アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:sakigoroさん

ニケ・ルメルシエ

ニケルメルシエ

それでも世界は美しい

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

本作の主人公。東方にある貧乏な鎖国国家「雨の公国」の第四公女。四人姉妹の末娘。緑の瞳・茶髪を持つスタイル抜群の少女。一人称は「私」だが、リビ(リヴィウス一世)や周囲に対する二人称は「お前」であり至って勝ち気で男勝り。
ニケを含めて「雨の公国」の王家一族は天候を操る能力を持ち、特に「アメフラシ」と呼ばれる雨を降らせる能力に特化している。しかし幼い頃のニケは王族でありながら雨を呼ぶことができず、祖母トハラの指導の下、血のにじむような修行を受けて雨を呼べるようになり、公国一の歌い手となった。
雨の公国の自治を認めることと引き換えに、太陽王であるリビの元に嫁ぐ。高慢なリビに対し反抗的な態度をとっていたが、リビの隠された優しさや脆さに触れていくうちに恋心を抱くようになる。
活発なおてんば娘で堅苦しいことが苦手。大国でのマナーやダンスを知らずに嫁いできたためニールが教育しているが、よくさぼってはその都度叱られている。しかし、それ故に城下の人々には顔が知れ渡っており、市民とも仲がいい。
普段は雨の公国の国民服をしているので華やかさはないが、正装で着飾れば皆が見とれるほどの美しさを放つ。
一国の公女であり「世界王の妻」となる身であるが、そのことを鼻にかけない明るく優しい庶民的な性格のため、国民から愛され、また「リヴィウス王を変えた姫」として慕われ、リビよりも人気がある。
破天荒な性格とリビとの年齢差、そして小国の姫という立場故に、貴族や同盟国の大使たちからは蔑まれることが多い。しかし強い意志と努力によって周囲の反感を乗り越え、対立していた相手と和解することも珍しくない。
リビに対しては、恋愛感情とともに母親のような感情も抱いているため、「雨の公国編」では、そこをキトラに付け込まれ、黒連の塔に幽閉された。事件後は、母親であるイラハの計らいで雨の公国風の結婚式を挙げ、公国でもリビとの婚約が承認された。
モテる割に異性に対する警戒心がないので、そのことでよくリビから説教されている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ニケ・ルメルシエとは?(それでも世界は美しい)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

太陽王に嫁いだ雨の国のお姫様「ニケ・ルメルシエ」の魅力『それでも世界は美しい』
【画像】ニケ・ルメルシエ(それでも世界は美しい)
 様々な王家がそれぞれの国を治める世界で、圧倒的な力を持つ太陽国の王に嫁ぐ事になった「ニケ」。彼女の出身国「雨の国」の王家が持つ「アメフラシ」の能力と、ニケ自身が持つ太陽のような性格で、悪名高き太陽王と太陽国を変えていきます。作品タイトル通り、「世界はそれでも美しい」といつでも言ってのけるような彼女の存在は、眩しくて暖かくて・・・。今回は、そんな「ニケ・ルメルシエ」の魅力についてご紹介させていただきます。
素直で純粋で真っ直ぐで等身大!
 雨の国でのニケはお姫様ではありますが、人懐っこくお転婆で、暇さえあれば街に出ています。彼女は、夫で王の「リビ」に対しても、街の市民に対しても、他国の王族に対しても一切態度を変えず、いつも真正面から向き合います。(主にリビと)言い合いになったり、(主にリビと)喧嘩になったり、(主にリビに)叱られたりもしますが、それでも(主にリビが)許してしまうのは、彼女のあまりに真っ直ぐな素直さゆえでしょう。
「アメフラシ」の能力
 ニケの得意技「アメフラシ」は、ニケが歌うことで雨を降らす事が出来るというもの。多くの国で雨は珍しいものなので、この能力は様々な場面で切り札になります。彼女の姉曰く、ニケのアメフラシの力は雨の国でもずば抜けているとの事。アメフラシでニケが見せる景色と、アメフラシをおこなうニケの姿、ニケの歌の美しさに多くの人が心を動かされます。漫画では非常に繊細に、アニメでは実際に歌が入り表現されていますが、どちらからもニケの優しさ、慈愛に満ちた心を感じる事ができ、虜にならずにはいられません。
度胸と正義感
 彼女の行動の根源となっているのは“正義感”です。間違っている事を見過ごせなかったり、人が行ってはいけない方向へ進もうとするのを止める事に必死になったり・・・。ニケは王族ですが、貧乏国のお姫様でかなりの庶民派。王族よりも庶民の感覚に近いものを持っているお姫様です。だからこそ目に付く事も多いのでしょう。

 どんなに危険な事でも、大切な人の為なら自分で動く度胸も兼ね揃え、それはそれは男前なお姫様。それがリビをはじめ、ニケの周りの人間を心配させる事もしばしばですが、そんなニケだからこそ守ってあげたくなるのでしょう。ニケとニケの魅力が変えていく世界にこれからも期待大です。
(C)椎名 橙・白泉社/王室会報誌編集部

記者(もぐおか【公式】さん)

関連画像

sakigoroさん
0 pt
sakigoroさん
0 pt
palmtreeさん
0 pt
chipmunkさん
0 pt
chipmunkさん
0 pt
chipmunkさん
0 pt
chipmunkさん
0 pt
chipmunkさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



ニケ・ルメルシエについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>それでも世界は美しいのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!