アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

キャラクター紹介

作品紹介

白黒の帽子、白のシャツ、黒のインナー、ベージュの長ズボンを身に着けた青年。首、両手首、腰には特徴的なアクセサリーをつけている。緑の長髪(ゲーチスの髪型に似ている)で、目元は帽子で陰っている。ポケモンを「トモダチ」と呼び、「ポケモンは人間から解放されるべき」という独自思想を抱いており、ゲーム中で幾度か主人公とバトルすることとなる。ゲームのオープニングでは、戴冠式を行い、正式に王となる描写がある(だが、ゲーチスだけは跪かずに隣に立っている)。
彼の正体はプラズマ団の王である。イッシュ建国伝説に登場する伝説のポケモンを手に入れることで「英雄」になり、脅迫ではなく自主的に人々にポケモンを解放させようとしている。しかし、これは表向きの話で、実際にプラズマ団を牛耳っているのは彼の父親と言われるゲーチスであった。ゲーチスの策略により、Nは幼少の頃から外界と隔離された世界で、人間に虐げられたポケモンに囲まれて過ごしており(いわゆる「英才教育」を受けた)、これが元で「ポケモンという存在=虐げられているもの」と錯覚し、「ポケモンを解放する」という思想に至っている。ブラック2・ホワイト2ではゲーチスとは血の繋がりはなく、拾われた子供であることが判明した。
しかし、外界に出たとき主人公や他のトレーナーに「なついているポケモン」を目の当たりにしたことで、自身の思想に疑問を感じるようになる。そして、自分の思想の正当性を確認するために道中で幾度も勝負をしかけてくる。最終的には、伝説のポケモンを手に入れた主人公と「どちらが真の英雄であるか?」をかけて勝負し、敗北。その後、ゲーチスに「不甲斐ない息子」「心のない化け物」と呼ばれ、自分が操り人形だったという真実を告げられ、自身の思想が間違っていたと確信したNは、主人公に自分の気持ちと別れを告げた後、伝説のポケモンとともにどこかに飛び去ってしまった。また、ゲーム中の台詞から、ポケモンバトルをすることはポケモンを傷つけることになり、N自身はバトルをすることを苦に思っていたと捉えられる。
主人公と対面する際、幾度か『ポケモンの言葉が分かる』『未来をあらかじめ知っている』といった特殊能力を持っているような言動を見せる。実際、フキヨセシティでは、主人公の手持ちポケモンと対話して、主人公の出身地などを当てていた。逆に、人に懐いているポケモンとの対話が、自身の思想への疑問へと繋がる結果にもなったようだ。実際主人公を『世界を変えるための数式の不確定要素』として見るようになっていく。ライモンシティの観覧車や電気石の洞穴でのイベント等がよい例だが、Nは「数学関連の事柄」において天才的であり、ストーリー中でも、それに関係する言動が多い。また、ゲーム中での会話スピードは、「設定」において「はやい」を選択しても、それより更に速い。
2011年10月14日、増田部長のめざめるパワーにおいて、初期設定が発表され、本名が「ナチュラル・ハルモニア・グロピウス」(Natural Harmonia Gropius)であることが発表された。初期設定によれば身長は180cmである。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【N】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【N】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


Nについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ポケットモンスターシリーズのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!