アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:マーマレードさん

エドワード・ニューゲ...

エドワードニューゲー...

ONE PIECE

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

白ひげ海賊団船長。四皇の一人。大海賊時代の頂点に君臨する「世界最強の海賊」であり、「世界最強の男」。かつて、海賊王ゴール・D・ロジャーと唯一互角に渡り合った。現在では「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」に最も近い存在とされ、その伝説的・怪物的な雷名は世界中に轟いている。三日月のような白い口ひげを蓄えた、常人の数倍はある体躯の筋骨隆々の大男で、地肌に直接コートを羽織っている。笑い声は「グララララ」。享年72。誕生日は4月6日(46=しろ)。超人系悪魔の実「グラグラの実」の能力者。空間を殴りつけ大気にヒビを入れることで震動を起こすことができる「地震人間」。地震・津波や衝撃波を発生させたり、拳や武器の薙刀に震動のオーラを纏わせて攻撃することで対象に直接地震の衝撃を見舞うことができる。大気を掴んで動かすことで、島も海も傾かせることもできる。その破壊力は、超人系悪魔の実の中でも最強とされ「世界を滅ぼす力」とまで称される。さらには、「覇王色の覇気」の持ち主であり、巨人族の振りかざす刀や外輪船を片手で止めるほどの怪力を誇る。仲間を「家族」として何よりも大切に想い、船員のことを「息子」と呼ぶ。船員や傘下の海賊達からは「オヤジ」と呼ばれ、絶大な尊奉の念を抱かれている。それゆえ「仲間殺し」を一味最大唯一のタブーとしており、「白ひげは仲間の死を許さない」ということは世界的に有名。また、魚人島を始め多くの島を自身のナワバリとし、その威名による抑止力でその他の悪党達から守っていた。ロジャーとは幾度も死闘を繰り広げた好敵手関係で、シャンクスやバギーともその頃からの顔馴染み。自首する直前のロジャーと酒を酌み交わした際に「ひとつなぎの大秘宝」や「Dの意志」の真実を教えられている。現在は老齢のため体調はかなり悪化しており、鼻のチューブや点滴など大量の医療器具を付けている。大の酒豪であり、看護しているナース達からは酒量を制限するように言われているが、意にも介していない。仲間殺しのタブーを犯した黒ひげを捕まえるために自らの制止をも振り切って飛び出したエースに対して、シャンクスに「エースを黒ひげから手を引かせろ」と直談判されるが、自分の指示だとして全く聞き入れなかった。黒ひげに敗れたエースが世界政府により公開処刑にかけられると、エース奪還のため総力を挙げマリンフォードに攻め入り、大津波を起こして「マリンフォード頂上戦争」の戦端を開いた。序盤はモビー・ディック号から全軍の指揮を執り、途中乱入したルフィやバギー達と共闘する。戦争も佳境となった時、海軍に騙されていたスクアードに刃を立てられるが、それを機に出陣。体調の悪化と多くの傷に苦しめられ満身創痍となりながらも、海兵達を薙ぎ払い三大将と互角に打ち合った。エース解放後は己の死期と時代の変わり目を悟り、仲間達を逃がすために捨て身のしんがりを務めんとする。エースの死後は、自らの頭部半分を犠牲にして赤犬へ渾身の一撃を叩き込み、海軍本部の要塞を半壊させた。その後現われた黒ひげとの戦いでも一旦は圧倒するが、黒ひげ海賊団の一斉攻撃を受け限界を迎える。そして死に際に「ひとつなぎの大秘宝」の実在を世界中に宣言し、家族たる仲間達へ感謝しながら立ち往生を遂げた。遺体はシャンクスに引き取られ、エースと共に新世界のとある島に埋葬された。名前の由来は“黒髭”エドワード・ティーチ。キャラクターのモデルは作者がよく行っていた飲み屋の主人(故人)。豪快な性格や、酒好きで体を壊してしまい体中に管を通している点、それでいてなお酒を飲み続けている点が共通しているという。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
エドワード・ニューゲートとは?(ONE PIECE)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

作品史上最強の海賊!白ひげ「エドワード・ニューゲート」の魅力とは?『ONE PIECE』
【画像】エドワード・ニューゲート(ONE PIECE)
 もはや国民的と言っていいほどに大人気の漫画およびアニメ作品『ONE PIECE』。その中でも特に高い人気を誇る「頂上戦争編」のメインキャラクターのひとり、それが「白ひげ」こと、「エドワード・ニューゲート」です。「世界最強の海賊」「海賊王に最も近い男」と呼ばれ、元帥「センゴク」曰く「世界を滅ぼす力を持っている男」。その魅力は豪快すぎる強さと生き様にあります。「白ひげ」を知らずして『ONE PIECE』は語れません。今回は、そんな「白ひげ」の親父さんの豪快で渋すぎる魅力についてご紹介いたします。
とにかく強い!
 「白ひげ」は、最強の超人系(パラミシア)との呼び声高い“グラグラの実”の能力者、地震人間です。その能力はまさに豪快そのもの。大気を拳で叩けば、轟音とともに何もないはずの大気に亀裂、地面だけでなく大気ごと揺るがし破壊、直接殴らずとも拳の先にあるものを木っ端微塵に破壊する・・・そんな規格外の能力です。一度暴れ出せば、建物は壊れ、巨人ですら一撃で粉砕。なによりも特筆すべきはそのスケールの大きさでしょう。海に向けて放てば大津波が発生し、果ては島ひとつ周辺の海ごと傾け揺らし、その余波は遠くの島にまで地震となって伝わります。まさに“豪快”の一言です。
何より欲しかったもの
 一つなぎの大秘宝「ワンピース」にもっとも近い男、それが「白ひげ」です。しかし、彼は海賊王「ゴールド・ロジャー」との会話において、「最後の島ラフテルへの行き方を教えてもらっても、興味がないから行かない」と語っています。「白ひげ」が何よりも欲しかったもの、それは権力でも財宝でもなく「家族」でした。事実、部下たちを「息子」と呼び、彼らもまた「白ひげ」を「オヤジ」と呼んで慕っていました。しかし頂上戦争の中、そんな「息子」のひとり「スクアード」が海軍に騙され「白ひげ」を刺すという事件が起きます。死を覚悟したスクアードでしたが、「白ひげ」は彼を抱きしめこういうのです。「バカな息子をそれでも愛そう・・・」。渋い・・・渋すぎます。
壮絶すぎる最期・・・
 『ONE PIECE』はなかなか人が死なないマンガとして有名です。そんな『ONE PIECE』において、回想シーン以外で死んでしまった数少ないキャラのひとりが「白ひげ」です。その死にざまは壮絶な物でした。「息子」である二番隊隊長「エース」の死に激怒。しかし、大将赤犬のマグマが「白ひげ」の頭を半分えぐりとります。普通ならこれで死ぬだろうと思いますが、「白ひげ」は膝すらつきません。赤犬をぶちのめし、その勢いで海軍本部は倒壊。その後、乱入した黒ひげ海賊団に十数発の銃弾を撃ち込まれ、ついに息絶えるも決して倒れる事なく、しっかりと立ったまま壮絶な最期を迎えました・・・。頂上戦争で数百の傷を受けるも、彼の背中には一切の逃げ傷など残ってはいなかったのです。

 「白ひげ」の影響力は絶大で、死してもなお世界に影響を与え続けています。その能力“グラグラの実”は「黒ひげ」に奪われ、地震人間の脅威はいまだ健在。第802話では新たな王下七武海として、白ひげにゆかりのある人物まで登場します。死してなお世界を揺るがし続ける海賊。それが白ひげ「エドワード・ニューゲート」なのです。
(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

記者(HEDRA【公式】さん)

関連画像

サミーさん
0 pt
makaさん
0 pt
マヨコさん
0 pt
ぴーこさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



エドワード・ニューゲートについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ONE PIECEのキャラクター 一覧
153回
152回
151回
150回
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!