アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:amiさん

熊耳武緒

クマガミタケオ

機動警察パトレイバー

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

警視庁警備部特科車両二課第二小隊員。二号機バックアップ(指揮担当)。階級は巡査部長。兵庫県西宮市出身。通称お武さん(おたけさん)。
漫画版では2巻で初登場、進士に代わって二号機バックアップを務めることになった(自身もレイバー操縦においては高い技術を持っている)。テレビアニメ版では帰国した香貫花の後任として、第26話で初登場。ゆうきまさみによると本来第二小隊の重石になるはずだった香貫花の代わりに急遽用意したキャラで、詳しい設定が固まらない内に登場することになったという。
文武両道に秀でた才媛で、自分にも他人にも厳しく律する性格の持ち主である。漫画版では、太田が恐れる唯一の人物で、他のシリーズでもその面が強調されることが多い。後藤の期待を汲む形で自身を「学級委員」と位置付け、第二小隊の面々をまとめる副隊長的な存在。ただし、普段はわりと気さくに接しており、まとめ役としての気配りも行き届いている。
中国返還前の香港警察への派遣時代、シャフトエンタープライズのリチャード・王(=内海)とは、ただならぬ関係にあった。帰国後も王への特別な感情を引きずり続けているようで、王のグレイトウォール号海外脱出計画前後の彼女の心理的葛藤は見所である。その時期の出来事に関しては、小説版『香港小夜曲』に詳しい。
香港時代には「ジャックナイフ」と呼ばれていた、と後藤が語っている。
テレビアニメ版などでは、前任者であった香貫花との対面を果たしている。ともに優秀、実力主義者でありながら、あくまでアメリカ人としての価値観を持つ香貫花と、日本的な熊耳とでは、最悪の相性であった。後の漫画版で香貫花が登場した際も、両者の相性は悪く描かれている。
特車二課を離れた後は、神奈川県警察交通機動隊のレイバー隊副隊長に抜擢された。
父親は"桂花女子大"に勤める誠治、母親は専業主婦の瀧子。性格からは想像もできないが、心霊現象が好きな父親に脅かされて育ったため、怖い話や怖い物が気絶するほど苦手である。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

amiさん
0 pt
amiさん
0 pt
amiさん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【熊耳武緒】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


熊耳武緒についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>機動警察パトレイバーのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!