アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:ぽぽもんたさん

リザ・ホークアイ

リザホークアイ

鋼の錬金術師シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

軍部の中尉でマスタングの部下。
金髪に鳶色の目という容姿端麗な女性。性格は仕事中は常に冷静沈着で、よほどのことが無い限り感情を表に出さない。一転して、プライベートでは笑顔のシーンも多く、引き取り手のいない仔犬(後の「ブラックハヤテ号」)を引き取るなど、根は優しい。非常にスタイルが良く見えるが、作者曰く「(軍人の為、身体を鍛えているので)肩幅が広く、(そこそこの年齢だから)お尻が大きいため、腰が細く見える」と説明している[出典 4]。
見かけに反して類稀な狙撃センスの持ち主であり、イシュヴァール殲滅戦が起こった時には、士官学校生だったが狙撃手として前線に配属された。名前と、その正確無比な狙撃から「鷹の眼」の異名を持つ。常に銃を二丁携帯している。本人が銃を愛用するのは、本人曰く「人の死に行く感触が残らないから」。だがこれを欺瞞であるとキンブリーに指摘されて何も言えず、後にマスタングに再度指摘された時にはこれを認め、「次世代のために自らが手を汚す」と肯定した。
マスタングの腹心であり、彼からは「もし自分が道を踏み外したら殺せ」と託されるほどに他の直属の部下とは一線を画した女性として描かれる。終盤部では復讐に走ろうとするマスタングを止める役割も担う。マスタングとの関係も軍人同士としてでなく、彼が、錬金術師であった亡き父親の弟子だったことに起因する。当時のホークアイは、のちの彼女とは違い、ごく普通の年頃の少女だった。父の死亡により、一旦マスタングとの関係は途切れるが、イシュヴァール戦にて再会し、終戦後はマスタングの推薦もあって彼の部下となる。背中には父の秘伝の錬金術の暗号が刺青で記されていたが、イシュヴァール戦後にその破棄を望み、マスタング自身の手により一部が焼き潰された。
現在のマスタングとの関係は明確に上司と部下のものではあるが、彼に対し特別な感情を抱いていると思われる描写もいくつかなされている。またマスタングも、彼女に対して単なる部下以上の感情を抱いている節があり、ホムンクルス側にも「マスタングにとって大切な者」と認識されているようである。
第三研究所の戦いののち大総統付補佐となった、これは事実上ホムンクルスらの人質となったことを示す。しかしプライドの情報を伝えるなど、マスタングに協力を続ける。「約束の日」には他の部下たちと同様に、マスタングのもとに駆けつけた。マスタングとともにホムンクルスらのアジト中枢へ向かうが、マスタングに扉を開けさせたい金歯医者に重傷を負わされた。それでも「人体錬成」をしないようマスタングを引きとめ、形成逆転のきっかけを作らせた。最終決戦では、視力を失ったマスタングを補佐して「お父様」と戦う。
「約束の日」の後は、イシュヴァール復興政策に赴くマスタングに付き従った。
もとはショートヘアで、エルリック兄弟勧誘の際に出会ったウィンリィの影響を受けて髪を伸ばしたというエピソードがある(逆にウィンリィは彼女の影響を受けてピアスをつけるようになった)。最終回の写真ではショートヘアに戻している。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
リザ・ホークアイとは?(鋼の錬金術師シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

マスタング大佐の背中を守り続けた鷹の目「リザ・ホークアイ」の魅力『鋼の錬金術師』
【画像】リザ・ホークアイ(鋼の錬金術師シリーズ)
 『鋼の錬金術師』は、時代設定やアメストリスが軍政国家である事から、基本的には男性中心の社会となっています。しかし、作者が女性という事もあり、運命に翻弄される中で男性を支えるといった、男性にとって「都合の良い」女性像は極力排されているようにも見えます。その中でも、常に戦いの中に自らを置いてきたのが、今回ご紹介させて頂く「リザ・ホークアイ」中尉でした。
軍服でない姿とのギャップ
 軍服を脱いだ彼女は、優しい女性としての面を随所に見せてくれます。行くあてのない子犬を拾って育てたり、笑顔になる事も珍しくありません。自宅でパジャマに近い姿で「エド」と話をした時には、胸の谷間が少し見えるというサービスショット(?)もありました。同じ女性という事、大切な人を支えるという共通点があるためか、「ウエンディ」ともかなり打ち解けています。
マスタングとの微妙な関係
 マスタングとの間に、“上官と部下以上の感情”がある描写は随所に見られます。本人たちよりも敵側の方がそれを認識しているようで、「約束の日」の戦いでは「マスタング」に人体錬成を強要する為の人質に取られたりも・・・。第三研究所での闘いで、マスタングが死んだと思った時の彼女の取り乱し方は、単に上官を失ったものとは明らかに一線を画していましたし、「約束の日」でマスタングが彼女を負傷させた「エンヴィー」に対し、「私の大切な部下に何をする」と言い放った彼の表情も鬼気迫るものがありました。マスタングとしては、「大切な部下」ではなく「大切な人」と言いたかったのかもしれません。
「ダークサイド」からマスタングを救った叫び
 随所でマスタングを支えてきたリザでしたが、もっとも重要な場面のひとつは、エンヴィーへの復讐心にマスタングが我を忘れそうになる場面です。マスタングに銃を突き付けて「あなたはそちらに堕ちてはいけない」と諭し、「自分を撃った後どうする気だ?」とマスタングに聞かれ、「自分だけおめおめと生き残る気はない」と答えます。これはある意味、自分がマスタングにとって大事な存在だという自信(?)があり、自分の命を人質に説得したようなもの。ともあれ、これが功を奏し、マスタングに「それは困る。君を失いたくない」と言わせるのです。

 ここで自ら為すべきことを再確認したからこそ、マスタングは「約束の日」の後、イシュバール復興に全力を尽くす事になったと言えるでしょう。このように、彼女はマスタングの補佐という形を取りながら、主体的に運命に立ち向かう女性として、とても魅力的に描かれています。
(C)2011 Hiromu Arakawa/SQUARE ENIX

記者(ルーデル【公式】さん)

関連画像

ぽぽもんたさん
0 pt
ぽぽもんたさん
0 pt
ぽぽもんたさん
0 pt
ぽぽもんたさん
0 pt
モモンガさん
0 pt
モモンガさん
0 pt
モモンガさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



リザ・ホークアイについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>鋼の錬金術師シリーズのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!