド」の魅力とは?『マギ』
【画像】シンドバッド(マギシリーズ)
 アニメとして、2012年に第1期、2013年に第2期が放送された『マギ』は、「千夜一夜物語」を題材とした冒険物語です。主人公の「アラジン」「アリババ」、ヒロイン「モルジアナ」の3人を中心に物語は進みますが、影の主人公として物語を更に彩り、勢いづけているのが、今回ご紹介する七海の覇王「シンドバッド」なのです。
影の主人公
 マギの主人公と言えば、4人目のマギ(世界の王となる者を選ぶ力を持つ魔法使い)であるアラジンと、そのアラジンに「王の器」を見出されたアリババ、2人の少年です。しかし、影の主人公として確かな存在感を示しているのが、七海の覇王「シンドバッド」。

 例えば、アニメ第6話の次回予告で「なんかスゴイの来たーーーーー!」と言われ、第7話「その名はシンドバッド」で、全裸での初登場(もちろん大事なところだけは葉っぱで隠してました)。それだけではただの変態さんですが、「七海の覇王」という二つ名をもつ圧倒的強さはダテではなく、主人公達のピンチを幾度となく救い、助言を与えて導いてきた魅力満載の男、それがシンドバッドなのです。

 シンドバッドがいなかったらアラジンとアリババは果たして無事だったのでしょうか?(無事ではなかったに違いない)。そう考えると、影の主人公というよりは3人目の主人公といっても差し支えないでしょう。ちなみに、「マギ シンドバッドの冒険」という作品も連載されており、こちらは正真正銘シンドバッドが主人公として大活躍しています。
理想の男性像
 シンドバッドは、とにかく女性にもてます。行く先々に現地妻がおり、女遊びも大好き。そして、好きなタイプは“全ての女性”。文面に表すと全ての男性(女性も?)の敵のような奴ですね。しかし、「行く先々に現地妻がいる人」という事実を考えれば、シンドバッドがどれだけ魅力的なのか、想像がつくと思います。

 また、戦局を有利に進めるために、自分に対する恋心を利用したりもします。煌帝国第八皇女の「練紅玉(れんこうぎょく)」の初恋はシンドバッドですが、彼女の自分への気持ちを分かった上で、手駒として利用できるなどと考えたりもします。

 更に、シンドバッドは、生涯結婚をするつもりはないと考えているようです。決して自分が選ばれる事はないと分かっていても、優しく愛情を注いでくれる魅力的な男性なら、女性はきっと好きになってしまいますよね。女性は、「自分のものにならなくても誰のものにもならないで!」という感情を抱きがちです。そういった意味でも女性にとっては理想の男性像になりえる男なのだと思います。

 ちなみに、アニメの声優は小野大輔さんが演じられていますが、この声が渋くて甘くてめちゃくちゃカッコいいのです。この声だけでアニメを見る価値があります。
七海の覇王
 シンドバッドの最大の魅力はやはり「七海の覇王」だと思います。「七海の覇王」とは、七つの海と七つの迷宮(ダンジョン)を攻略して、七人の「ジン」の主となったことから呼ばれるようになった二つ名です(「ジン」とは「魔神」とも呼ばれる精霊のことです。)。

 又、現在は世界で2人しかいない、複数の「金属器」(迷宮攻略者が手に入れる、ジンが宿る道具)を所有しています。アリババは16歳の頃に7番目の迷宮「アモン」を攻略しただけですが、シンドバッドは、14歳の時点で、初めて出現した迷宮「バアル」を攻略し、その後も複数の迷宮を攻略していますので、同じ年齢で比較してもその差は歴然といえます。

 アニメ第24話「滅亡の時」では、マギの世界での敵組織である「アル・サーメン」との戦いで、アリババ達が苦境に追い込まれている中、シンドバッドの登場により戦局を一気に変えます。「アル・サーメン」の幹部である「練玉艶(れんぎょくえん)」は、彼が現れると、「やはり来たわね、この世界が生んだ奇跡、後に大王となりうる最も忌むべき命」と彼に向かって叫ぶのですが、どれだけ敵を褒めちぎっているのでしょうか・・・。いずれにしても敵に認められる人物って凄いですよね。このように、敵からも認められるほどの実力も実績も兼ね備えた「七海の覇王」であることこそが、彼の最大の魅力だと思います。
(C)大高忍/小学館・マギ製作委員会・MBS

記者(ゆうあい【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



シンドバッドについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>マギシリーズのキャラクター 一覧
189回
188回
187回
186回
185回
184回
183回
182回
181回
180回
179回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!