アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:ピアノ・フォルテさん

エデン

エデン

聖闘士星矢シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

15歳。パライストラにおいて聖闘士ファイト優勝候補の筆頭に名前が挙げられる実力者であり品格のあるその振る舞いも相まって皆にその行動を注目される存在だが、自らの力への自信から周りなど眼中になく周囲と距離をおいている。その正体はマルスの息子であり、マルスの作る新世界の王となるべく育てられた。アリアに対して強い想いを抱いている。パライストラ陥落の後、雷の遺跡での光牙との激突、続く闇の遺跡での自らの心の闇との対峙を経てアリアへの態度の独善性に気付くが、直後アリアを父マルスの手によって失い精神の袋小路に入り込むことになる。【十二宮編】父であるマルスが自分(エデン)を支配者とする楽園建設の人柱として最愛のアリアを殺害したことに激しく苦悩する。アリアの導きによって再起を果たすや、マルスに反旗を翻すことを決意し聖域に赴く。処女宮でフドウと戦いセブンセンシズに覚醒する。天蠍宮での異母姉ソニアの亡骸との対面、叔父でもある魚座のアモールとの衝突を経て、光牙と共についに父マルスと対峙、辛くも勝利する。その後の火星での戦いではアプスに憑依された光牙を相手に魔傷を負いながらも奮闘、光牙とアプスの決戦に自身の小宇宙を送り、光牙を援護する。【新生聖衣編】火星での戦いの後パラサイト側に寝返るが実際は内情を探るスパイとしての行動であった(しかし、それは自らのための行動であるとエウロパは指摘している)。十二宮の戦いで散った家族やアリアを弔う日々を送っていたが、エウロパからアリアと家族を蘇らせることを条件に光牙の抹殺依頼を受けインパルスメイスという名のクラブを使うパラサイトとして出現し光牙と交戦する。その後、聖闘士としての本心を見せ新生聖衣を纏い自らの聖域(アリアの墓)を侵したパラサイトを退けるも光牙達とは同行せず一人何処かへと姿を消す。その後、自らに流れる神の血が昴の持つ小宇宙に引き寄せられパラスベルダへ侵入、エウロパを驚愕させた彼の小宇宙の正体を探るため光牙達に同行する。昴からは「神の血を持つのにそれを否定する愚か者」だと誹られる。守れなかった人々がいながら、それでも残る人々を守り一人で戦い続けたケレリスと、戦場で救った少女セレーネの出会いで守るべき人々と守る者がある強さに気付き、テーベの最終奥義を打ち砕く。前線基地で貴鬼に聖衣の修復を受けた際に昴に対する懸念を打ち明け、貴鬼から昴の監視を命じられる。「刻の門」では他の仲間と共に自らの小宇宙を光牙に送り門の破壊を援護する。【Ω覚醒編】昴・栄斗・氷河と共に「ニブルヘイム」の道を進み時貞を撃破。その後、昴に彼の本当の正体を問いただす。無限回廊を脱出後はアテナや黄金聖闘士達を先へ進ませガリアと対峙、当初は圧倒的な力の前に劣勢となるが仲間と共にΩの片鱗の力を見せ武神光臨剣を砕きガリアを倒す。聖剣を失ったハイペリオンとの戦いでは昴の石化を解くため果敢に戦いを挑むも聖衣を全壊させられる。しかし、幾度地を舐めてもその度に小宇宙を高めて立ち上がり、仲間と共に宇宙を創りだす力大宇宙(マクロコスモ)に包まれΩ聖衣を纏いハイペリオンを破る。Ω聖衣は紫と金の鎧が加わってさらに背中に羽が生えた。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
エデンとは?(聖闘士星矢シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

悲しき宿命を背負った闘いの神の子「エデン」の魅力とは?『聖闘士星矢シリーズ』
【画像】エデン(聖闘士星矢シリーズ)
 心根がまっすぐな主人公「光牙(こうが)」とは対照的に、斜に構えたような言動が多いのが、今回紹介する「エデン」です。高い実力を持ち、品格ある振る舞いで周りからも一目置かれているのですが、本人は周りの人間と仲良くする気があまり無いようにも見えます。そこには、彼なりの孤独があったのでした。
闘いの神・マルスの血
 エデンは、神の化身にして火星の守護者である「マルス」の息子であり、彼の作る「新世界」の王となるべく育てられました。本人も神の血を引く者として高い誇りを持つ一方、自分は他者と違うという思いから周囲とは距離を置く一匹狼に・・・。しかし、そんな中でも「アリア」の事は心底愛しており、守りたい存在として想い続けていたのですが、父「マルス」が下した試練は過酷なものでした・・・。
支えを失い追い込まれる精神
 マルスの手によってアリアが殺害されてしまうことで、エデンは大きな悲しみを胸に抱きます。しかも、マルスがアリアを殺したのは「新世界」の人柱として・・・。そのことを知り、「自分が殺したようなものではないか」という苦悩も。アリアの愛した世界を守るため、マルスの「新世界」を否定、反旗を翻すことを決意するのですが、そこに至るまでの苦悩は見ていて痛々しいほどです。しかし裏を返せば、神の子でありながらも思い悩む彼の人間的な感性も、彼の魅力のひとつといえます。

 最終的にマルスに勝利したエデンでしたが、家族を全て失ったこと、アリアの敵討ちを終えてしまったことから「自分はどう生きていけばいい?」と新たな悩みを抱えるようになるのです。
守るべき人がいる強さ
 マルスとの戦いの後、アリアを守れなかった虚無感をずっと抱き続けていたエデン。昴(すばる)からは「力があるのにそれを使わないバカ」と言われる場面もありました。「いずれ神になる男」を自称し、その力を渇望する昴にとって、“神の子”であるにもかかわらず、それを憎むような言動さえ見せるエデンにイライラを覚えたのでしょう。

 エデンはエデンで、「守りたいものもないのに何をどうしろというのだ」と反感を覚えますが、ある人物との出会いを境に考えが変化します。「アリア」が愛した世界、そこに住む人々を守ろうと立ち上がり、ようやくその強さを発揮するようになります。

 全ての戦いが終わり、一人旅に出るエデン。自分が何者なのか、どう生きていくべきかを探す旅です。長い旅になるかもしれない・・・そんな矢先、自分と同じように旅に出ようとする光牙とバッタリを出会います。光牙の誘いから共に旅をすることになった二人ですが、その旅は一体どのようなものになったのでしょうか?若き聖闘士のその後も少し気になります。
(C)車田正美/東映アニメーション・テレビ朝日・電通

記者(氷雨みやこ【公式】さん)

関連画像

ピアノ・フォルテさん
0 pt
ピアノ・フォルテさん
0 pt
ピアノ・フォルテさん
0 pt
ピアノ・フォルテさん
0 pt
ピアノ・フォルテさん
0 pt
ピアノ・フォルテさん
0 pt
ピアノ・フォルテさん
0 pt
ピアノ・フォルテさん
0 pt
ピアノ・フォルテさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



エデンについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>聖闘士星矢シリーズのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!