アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:みずえさん

クロコダイル

クロコダイル

ONE PIECE

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

元王下七武海。秘密犯罪会社「バロックワークス」社元社長。社内でのコードネームは「Mr.0(ミスター・ゼロ)」。元懸賞金8100万ベリー。顔面を横断する傷跡とオールバックの髪型、分厚いロングコートが特徴の男。義手である左手の大型フックには、サソリの毒が染み込んだ鉤爪や短剣が仕込まれている。葉巻を愛飲。冷酷非道なエゴイストかつ実力主義者で、己以外の何者も信じない。周到に策略を巡らせ野望の達成を図る謀略家でもある。思い描く理想は「海賊王」。笑い声は「クハハハハ」。44→46歳。誕生日は9月5日(クロコダイル=9・5)。身長253cm。自然系悪魔の実「スナスナの実」の能力者。身体を砂に変化させられる「砂人間」。砂嵐を起こしたり、砂を刃と化して攻撃することができる。さらに、「乾き」の能力が砂の能力の真髄で、右の掌で触れることであらゆる水分を吸収できる。砂漠での戦闘を得意とし、流砂の位置を感知できる。砂の特性により液体に触れると固形化してしまい、攻撃を受け流せなくなるのが弱点である。過去に白ひげと戦うが、敗北を喫している。また、ルーキー時代にイワンコフと何らかの因縁があり、弱みを握られている。昔から頭の切れる海賊として知られ、七武海加盟後は表向き政府の味方として振る舞うことで、政府の監視の目を掻い潜っていた。6年前、「歴史の本文(ポーネグリフ)」を解読できるニコ・ロビンと協定を結び、「バロックワークス」を密かに立ち上げる。ダンスパウダーを使ってアラバスタ国民の国王への反感を煽り、内乱を巻き起こすため暗躍していた。その真の目的は、アラバスタ王国を乗っ取って王となることで、「歴史の本文」を解読して古代兵器「プルトン」を手に入れ、政府をも凌ぐ軍事国家を築くことであった。表向きはレインベース最大のカジノ「レインディナーズ」のオーナーを務め、七武海としてアラバスタを海賊の襲撃から何度も守っていた。国王コブラからも信頼され、民衆からは英雄として国王以上の熱狂的な支持を受けていた。オフィサーエージェントを召集し最終作戦「ユートピア」を発動。レインベースでのルフィとの最初の戦闘では、手も足も出させないままフックで串刺しにした後生き埋めにした。二度目のアルバーナ宮殿での対決では水が弱点であることを見抜かれ、ルフィの水を使った攻撃で劣勢を強いられるが、逆にその水分を絞り取ることで逆転し干上がらせた。その後、起死回生を果たしたルフィと地下聖殿で三度目の対峙をし、毒の鉤爪などを使い死闘を繰り広げあと一歩まで追い詰めたが、ルフィ渾身の「ゴムゴムの暴風雨」を受け敗北し計画は失敗に終わった。バロックワークスでの悪事が全て露見したことで七武海の称号を剥奪され、海軍に逮捕される。その後、助けに来たミス・ゴールデンウィークたちから脱獄を誘われるが、「気分が乗らない」という理由で拒否。大監獄インペルダウンへ送られ、LEVEL6に収監される。マリンフォード頂上戦争が起こることを知ると、白ひげの首を取るため、LEVEL6に侵入してきたルフィらに共闘を持ちかける。協力することを条件に牢から解放され、脱獄に成功する。マリンフォードに到着するやいなや白ひげの首を狙うが、ルフィに阻止される。その後、海軍の謀略により刺された白ひげの姿に激昂し、攻撃対象を白ひげから海軍に変え、エースの処刑阻止に加勢。ルフィの戦場離脱も援護した。終戦後、ダズ(Mr.1)と共に新世界への再進出を決意する。

出典:wikipedia

誕生日:9月5日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
クロコダイルとは?(ONE PIECE)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

誕生日

9月5日
冷酷非道でも熱い男!?悪役の中の悪役「クロコダイル」の魅力『ONE PIECE』
【画像】クロコダイル(ONE PIECE)
 国民的超人気漫画『ONE PIECE』。長く連載が続いている事もあり、とにかく魅力的なキャラクターがたくさん登場します。主人公の「ルフィ」はもちろん、「ゾロ」「サンジ」は文句なしに格好良い。「ウソップ」は誰よりも思いやりのあるいいヤツですし、「ナミ」「ロビン」は美しく芯が強くて憧れます。「チョッパー」など可愛すぎてご当地グッズにまでなっています。しかし私は「ワンピースで好きなキャラは?」と聞かれれば自信を持って答えるのです。それは「クロコダイル」さんですと。

 なぜ?と思う方も多いかもしれません。国を思って奮闘する「ビビ」をいじめますし、一緒に仕事をしていた「ロビン」にさえも容赦なし。冷酷非道の悪いヤツ・・・。しかしそれがまた良いのです。主人公たちの魅力は悪役がいてこそ輝くもの。漫画でも映画でも、面白い作品とは魅力的な悪役の存在があってこそなのです。
熱い野望
 まず、彼には大きな野望があります。アラバスタ王国のどこかに眠る“古代兵器プルトン”を手にし、最強の軍事国家を築く事。ちなみに空島編のボスである「エネル」のやった事、言ってみれば傲慢なサバイバルゲームです。その無邪気な残酷さが彼の魅力という考え方もできますが、やはり図体のでかい子供というイメージが拭えません(ファンの方、ごめんなさい)。エニエスロビー編の「スパンダム長官」など、部下が優秀で与えられた権限が大きいだけでした(ファンの方ごめんなさい)。一方クロコダイルはどうでしょう?その大きな野望の為の完璧な組織力と多くの部下たちを統率する力。たくさんの部下が彼の指示のもとに動いている事こそ彼の魅力の証拠です。
類まれなる策略家
 自身の野望のために一国全てを騙してみせたこと。これは並大抵の事ではありません。もちろん幹部たちの能力があってこそですが、それを見越してメンバーを集めたのはクロコダイルです。

 ルフィたちを閉じ込めた檻の鍵の対処の仕方や、国の英雄「サー・クロコダイル」と秘密犯罪会社・バロックワークス社長「Mr.0」の二つの顔を上手に利用し、部下を民衆どころか王宮の兵士の中にも混ぜていた事。さらに、彼が砂漠の王国・アラバスタを拠点としていた事。もちろん彼の狙う「古代兵器プルトン」がアラバスタにあるという事もありますが、作中のセリフにもあるように「クロコダイル」の食べた悪魔の実・スナスナの実の能力を最大限に活かす為にもっとも適したフィールドだったからです。実際、砂漠の地であの「ルフィ」を2度も倒しました。自分の力を過信しない常に冷静な頭の良さ。これも「クロコダイル」の大きな魅力のひとつと言えるでしょう。
真っ直ぐな純粋さは失わない
 マリンフォードの頂上決戦での「クロコダイル」を見て、「実はけっこういいヤツ?」と思った方も多いのではないでしょうか?「守りてェもんはしっかり守りやがれ」「おれはそんな弱エ男に敗けたつもりはねェぞ」。もうセリフの一つ一つが格好良い。かつて敗けた「白ひげ」にも、数年越しの計画を台無しにされた「ルフィ」にもそんな言葉をかけてやれる。冷酷非道でも熱い男、それが魅力満載の悪役「クロコダイル」なのです。
(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
 >>> 『ONE PIECE』の関連アイテムやグッズ一覧

記者(ぺぺ【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


クロコダイルについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ONE PIECEのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!