アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

アテナ・グローリィ

アテナグローリィ

ARIA シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

オレンジぷらねっとに勤めるプリマウンディーネ。アリシア・晃と同じく「水の3大妖精」の1人であり、彼女たちとはシングル時代からの旧友でもある。通り名は「天上の謳声(セイレーン)」。21歳(月刊ウンディーネ5巻では22歳表記)。身長 170cm、12月24日生まれ、やぎ座の AB型。オールのナンバーは「36」。オレンジぷらねっと運営のウンディーネ養成学校出身でその中でも“最高傑作”と称される。
アリスとは同室で、同僚から敬遠されがちな彼女のことを気にかけている。気配りの達人だが、自分の事となるとバナナの皮に滑って手も着けずに転ぶ、小説版では何も無い所で転ぶなどかなりのおっちょこちょいで後輩であるアリスにも呆れられるほどのドジっ子ぶりである(意識して行動するとてきぱきと動けるようだが、すごく疲れるので普段はやらない)。
そのドジっぷりはオレンジぷらねっとの食堂職員から要注意人物としてマークされており、食堂でお皿を割らなかった連続日数記録8日や一度に割った枚数47 枚などの偉業(?)からもそのすさまじさが伝わってくる(小説2巻より)。
しかしウンディーネとしての力量は確かなものである。特にカンツォーネはCDを出すほど上手く、シングル時代から既に噂が立つほどの腕前であった。もっとも本人は自身の(特にカンツォーネに対する)評判には無頓着なところがあり、シングル時代に晃から「オレンジぷらねっとの歌の上手いシングル」の事を聞かれても、自分の事を聞かれているとは気付かなかった。
彼女が初心を忘れないためにペアの時から使用し続けているオールのナンバー「36」は、現在ではオレンジぷらねっとのエースナンバーとなっている。
アリス曰く「浮かれている時ほどおっちょこちょい」らしいが、最近ではその大半がアリス絡みのことだったりする。晃とはライバル会社ということもあり(晃からの一方的な)敵対関係だったが、その後アリシアも含め3人で合同練習を行ううちに緩和され、今では3人ともお互いに親友と呼べる存在となっている。稀に突拍子もないことをしてみんなを驚かせることがある。低血圧で朝に弱い。笑うと全身が小刻みに震え、大概の人には怒っていると勘違いされてしまう。彼女の冗談は笑えない物や的の外れた物が多く、言われた相手は面食らうしかない。暇な時や夜寝る前には、読書している事が多い。また、意外にノリがいいのかアニメ版では第2期18話のバーベキューパーティーで晃とアリスの「肉」コール&ダンスに混ざって一緒に踊り、同25話ではレデントーレ(原作の場合、アテナは第 22話「舟謳」からの登場のため、このエピソードに相当する第20話「レデントーレ」には不在)の際、アリア社長やアイと一緒ににゃんにゃんぷう体操を踊った。
今まで後述のアメリも含めて4人のペア・ウンディーネ(アリスは除く)の「最後」のシングル昇格試験の試験官を務めたが全員不合格の為、合格時に試験官よりの祝福の言葉「合格おめでとう」を言ったことがない(アリスのシングル昇格試験での飛び級合格で一挙にプリマに昇格した時に初めて祝福の言葉を言えたことになる)。
『水の都と哀しき歌姫の物語』にてオペラ歌手にスカウトされるもきっぱりと断っていたが、原作最終話の灯里の近況報告メールでオペラ歌手として舞台デビューしたことが明かされた(本業を継続するため1回こっきりの出演との事)。これは月刊ウンディーネ第4巻でも記事にされている。演目は『椿姫』。
The NATURAL版PERFECT GUIDE BOOK掲載のキャラクター分析(技能評価)では操舵は星4つ、接客は星4つ、舟謳は星5つに評価されている。
ディスコグラフィー - ベスト・オブ・天上の歌姫(OPレコード)

出典:wikipedia

誕生日:12月24日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
アテナ・グローリィとは?(ARIA シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

オレンジプラネットに勤務するプリマウンディーネ。「水の3大妖精」のうちの1人。気配りの達人だが、おっちょこちょいでドジという二面性を持つ。舟謳が上手いと評判の水先案内人。

年齢

21 歳

誕生日

12月24日

性別

通り名

天上の謳声(セイレーン)

声優

川上とも子/河井英里

星座

山羊座

身長

170 cm

血液型

AB 型

髪の色

髪型

ショート

学校・会社

オレンジぷらねっと

職業

水先案内人

役職

エース
クールなドジっ子しっかりさん!?歌姫「アテナ・グローリィ」の魅力とは?『ARIA』
【画像】アテナ・グローリィ(ARIA シリーズ)
 アニメ『ARIA』シリーズの続編、『ARIA The AVVENIRE』の放送が決まりました。喜ばしいことです。・・・しかし、その内容に一抹の不安を覚えた方もいらっしゃるのではないでしょうか?そう。主要キャラクターの一人、アテナ先輩のキャスティングです。

 アテナ先輩には二人の方が声を当てており、通常のCVは川上とも子さん。歌声には河井英里さんがそれぞれ担当されていました。お二人共、アニメ版『ARIA』を終えた後、多くの惜しまれる声を受けながら天国へと旅立たれました。筆者もその時のショックをよく覚えております。しかし、お二人の残した多くの作品は決して色褪せることはありません。今回は、そんなキャラクターの一人である「アテナ」先輩の魅力を、精一杯表現したいと思います。
容姿はARIAシリーズ屈指の格好良さ
 アテナ先輩は水の三大妖精の一人、「セイレーン」と呼ばれる奇跡の歌声の持ち主です。そして、容姿は男性にも負けないほど格好が良かったりします(もちろん女性らしさを醸し出す際のギャップはたまりません)。整えられた銀髪のショートヘアーに、乏しげな表情。まさにクール系。ちなみに、著者がARIAシリーズで最も好きなキャラクターでもあります。その容姿から放たれる素晴らしい歌声はもはや、“美しい”以外の言葉が見つかりません。
内面は全然あったかい。むしろもう少し落ち着いて・・・。
 さてさて、そんなクール系なアテナ先輩ですが、内面はとってもチャーミングです。ドジっ子属性は相当のもので、自分の食事には平気でドバドバと多量の調味料を使い、オレンジプラネットの後輩、アリスちゃんにもしょっちゅう怒られています。

 その反面、周りへの気配りには長けており、人数分の座布団や、気づかないうちに食事のテーブルにさりげなくお水が置いてあったり。それはアテナ先輩のさりげない心遣い。そんなところにも憧れます。

 さらに魅力的なのが、時折とんでもキャラに変貌することです。主にアリスちゃんを想ってのことですが、たくさんのとんでも行動を起こしています。いつも違った表情を魅せてくれる、どこまでも温かく優しさを忘れないアテナ先輩が大好きです。

 正直言ってしまうと、水の三大妖精の中では一番影に隠れがちなアテナ先輩ですが、もちろんメインを張っている回もあります。また、歌声もアニメで放送された以外のバージョンもCD化されており、その魅力は未だ伸びシロがあるとさえ思います。例え次の声優さんが誰に変わったとしても、今までのアテナ先輩、そしてこれからのアテナ先輩も、好きであり続けたいと思っています。
(C)2005 KOZUE AMANO/MAG Garden・ARIA Company

記者(augusu【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


アテナ・グローリィについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ARIA シリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!