アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:yamasinaさん

天馬博士

テンマハカセ

ASTRO BOY ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

天才的ロボット科学者で元科学省長官。そしてアトムの生みの親で本作最大の敵でもある。傲慢で自己中心的な性格で、極端な人間嫌いであるが故に、アトムだけでなく亡き愛息・トビオからも「誰も愛していない」と評されてしまっている。
科学省長官時代に、事故で亡くなったトビオの代わりとなるロボットを生み出すために知能ロボットの開発に着手、アトムを作り上げるが、次第に心の成長によってアトムが自身に反抗するようになる。その事から、アトムを試す為にあえて廃棄ロボットの処理を行う「第7プラント」へ連れて行った結果、ロボットを廃棄する光景に怒りを覚えたアトムは、プラントを破壊。心を持ったロボットの成長に恐怖を覚えた天馬博士は、ロボットを強制停止させる「キルリング」を使ってアトムを強制的にシステムダウンさせた上に、開発中だった心を持ったロボットも全て破壊する暴挙に出る。この事で、最終的にはお茶の水博士とも対立し、科学省から追放される事になった。
その後、お茶の水博士によって再起動し、心の成長によって進化していったアトムを見た事で、「進化したロボットは、種として人間を超えていく可能性を持っている」という結論を導き、アトムを始めとする自分が作ったロボットが世界を支配するという狂気の夢に取り付かれたマッドサイエンティストと化していく。アトムを最強のロボットへと成長させるべく、自身の分身とも言えるロボット・シャドウを造り出し、彼を通して様々な事件を引き起こし、アトムをロボットの王、自身はロボットの神になろうとする。しかし、ロボタニア騒動にて、アトムをロボットの王にすべく新しい身体を用意するが拒絶され、自分自身をロボットに改造してロボットの神になる望みも、自分と同じ顔に変えたシャドウから拒否され、野望は潰えてしまうことになる。
ロボタニア騒動でランプのミサイルを受け機能停止したアトムをトビオとしての記憶に変えて復活させるが、ランプに襲われる際にアトムが記憶を取り戻し、お茶の水博士の元に戻ることに失望した。その後、科学省を占領して第7プラントでアトムを待ち構えた。アトムを捨てた理由と自らの野望を口で明かし、アトムに「あなたは僕を愛していない」と評された後、科学省を爆破させて自らを犠牲にしようとした。だが、天馬博士を見捨てないアトムに「死なないで、お父さん」と告白され、逮捕される直前、「アトムの父親にふさわしいのは私ではない」とアトムをお茶の水博士に託した。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

yamasinaさん
0 pt
yamasinaさん
0 pt
yamasinaさん
0 pt
yamasinaさん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【天馬博士】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


天馬博士についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ASTRO BOY 鉄腕アトムのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!