アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:はるかさん

手塚光

テヅカヒカル

図書館戦争

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

『頑な少年』。22歳。身長180cm。防衛部・図書特殊部隊所属。一等図書士(後に図書士長→三等図書正)。郁とは同期。父親は図書館協会会長。几帳面で努力家で誠実だが、完璧主義で融通が利かず恋愛に疎い。家族の問題から、図書隊員および特殊部隊員として優秀な存在になることを目標としている。入隊当初はその思いのあまり、自分の尺度では優秀とは思えない郁が特殊部隊に配属されたことに不満を持っていたが、堂上の叱責と当の郁に自分の弱点(高所恐怖症)を指摘された際に、郁に自身の弱点を見抜かれていたこと、そしてそれを郁が手塚に悟らせていなかったことから、自分の価値観とは異なる視点から郁の長所を見るようになった。ただし以後も郁の図書隊員として足りない部分に関しては説教し、尊敬する堂上に言動が似つつあるので、時に郁から「プチ堂上」と呼ばれることがある。高所恐怖症の気があったが克服。狙撃班として高所からの狙撃に従事するなどもはや問題なく、堂上と小牧に感心された。子供の扱いが苦手で、士長への昇任試験の際の実技が子供相手であることに悩み、柴崎の助言を受けた(その後報酬をぶん取られる)。また、超がつく程のブラコンで、決裂している兄に対して未だ期待を捨てられず、高校時代に兄からもらった時計を処分できずにいた(後に柴崎の手で質に入れられる)。兄が主宰する「未来企画」の努力の甲斐あって検閲抗争時の火器使用が禁じられた後、柴崎が脅迫めいた手段で背中を押したことで、兄とはやや和解の方向へ進んだ。『図書館革命』のエピローグ及び『別冊図書館戦争II』では、郁とともに新人隊員の練成教官を務めている。柴崎とは、兄の手塚慧や「未来企画」に関する成り行きから秘密と情報を共有することになって以来、微妙な間柄となる。柴崎からはバレンタインデーに「欲しいのを食べた後」のチロルチョコをもらったり、帰省中のお土産として、お守りをもらったりもした(『別冊 図書館戦争II』では開封してGPS発信機を仕込み、一度返している)。『別冊 図書館戦争II』にて柴崎と結婚する。家族構成は、父、母、兄。「有川ワールドなんでもランキング」の「好きなキャラBEST10」では第9位。「好きなカップルBEST10」では柴崎とともに第2位。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
手塚光とは?(図書館戦争)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

笠原郁の同期。図書館協会の会長を父親に持つエリート。努力を惜しまない秀才肌なので、落ちこぼれに対して容赦がない。堂上篤を尊敬している。

年齢

22 歳

性別

通り名

頑な少年

声優

鈴木達央

俳優

福士蒼汰

身長

180 cm

髪の色

髪型

短髪

学校・会社

図書隊

職業

図書特殊部隊

役職

堂上班

恋人

柴崎麻子

配偶者

柴崎麻子

兄弟・姉妹

手塚慧
真面目で成績優秀!家柄も申し分なし!!頑な少年「手塚光」の魅力とは?『図書館戦争』
【画像】手塚光(図書館戦争)
 社会に悪影響を与える表現を取り締まるための“メディア良化法”が制定され、激しい検閲が行われる時代に、『表現の自由』を守るため図書館は武装化し『図書隊』が設立されます。その図書隊とメディア良化隊との戦いは激化する一方であり、終息の見えない状況でした。今回は、主人公「笠原」と同期で成績トップの「手塚光」の魅力についてご紹介いたします。
秀才な努力家
 手塚の魅力といえば、第一に優秀で真面目。新人の基礎訓練では常にトップを走り、最初の頃は図書館業務が出来ない笠原にイライラする程、優秀すぎるかつ完璧主義。

 最初は、決して優秀とは言えない笠原が同じ特殊部隊に新人として配属された事に対して納得がいかず、感じの悪い同僚といった印象でしたが、堂上教官や小牧教官に注意されたり、笠原に自分の欠点を指摘されたことをきっかけに、だんだんと表情や態度が柔らかくなっていきます。すこし融通の利かない面はありますが、常に完璧であろうとする真面目さがあったからこその優秀さであり、さらに欠点を克服しようと努力する一面も持ち合わせています。笠原に指摘された欠点“高所恐怖症”を、県展警備の時には克服し、狙撃班として腕をどんどん上げていましたし、昇任試験の時は、同じく同期で笠原と同室の柴崎に教えを請うなど、自分で自分を律し成長できる所が彼の魅力の一つだと思います。
ブラコンで堂上ファン
 本人も自覚しているほどのブラコン。教官に対しては、笠原と二人で「自分がどれだけ魅力を知っているか」を言い合うほどの堂上ファンです。

 お兄さんについては“家族を壊した”ということで嫌悪感を抱きつつも、どこか期待してしまっている部分もあり、自分のお兄さんと堂上教官をかさねて慕う姿などは、なかなか可愛らしいです。完璧主義者であまり他人に弱みを見せない彼が、笠原ばかりに構っている堂上教官を見て拗ねたりと、時折見せる子供らしさが母性本能をくすぐります。そんな完璧主義とのギャップを感じさせる子供らしい一面も彼の魅力といえるでしょう。
不器用でニブチン
 顔よし、頭よし、腕もたつと完璧な彼ですが、周りの恋愛について鈍感であったり、自分の恋愛について不器用という、さらに母性本能をくすぐってくる要素があります。堂上教官に助言され、笠原と仲良くしようと、「付き合わないか?」と告白したり、いざ好きな人が出来てもなかなか踏ん切りがつかなかったりと、うまく立ち回れずに極端な行動に走ってしまう不器用な一面は、彼の欠点でもあり良いところでもあります。

 また堂上教官と笠原との関係についてもなかなか気付かなかったり、変なところで気を使うなど、あまりに鈍感なために柴崎に耳を引っ張られて連れ去られるほど、恋愛についてはニブチンです・・・。

 原作の小説とアニメの他に、コミックスや映画などもあります。周りには見え(せ)ない努力で成長していく「手塚光」。完璧の隙間から見える彼の可愛らしさにぜひ注目してみてください。
(C)有川浩/アスキ-・メディアワークス/図書館戦争製作委員会

記者(飛鳥シオン【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


手塚光についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>図書館戦争のキャラクター 一覧
191回
190回
189回
188回
187回
186回
185回
184回
183回
182回
181回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!