アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:よりねこさん

アイザック・ネテロ

アイザックネテロ

HUNTER×HUN...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

ハンター協会および審査委員会の会長。心源流拳法師範。強化系能力者。ハンター協会の最高責任者。20年前くらいから約100歳と周囲に語っており、キルアの祖父ゼノは「自分が乳飲み子の頃にすでにジジイだった」と語っている。殺意を明確にするヒソカを煙に巻いたり、ハンター試験後の荒れたガイダンスを収拾させるなど海千山千の老練さを見せるが、その一方でメルエムの発言に気を悪くしたり、気まぐれでキルアやゴンと暇つぶしをするなど俗っぽく茶目っ気の多い性格でもある。元は無名の武道家。46歳の時に、肉体と才能の限界に気付き悩んだ末に、これまで自分を鍛えてくれた武道に恩を返そうと冬の山に篭り「感謝の正拳突き1万回」を日課に過ごすうちに能力を開花させ、当時世界最強の武道家となった。ノヴはネテロが最強だという趣旨の発言をしているが、本人曰く世界最強の念能力者だったのは半世紀前までで、キメラ=アント討伐初期段階では全盛期の半分ぐらいの実力との事。そのため牙を研ぐため山に篭り、精神統一をし王に挑む。本気で戦う場合のみに着る戦闘服「心Tシャツ」を着用してキメラ=アント討伐作戦に参加。討伐作戦では王メルエムと直接対決し王に「人間の個の極致」と言わしめるほどの強さを見せる。しかし敵わず、心停止すると起爆するように体内に埋め込んでいた爆弾「貧者の薔薇(ミニチュアローズ)」を起爆させ、悪意に満ちた表情を見せつつ王と相打ちを狙い死亡する。死後、薔薇の毒によって王、シャウアプフ、モントゥトゥユピーの討伐に成功した。次期会長を全てのハンターによる投票で決めるという遺言を残していた。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
アイザック・ネテロとは?(HUNTER×HUNTER)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

アニメの文法まで叩き壊す!?最強老人「アイザック・ネテロ」の魅力『HUNTER×HUNTER』
【画像】アイザック・ネテロ(HUNTER×HUNTER)
 『HUNTER×HUNTER』の登場人物で誰が最強なのか?というランキングがファンの間で論議となっているのをよく見かけます。結果は様々ですが、共通しているのは“「人間」の最強はハンター協会会長である「アイザック・ネテロ」である”という事です。また、「キルア」のじいちゃんが子供の時に既にジジイだったわけですから、最年長かつ最強という事になります。

 彼はアニメ序盤から登場していましたが、実は「ハンター試験編」のあたりでは、少しトボけたえらく強いジイさんといったイメージ。序盤最強キャラである「ヒソカ」が彼と戦わなかったのは、あくまで「スキだらけで毒気を抜かれた」からであり、特に「ネテロ」の強さに戦わずして屈服したわけではありません。
人間の命運を賭した戦いに
 そんな「ネテロ」が、飄々とした好好爺の仮面をかなぐり捨てたのは、「キメラ=アント編」でした。キメラ=アントがこれ以上増殖すれば、人間社会が崩壊の危機を迎えかねない事態になったと察知するや、自らキメラ=アントの王の討伐へと向かいます。人間の価値をある程度認める王に対し、並のアニメならここで心の交流でも生まれそうなものですが、「立場上それはできねえ相談だわな」「後戻りできねえのよ!」と、ついに彼の最強の念能力「百式観音」を発動させるのです。その凄まじさは、王をして「人間の個の極致」と感嘆させ、王にじわじわとダメージを与えます。

 ところで、ネテロ対王の場面の途中で、ネテロの声を演じられていた永井一郎さんが亡くなり銀河万丈さんに交代しています。ネテロの声は永井さんの遺作の一つとなってしまいました・・・。
人間の悪意の実行者
 本来ボスキャラとは、最終決戦において主人公に倒されるべき相手であり、それがもっとも盛り上がる展開なのだと思います。しかし、主人公「ゴン」が倒したのは王の親衛隊である「ネフェルピトー」であり、しかもこの戦いは人類のためでなく、「カイト」の仇を討つという私怨を晴らすものでした。

 一方、人類のために戦ってきた「ネテロ」は片腕と片脚を失い、ほぼ全オーラを使い果たす「百式観音零之掌」さえも通用しませんでした。それでも彼は最終的に「メルエム」を倒す事に成功します。しかしそれは、体内に仕込んだこの作品世界の核兵器である「貧者の薔薇」によってでした。これは現実世界に置き換えると、核兵器による自爆テロとでも言うべきもので、「最も恐るべきは人間の悪意であった」という結末・・・。しかもこの結末は、「ボスキャラは主人公が倒す」という少年戦闘マンガの文法をも破壊したのです。

 思えば、冨樫義博さんの作品『幽☆遊☆白書』では、戸愚呂弟も仙水忍も、主人公「幽助」が直接手を下さずに命を落としています。そして「メルエム」もまた、「ネテロ」という「個」に敗れたのではなく、発明品と悪意という“人間の闇”に敗れたと言えるのかもしれません。
(C)POT(冨樫義博)1998年-2011年 (C)VAP・日本テレビ・集英社・マッドハウス

記者(ルーデル【公式】さん)

関連画像

よりねこさん
0 pt
よりねこさん
0 pt
よりねこさん
0 pt
よりねこさん
0 pt
よりねこさん
0 pt
よりねこさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



アイザック・ネテロについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>HUNTER×HUNTERのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!