アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:tomeさん

八神太一

ヤガミタイチ

デジモンシリーズ

0

pt

キャラクター紹介

本作の主人公。パートナーデジモンはアグモンで、15話でオレンジ色の勇気の紋章を手に入れる。紋章を手に入れた時にアグモンを無理矢理に進化させるが、スカルグレイモンへ進化し仲間諸共攻撃した。その時に進化させる事に不安を抱くようになるが、それが「間違った勇気」によるものだと悟り、克服した。一人称は「俺」だが、劇場版第1作で語り手として登場した時や本編34話、また自身のキャラクターソング『勇気を翼にして』では「僕」になっている。お台場小学校5年生で、サッカー部のエース。トレードマークのゴーグルをいつも身につけている。一見無鉄砲だが、人をまとめる力を持ち、全員からリーダーに任命されるほどのカリスマ性がある。人間世界から持ってきていた物はゴーグルと単眼鏡。簡単な料理なら作ることができ、劇場版1作目では目玉焼き、テレビ本編ではオムライスを作った。その際「料理はヤマトに教えてもらった。」と語っている。21話ではメタルグレイモンがエテモンを倒したときに生じた亀裂に吸い込まれたことで一人だけ現実世界に帰ったが、仲間やアグモンを心配して、1時間でデジモンワールドに戻った[1]。3年前(1996年)、風邪で熱を出していた妹のヒカリを遊びに連れだし、危うく死なせかけてしまったことがあり、ヒカリに対して多少過保護な所がある。また、機械の扱いが粗雑で、光子郎のパソコンを叩いて直そうとしたり、劇場版2作目ではパソコンをフリーズさせて危機に陥った事も。図工が苦手。着ている服は星のマークが付いている青色で、パートナーの体色と紋章とも補色になっている。劇場版第2作『ぼくらのウォーゲーム!』では、空に誕生日プレゼントとして髪飾りを贈ったが、空からは「自分がかぶっている帽子が気に入らない」と解釈され喧嘩になっていた。光子郎から新種デジモン出現の報告を受け、アグモンらとともに立ち向かう。『デジモンクロスウォーズ ?時を駆ける少年ハンターたち?』における詳細はそちらを参照。データカードダスデジモンクロスウォーズ 超デジカ大戦では、第3弾からジェネラルとして、利用可能となった。『デジモンアドベンチャーVテイマー01』の八神太一とは、最初は何らかの形でリンクさせる予定だったが、結局パラレルワールドでの同一人物となってしまった。Taichi "Tai" Kamiya (タイチ・「タイ」・カミヤ)

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
八神太一とは?(デジモンシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

『デジモンアドベンチャー』のツートップ-「八神太一」と「石田ヤマト」
【画像】八神太一(デジモンシリーズ)
「選ばれし子供8人全員が主人公であり、全員が同じくらい活躍するように―」

そんなコンセプトのもとで製作された「デジモンアドベンチャー」。
それぞれに印象的な個性やエピソードを抱え、各々に見せ場があり、強敵を倒してきた。

全員に均等な見せ場を準備されてはいただろうが、それでもこの二人の存在は、冒険が進化する最も強烈な促進剤であったことは間違いないだろう。

「八神太一」と「石田ヤマト」のツートップの存在である。
選ばれし子供たちにとっての太一とヤマト
選ばれし子供たちにとっての太一とヤマトは、常にチームの先頭を走り、その影響も大きかった。

彼ら二人は誰よりもデジモンの進化の先を築き、二人が力を合わせれば、どんなに困難な敵さえも倒してきた。

彼ら二人は誰よりも衝突しあい、魂でぶつかりあってきた。彼らがすれ違うことは、チームワークの混乱に他ならなかった。

協力も衝突も全てを力にして、二人は「絆」を生み出してきたのである。
冷静な熱血家と情に満ちたクール
「光と影」「白と黒」「太陽と月」―相反するものが対比・差別化されるように、太一とヤマトもその対象であった。

太一は熱血・ヤマトはクール。

よくあるツートップの比較のされ方かもしれない。

しかしこの二人の最も面白いところは、通常とは異なる、もうひとつの顔が垣間見えたときだ。

太一は熱血で無鉄砲にもみえるが、誰よりもリーダー気質で人をまとめ、チームをあるべき方へと導く落ち着きがある。

ヤマトはクールで冷めたようにみえるが、問題や悩みには誰よりも深く向き合い、人を想い、情に厚い。

似ていないようで似ている二人。そして足りないところを補い合いながら、良いライバルとして、仲間として、そして真の友人として、彼らはお互いを意識してきた。
兄としての二人
太一には妹のヒカリ、ヤマトには弟のタケル。それぞれに妹と弟がいて、彼らもまた選ばれし子供として、冒険をする仲間でもある。

太一もヤマトも妹や弟には過保護な一面がある。妹や弟のことになると、チームを先頭で導くツートップが、滅多にない弱気や動揺をみせる。

彼らは「兄」としても、互いに通じるものがあるのだろうか。そんな共通項もまた、互いが自分をみているかのように、意識させているのかもしれない。



来春には再び、彼らが活躍することが話題となっている。

太一とヤマトは互いにどんな存在で有り続けているのだろうか。

経験と時間を経て、再び彼らは、そして子供たちはどんな物語を歩むのか。

「頼りない翼」だったのに、「勇気」も「友情」も翼にして、不可能を可能にした彼らを知っているから―。

今度の冒険も楽しみでしょうがない。



(あにぶ編集部/Co.)

(C)本郷あきよし・東映アニメーション

公式サイト・引用元: 『デジモンアドベンチャー』
関連リンク
 >>> 彼らの夏が帰ってくる。『デジモンアドベンチャー』1999年の選ばれし子供たちが愛される理由
 >>> 小さな身体に巨大な可能性「ブイモン」-『デジモンアドベンチャー02』
 >>> 今、冒険が進化する『デジモンアドベンチャー』
 >>> デジモンと共に15年-歌手「和田光司」
 >>> デジモンと共に15年―歌手「前田愛・AiM」
記事提供元:あにぶ
 >>> 『デジモンアドベンチャー』のツートップ-「八神太一」と「石田ヤマト」

記者(あにぶ公式さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


八神太一についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>デジモンシリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!