アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:nomocchiさん

葉山隼人

ハヤマハヤト

やはり俺の青春ラブコ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

八幡のクラスメイト。9月28日生まれ。B型。基本的には八幡を「ヒキタニ君」と呼ぶが、時折「比企谷(君)」と正確に呼ぶ。座右の銘「Your time is limited so don't waste it living someone else's life(時間には限りがある。だから、誰かの人生を生きることでで浪費すべきではない)」[注 16]。
クラス内外問わず人望の厚い、グループの中心人物。サッカー部のエースにして次期部長候補であり、成績も優秀で文系において学年2位といういわゆるイケメンでリア充で八幡の対極に位置する存在。冷静沈着で落ち着いた性格だが、優美子と奉仕部との諍いに仲裁役として入ることが多く、機会こそ少ないものの八幡に対しても友好的に接するが、当の八幡からは忌々しく思われている。
父親が雪乃の父親の会社の顧問弁護士で母親は医師。雪乃と同じ小学校に通っており、陽乃とも旧知の仲である。八幡はごく自然に異性を名前で呼ぶ彼が雪乃のことは苗字で呼びながら陽乃に対しては他者へと同様名前で呼び、あまつさえタメ口で話すことに違和感を覚えている。
人の悪性しか信じない八幡とは正反対に人の善性を信じており、「みんな仲良くする」ことを良しとする信条である為、人の好意を明確に拒む八幡とはしばしば衝突する。一方で、自分の周囲の関係が壊れて失うことを極端に恐れる負の一面も垣間見られる。八幡にはそれが原因となって雪乃に対し負い目を抱いているらしきことも仄めかしている。また、その信条ゆえ自らが泥を被って事態を収めようとする八幡のやり方を快く思っていないが、海老名の件についてはそのやり方を通すよう頼んだ。

出典:wikipedia

誕生日:9月28日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
葉山隼人とは?(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

誕生日

9月28日
パーフェクトイケメン「葉山隼人」の魅力とは?『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』
【画像】葉山隼人(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)
 主人公である「比企谷八幡(ひきがやはちまん)」の同級生「葉山隼人(はやまはやと)」。クラスでは、ヒロインのひとり「由比ヶ浜結衣(ゆいがはまゆい)」と同じくリア充グループに属しており、クラスの中心人物といって良いでしょう。その上、文武両道で人当たりも良く、ぼっちの八幡にすら普通に接します。さらには実家が弁護士でイケメンという非の打ちどころのない好青年・・・ですが、自分に出来ない事をやってのける八幡に複雑な感情を抱いているようで、時に八幡に対して厳しくなります。今回はそんな「葉山隼人」の魅力についてご紹介したいと思います。
非の打ちどころのないイケメン
 葉山は、物語の中では最高のイケメンとして描かれています。顔が良く、学年2位の秀才で、所属しているサッカー部では次期主将と目される中心選手。性格は温和で誰にでも優しく、ぼっち道をひた走る八幡にすら普通に接します。そのイケメンぶりは、学外にも轟いており、八幡の中学時代の同級生で他校に進学した「折本かおり(おりもとかおり)」も知っていたほど。
ヒキタニ君からヒキガヤへ
 物語の最初の頃、葉山は八幡の事を「ヒキタニ君」と読み間違えて呼んでいました。「比企谷」は、ヒキタニとも読めるので間違いではないのですが、つまりは“その程度の興味”しか八幡に持っていなかったという事でしょう。しかし物語が進むにつれ、「ヒキガヤ君」と本当に名前で呼ぶようになり、時には「ヒキガヤ」と呼び捨てになる事も。呼び捨てで呼ぶのは、八幡を対等と認めた証とも言えます。
俺は君が嫌いだ
 ただ、葉山は八幡を対等と認めたと同時に複雑な感情を抱き、本人にはっきりと伝えた事もあります。「俺は君が嫌いだ」と。そして、八幡も「俺もお前が嫌いだ」と返します。しかし、本人達の間に特にわだかまりがあるわけではないのです。お互い、悪い人間ではないと分かってはいるのですが、互いにどうしても受け入れられない部分があるのでしょう。葉山の場合、それに加え、憧れを抱いている(と思われる)「雪ノ下陽乃(ゆきのしたはるの)」が八幡を気に入っているという事情もあります。自分には振り向いてくれない陽乃にいじられる八幡。普段のイケメンの葉山もいいのですが、葛藤し苦悩する葉山も嫌いではありません。

 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』と言う物語は、主人公である八幡が、中二病をこじらせたぼっちから、少しだけマシな人間へ更生(?)する様を描いた物語ですが、主人公だけでなく脇役キャラもきちんと成長し、変わっていきます。そして「「葉山隼人」」もそのひとり。好青年から大人へ脱皮しつつあるような気がします。今後どう展開するかわかりませんが、葉山には幸せになってほしいものです。
(C)渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。続(公式サイトスクリーンショット)
 >>> 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の関連アイテムやグッズ一覧

記者(しゅるま【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


葉山隼人についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。のキャラクター 一覧
194回
193回
192回
191回
190回
189回
188回
187回
186回
185回
184回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!