アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

蛭魔妖一

ヒルマヨウイチ

アイシールド21

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

泥門デビルバッツのクォーターバック (QB) 兼ホルダー、ストロングセイフティ (SS) 。背番号1。泥門高校2年。
通称「ヒル魔」。泥門デビルバッツの主将、そして本作の裏主人公。セナを無理矢理アメフト部へと入部させた。悪魔的なまでの才知を持つ、泥門高校最凶の外道。逆立った金髪(小学生時代は黒髪)、妖怪か魔物のように尖った耳、裂けたように大きな口元からは鋭い牙のような歯が覗く。
米軍基地でやっているアメフトの試合に興味を持ち、その頭脳を活かして当初は賭けチームの作戦を指揮していた。その後麻黄中で栗田に勧誘され、賭けチームの倒れた選手の代役で出場したことをきっかけに自身もアメフトをやるようになる。
マシンガンやバズーカ、火炎放射器などの重火器を多数所持しており、どんな時でも堂々と持ち歩きよく発砲する。また独自の情報網であらゆる人の秘密や弱みが書かれたリスト「脅迫手帳」(アニメでは「あくまてちょう」)を駆使して奴隷を作り、時には重要人物をも操ってアメフト部に都合のよいように事を運ばせ、泥門の校長に至っては部室増築、移動用に改造した酸素カプセルなどの費用を出させている(実際には、脅迫手帳は「見せ用」のINDEXページにしか書かれておらず、それ以外のページは白紙となっており、全ての弱みは蛭魔の頭の中に記憶されている)。それでも、高校を退学にならないのは、校長以下の教職員の弱みを握っているためと噂される。一方で彼が学校を支配しているお陰で治安や風紀が(彼を除き)乱れないで済んでいるという効果もあるらしいが、真実は定かでない。
この様に普段は「外道」との悪名高く、傍若無人を絵に描いたような男だが、麻黄十三中時代からの仲間である栗田・ムサシとは固い友情に結ぶ人間らしい面もあり、脅迫手帳にこの2人についての脅迫ネタだけは載っていない(単行本24巻より)。栗田に神龍寺への推薦枠を確保。しかし、阿含にその座を奪われた際、ヒル魔とムサシは普通に一般受験で神龍寺に入れるにもかかわらず、栗田と共に泥門高校へ入学、アメフト部を創設。そして、彼ら以外まともな部員が居ないにもかかわらず、必ずクリスマスボウルに行くと誓い、それを目標として共に練習してきた。
また直接顔や口には出さないものの、栗田や他のメンバーと同じようにチームメイトのことを想っている(試合中、チームに貢献したり殊勝な決意を表したメンバーを背部から無言で蹴り付けるのは彼の最上の褒め方である)。時には、仲間への信頼や配慮があまりに現実的な思考を上回っている場面も見られる。関東大会準決勝での王城戦で4秒2の光速の世界に足を入れた進を現時点で止めることが出来ないと言い切りながらも「この世で無敵の奴なんざいねぇ」と言い切った(ムサシ曰く「超理論屋のくせに言っている事は夢丸出し」)ただしキャプテンとしての矜持なのか自分の弱みは決して他人に見せようとせず、足を腫らしたり疲労しきっていてもそれを決して表に出さない。奴隷たちにもアメフト絡みだけは仁義を通し、夏休み前に葉柱たち賊学の奴隷を解放している。しかし、アメフト部以外の人間にはあらゆる都合を無視させているのは否めず、勝機が完全に無くなったと判断するや否や助っ人が多数いるにもかかわらず試合を放棄して立ち去ろうとした。
「アメフトはビビらした方が勝ち」を信条とし、彼の悪魔的な容姿、言動は相手を威嚇するためのものである。特徴として、目的のためにはどんな手段でも用いる狡猾さと、試合中は絶えず流れを読み取りながら戦略を練り、可能性がある限り決して諦めず道を思索し、勝利を追い求めていく。その思考は現実的で、秋大会では試合前にメンバーに対して勝率を数字で正確に示してみせ、その上で勝つ覚悟を新たにさせている。「勝つ」ことへの異常な執着があり、メンバーにも負傷などより勝利を優先するよう言葉にし、本人も関東大会決勝で試合中に骨折した際も怪我を押して試合に復帰した。
QBとしての能力は高く、特に作戦立案能力・状況判断能力はトップクラスにある。攻撃では持ち前の度胸も相まって無数の奇策で対戦相手を翻弄し、守備の際は相手の意図を的確に素早く読み取ってメンバーに指令を出す。巨深戦で初披露した「鳥の叉骨(ウイッシュボーン)」はその能力を存分に生かした真骨頂と呼べるものであり、この時高見をして「泥門の裏エース」と言わしめた。東京大会三位決定戦から「地獄の司令塔」「悪魔の策士」の紹介文と通り名が出る。パスプレーでは精度が高く風の影響も無視するほどに鋭いパスを投げることから「デビルレーザー弾(バレット)」と称される。ハンドオフフェイク(ボール渡したフリ)も非常に上手い。しかしその他体格や身体能力は決して恵まれたものではなく、鍛錬を重ねることでトップクラスのプレーヤーとして戦い続けている。そのため、WC編で全日本選抜代表に選出されたヒル魔は、自分の身体能力では、プロテストでの合格は不可能と判断し、MVPを最初で最後のチャンスと見てMVPでプロ入りを目論んでいた。
試合以外でも、カジノのブラックジャックで並べられた手札の全数字や手話形式のサイン一覧を一通り見ただけで全て覚える記憶力、ネイティブのアメリカ人とスラングで応酬できる程の英会話力、ムサシが復帰した際に「13297時間と49分遅刻だ」と数桁以上の暗算を瞬時にする計算力などを見せ、常人ならざる頭脳を持っていることが分かる。学校の成績は雪光やまもりと並んで優秀である(但し正確な成績は通信簿がオール100に改竄されていて不明)。ただし、円周率など不要な知識や興味のない方面は詳しくは通じていない。自身も株トレードやギャンブル等から得た資金を無尽蔵に蓄えており、今までの人生で一番高い買い物は島とのこと(単行本20巻より)。
生年月日・自宅・生い立ち・両親の素性などに関して不明な部分が多く、選手としての身体データ以外のあらゆるプロフィールが謎に包まれている。現在判明しているのは年齢が17歳であること(回想で7年前に10歳だった)のみ。作中で携帯電話に父親からの留守電が入っており、その内容やヒル魔の話口から推察するに父親とは何か確執があるらしく、栗田にも煙に巻いた説明をしている。クリスマスボウルでは父「ヒル魔幽也」が観戦していたが、顔を合わせなかった。
口癖は「YA---HA---!!」、笑い方は「ケケケ」(だが現実には非常に言い辛い為、アニメでは「へっへっへ」「ひゃっひゃっひゃっ」などと笑っている)。他者の呼び方は呼び捨て以外に「糞(ファッキン)○○(その人物の特徴など)」(アニメでは「クソ○○」)と呼び名を付けている(糞猿、糞バカなど)。
反甘党派で、よく無糖ガムを噛んでいたりコーヒーをブラックで飲んだりする。記者にインタビューされた際の回答によれば、好みのタイプは「使える女」。だがそれはマネージャーの条件だと心の中でリコに突っ込まれているように、真面目な回答か否かは疑問が残る。また彼が泣くシーンがなく、バカ笑いする時に涙を流す。
高校卒業後は最京(さいきょう)大学に進学してアメフトを続けている。大学でも学長を脅迫し、影で学校を牛耳っている。高校時代と同じく非現実的な乗り物に乗ったり偵察のため勝手に他校の試合を組むなど、その横暴さも健在。
鈴音は「妖一兄(ようにい)」と、モン太曰く「命知らずな」呼び名をつけている。アニメでは武蔵から「クソ悪魔」とも呼ばれたこともある。
そもそもは「インパクト重視」というコンセプトで設定されたキャラクターだが、読者参加の第二回人気投票では主人公のセナと同等以上の票を得る。
身長178cm、体重63kg。40ヤード走:5秒1。ベンチプレス:75kg。
尚、公式データブックBALLERS・HIGH(ボーラーズハイ)身長176cm、体重67kg。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【蛭魔妖一】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【蛭魔妖一】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


蛭魔妖一についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>アイシールド21のキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!